DVDFab 仮想ドライブ

DVDFab 仮想ドライブ の概要や使い方を紹介しています

DVDFab 仮想ドライブ を紹介しているページです

最大で 18 台の仮想ドライブを作成することができる!「DVDFab 仮想ドライブ」。

DVDFab 仮想ドライブ
投票してね!
制作者 DVDFab
対応 7/8/8.1/10
バージョン 2.0.0.5
更新日時 2021-08-17
ファイルサイズ 6.07 MB

DVDFab 仮想ドライブ

DVD / Blu-ray イメージをマウントできる仮想ドライブを、18 台まで作成することができるソフト。
ISO / IMG / BIN / UDF / DVD / CCD / NRG / MINISO といった イメージファイル のマウントに対応した仮想ドライブを、最大で 18 台まで作成することができます。
マウント&アンマウント を、イメージファイル / 仮想ドライブ の右クリックメニューから実行できるようにする機能や、マウント中のイメージを一括してアンマウントする機能 などが付いています。

「DVDFab 仮想ドライブ」は、シンプルな DVD / Blu-ray エミュレータです。
「DVDFab」などのツールで作成した DVD / Blu-ray イメージを※1、普通のドライブと同じような感覚で扱えるようにする... というイメージ読み込みツールです。
1 対応フォーマットは、ISO / IMG / BIN / UDF / DVD / CCD / NRG / MINISO。
インストールすると、イメージのマウント / アンマウント※2 を右クリックメニュー等から行えるようになり、イメージをディスクに焼くことなく開けるようになります。
2 マウントとは、イメージファイルを “ ディスクとして認識させる処理 ” のこと。
アンマウントとは、 “ ディスクとしての認識を解除させる処理 ” のこと。

尚、仮想ドライブは最大で 18 台まで作成することができ、その台数はいつでも変更できるようになっています。
その他、「AVCHD」フォルダ(Blu-ray フォルダ)を、イメージファイルとして読み込めるようにする機能も付いていたりします。

使い方は以下の通り。

使用バージョン : DVDFab 仮想ドライブ 2.0.0.5
インストール時の注意
  1. インストーラーの右下にある「カスタム」というリンクをクリックすることで「ユーザーエクスペリエンス向上プログラム」への参加を ON / OFF 選択できるようになっています。
    右下にある「カスタム」というリンクをクリックする
    インストールオプション
    「DVDFab 仮想ドライブ」の使用状況などを DVDFab に送信したくない場合は、「参加 ユーザエクスペリエンスプログラム」のチェックを外しておくと良いでしょう。
  2. インストールが完了したら、「今すぐ起動」というリンクをクリックします。
    「今すぐ起動」というリンクをクリックする
    尚、インストールが完了するとウェルカム画面が表示されますが、これはそのまま閉じてしまって OK です。
    ウェルカム画面
  3. タスクトレイ上に、アイコンが表示されます。
    タスクトレイ上に、アイコンが表示される
    このアイコンを右クリック → 「ドライブ数を設定する」を選択することにより、作成する仮想ドライブの数を指定することができます。
    (デフォルトは 1 台)
    作成する仮想ドライブの数を指定する
目次へ戻る
イメージファイルをマウントする
  1. イメージファイルのマウント方法は、四つあります。
    一つ目は、イメージファイルを直接右クリック →「Mount to 〇(ドライブレター)」から、マウント先のドライブレターを選択する... という方法。
    イメージファイルの右クリックメニューからマウント
    イメージファイルの右クリックメニューからマウント
    二つ目は、タスクトレイアイコンを左クリック →「ドライブ 〇(ドライブレター)」→「マウント」から、マウントするイメージを指定する方法。
    タスクトレイアイコンを左クリックからイメージファイルをマウント
    三つ目は、タスクトレイアイコンを右クリック →「ドライブ 〇(ドライブレター)」→「マウント」から、マウントするイメージを選択する方法。
    タスクトレイアイコンの右クリックメニューからマウント
    四つ目は、「PC」画面上に作成された仮想ドライブを右クリック →「Mount」から、マウントするイメージを選択する方法。
    「PC」画面上に作成された仮想ドライブを右クリック →「Mount」から、マウントするイメージを選択する
    どの方法でも、処理内容に違いはありません。
  2. イメージをマウントした仮想ドライブを開くと、イメージファイルの中身を開くことができます。
    イメージファイルの中身を開けるようになる
目次へ戻る
イメージファイルをアンマウント(認識解除)する
  1. アンマウントの方法は、マウントの方法とほとんど同じです。
    マウント中のイメージファイルや仮想ドライブを直接右クリック →「Unmount」を選択するか、タスクトレイアイコンを左 / 右クリック → イメージをマウント中の仮想ドライブを選択 →「アンマウント」を選択するだけ。
    マウント中のイメージファイルを右クリックして「Unmount」を選択する
    仮想ドライブを右クリックして「Unmount」を選択する
    タスクトレイアイコンの左クリックメニューからアンマウント
    タスクトレイアイコンの右クリックメニューからアンマウント
    タスクトレイアイコンを左 / 右クリック →「すべてのドライブをアンマウントする」を選択することにより、マウント中のイメージを一括してアンマウントすることもできたりします。
目次へ戻る
「AVCHD」フォルダをマウントする
  1. タスクトレイアイコンを右クリックし、「miniso イメージの作成」を選択します。
    タスクトレイアイコンを右クリックして「miniso イメージの作成」を選択する
  2. 「miniso 画像を作成」という画面が表示されます。
    miniso画像を作成
    この画面の中央に、マウントできるようにしたい「AVCHD」フォルダをドラッグ&ドロップします。
  3. そのまま、右下にある「開始」ボタンをクリックします。
  4. すると、
      正常に作成:
      「AVCHD」フォルダのパス¥.miniso

      今すぐマウントしますか?
    というダイアログが表示されます。
    miniso画像を作成
    今回処理した「AVCHD」フォルダをすぐにマウントする場合は、「はい」を選択します。
  5. 以降、「AVCHD」フォルダの直下に生成された miniso ファイルをマウントすることで、「AVCHD」フォルダを仮想ドライブにマウントできるようになります。

ほかにも、最近マウントしたイメージファイルを再読み込みする機能や※4、マウント中のイメージを次回起動時に自動でマウントさせる機能※5 などが付いています。
4 タスクトレイアイコンを右クリック →「最近使用した画像」から、再度マウントしたいイメージを選択 → 仮想ドライブが一覧表示されるので、マウント先の仮想ドライブを選択 → 右下の「はい」ボタンをクリックする。
最近使用した画像
マウント先の仮想ドライブを選択する

5 タスクトレイアイコンを右クリック →「設定」を開き、「最後の画像を自動的にマウントします」にチェックを入れる。

ちなみに、「DVDFab 仮想ドライブ」は、Windows 起動時に毎回自動で起動するようになっています。
もしこれが嫌な場合は、タスクトレイアイコンを右クリック →「設定」を開き、「Windows の起動時に DVDFab 仮想ドライブを実行する」のチェックを外しておきます。

設定画面

DVDFab 仮想ドライブ TOPへ
別館

最近は Chrome 拡張機能や Firefox アドオンの紹介が多め...

DVDFab 仮想ドライブ を紹介しているページです