PortableApps.com で配布されているポータブルアプリの使い方

PortableApps.com で配布されているポータブルアプリの使い方

PortableApps.com で配布されているポータブルアプリの使い方
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  Pocket に登録

PortableApps.com で配布されているポータブルアプリの使い方

このページでは、PortableApps.com で配布されているポータブルアプリの使い方を紹介します。

Mozilla Firefox, Portable Edition


PortableApps.com では、

等々、主要なアプリケーションのポータブル版が多数配布されています。
すべてのアプリ一覧

これらのアプリは、必要なデータをすべてインストール先のフォルダ内に展開&保存 する仕組みになっているため、文字通りそのまま USB メモリ等に入れて持ち運ぶことができます。

持ち運びに便利なのはもちろん、レジストリやユーザーフォルダ内(「%AppData%」「ドキュメント」等)にデータを作ることがないため、システムを汚すことなくパソコンを使いたい時にも役立ちます。
(また、バックアップが楽というメリットもある)

このページでは、そんな “ PortableApps.com で配布されているポータブルアプリ ” の基本的な使い方を紹介します。

ちなみに、PortableApps.com では、ポータブルアプリをまとめて管理できるようにしたアプリスイート「PortableApps.com Platform」というランチャーのようなツールも用意されています。

PortableApps.com Platform
「PortableApps.com Platform」を使い、ポータブルアプリをインストールすることもできる
この「PortableApps.com Platform」を使ってポータブルアプリをダウンロード&インストール したりすることもできるのですが、このページでは各種ポータブルアプリを個別にダウンロードして使う方法を紹介します。
(いずれ機会があれば、「PortableApps.com Platform」も詳しく紹介します)


PortableApps.com のアプリをダウンロードする
  1. PortableApps.com では、アプリが下記 10 個のカテゴリーに分けて配布されています。 これらカテゴリーの中から、目的のアプリを探してダウンロードを行います。
    よく使われるものとしては、冒頭で挙げたもの以外にも などがあります。
  2. アプリをダウンロードする時は、通常「Download from PortableApps.com」というボタンをクリックすれば OK ですが、一部の(日本語に対応している)アプリは多言語版ではなく英語版が配布されていることがあります。
    (「Mozilla Firefox, Portable Edition」「Mozilla Thunderbird, Portable Edition」など)
    通常は「Download from PortableApps.com」というボタンをクリックすれば OK
    ダウンロードボタンの下に「English」「All Languages」という表記がある場合、「All Languages」というリンクから日本語版をダウンロードできるケースがあるので、一応ダウンロードボタンの下に「All Languages」というリンクがないか注意してみてください。
    「All Languages」というリンクをクリックすると...
    日本語版をダウンロードできるケースもある
    尚、アプリが多言語版である場合、ダウンロードボタンの下に「Multilingual」という表記が付いています。
    多言語版の場合、ダウンロードボタンの下に「Multilingual」という表記がある
目次へ戻る
PortableApps.com のアプリをインストールする
  1. ダウンロードしたインストーラー(「〇〇.paf.exe」)※1 をダブルクリックして実行します。
    ダウンロードしたインストーラー(「〇〇.paf.exe」)をダブルクリックして実行する
    1 “ インストーラー ” とは言っても、指定したフォルダ内に必要なデータを展開するだけであり、レジストリやユーザーフォルダ内にデータが作られることはない。
  2. インストーラーが立ち上がるので、画面右下の「次へ」ボタンをクリックします。
    インストーラーが立ち上がる
  3. 次に、「インストール先を選んでください」という画面が表示されます。
    インストール先を選んでください
    ここで、「インストール先 フォルダ」欄の右側にある「参照」ボタンをクリックし、ポータブルアプリのインストール先フォルダを選択します。
    (「インストール先 フォルダ」欄に、フォルダパスを直接入力してもよい)
    USB ドライブ内のフォルダを選択しても OK ですし、パソコン内のフォルダを選択しても OK です。
  4. インストールが実行されるので、しばらく待ちます。
    インストールが実行される
  5. 少し待ち、インストールが完了したら右下の「完了」ボタンをクリックします。
    インストールが完了したら、右下の「完了」ボタンをクリックする
  6. 指定しておいたフォルダ内に、アプリがインストールされました。
    インストールが完了した
    インストールしたアプリを実行する時は、インストールフォルダ内にある「〇〇Portable.exe」を実行します。
    インストールしたアプリを実行する時は、インストールフォルダ内にある「〇〇Portable.exe」を実行する
    たとえば、Mozilla Firefox, Portable Edition なら「FirefoxPortable.exe」を、Google Chrome Portable なら「GoogleChromePortable.exe」を、GIMP Portable なら「GIMPPortable.exe」を実行します。
    Google Chrome Portable なら「GoogleChromePortable.exe」を実行する
    GIMP Portable なら「GIMPPortable.exe」を実行する
目次へ戻る
PortableApps.com のアプリをアップデートする
  1. ポータブル版のアプリにアップデートが見つかると、アプリ起動時にアップデートや更新の通知が表示されることもあります。
    アプリ起動時に、アップデートや更新の通知が表示されることもある
    ただし、この通知に従ってアップデートを行うと、アプリがポータブルでなくなることがあります
    (ユーザーデータフォルダ内にファイルが作られる等)
    そのため、PortableApps.com のアプリをアップデートする時は、基本的に “ 上書きインストール ” を行います
    (上書きインストールしても、設定内容は保持されます)
    というわけで、アプリのアップデートを行う時は、一旦アプリを終了させます。
  2. PortableApps.com のサイトで、新しいバージョンのインストーラーをダウンロードします。
  3. ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックして実行し、インストール先として “ 古いバージョンのアプリがインストールされているフォルダ ” を指定します。
    (要するに、ポータブルアプリが既にインストールされているフォルダに上書きするということ)
    “ 古いバージョンのアプリがインストールされているフォルダ ” をインストール先として指定する
  4. あとは、普通にインストールを行うだけです。
    インストール中...
    アップデートが完了した
目次へ戻る
PortableApps.com のアプリをアンインストールする
  1. アプリをアンインストールする時は、インストールフォルダごと削除すれば OK です。
    アプリをアンインストールする時は、インストールフォルダごと削除する
目次へ戻る
起動時のスプラッシュスクリーンを非表示にする
  1. いくつかのアプリは、起動時に下記のようなスプラッシュスクリーンが表示されるようになっています。
    いくつかのアプリは、起動時にスプラッシュスクリーンが表示される
    これを非表示にしたい時は、次のような操作を行います。
  2. まず、アプリのインストールフォルダ内の「 ~ \Other\Source」フォルダの中に入っている「〇〇(アプリ名)Portable.ini」という名前の INI ファイルを※2、ポータブルアプリ本体と同じフォルダ内にコピーします。
    「〇〇(アプリ名)Portable.ini」ファイルをコピーし...
    ポータブルアプリ本体と同じフォルダ内に貼り付ける
    2 アプリケーションによっては、ファイル名が「〇〇(アプリ名)Portable.ini」ではなく「AppNamePortable.ini」である場合もある。
    アプリケーションによっては、ファイル名が「AppNamePortable.ini」である場合もある
    このような場合は、「AppNamePortable.ini」をポータブルアプリ本体と同じフォルダ内にコピーする。
    「AppNamePortable.ini」を、ポータブルアプリ本体と同じフォルダ内にコピーする
  3. 「〇〇(アプリ名)Portable.ini」、または「AppNamePortable.ini」をメモ帳などの テキストエディタで開き、
    DisableSplashScreen=false
    となっている部分を
    DisableSplashScreen=true
    に書き換えて上書き保存します。
    「DisableSplashScreen=false」を...
    「DisableSplashScreen=true」に書き換える
  4. 編集したファイルの名前が「AppNamePortable.ini」である場合は、ファイル名をポータブルアプリ本体のファイル名と同じものにリネームします。
    たとえば、「VLC Media Player Portable」の例で言うと、「AppNamePortable.ini」を「VLCPortable.ini」にリネームします。
    (拡張子「.ini」の部分は変えないでおく)
    「AppNamePortable.ini」は、ポータブルアプリ本体のファイル名と同じものにリネームする
  5. 以後、アプリ起動時に、スプラッシュスクリーンが表示されないようになっています。


スポンサードリンク


PortableApps.com で配布されているアプリの使い方 TOPへ
スポンサードリンク

PortableApps.com で配布されているポータブルアプリの使い方