Windows 10 の標準機能を使い、印刷可能なあらゆるファイルを PDF に変換する方法

Windows 10 の標準機能を使い、印刷可能なあらゆるファイルを PDF に変換する

Windows 10 の標準機能を使い、印刷可能なあらゆるファイルを PDF に変換する方法

Windows 10 の標準機能を使い、印刷可能なあらゆるファイルを PDF に変換する方法

このページでは、Windows 10 の標準機能を使い、印刷可能なあらゆるファイルを PDF に変換する方法を紹介します。

Windows 10 の標準機能を使い、印刷可能なあらゆるファイルを PDF に変換する


Windows 10 には、「Microsoft Print to PDF」という仮想プリンターがインストールされており、印刷可能なあらゆるファイルを標準で PDF に変換できるようになっています。

これにより、別途「Bullzip PDF Printer」「Doro PDF Writer」等々の仮想プリンターをインストールしなくても、標準状態でファイルを PDF に出力することができたりします※1
1 各ツールで出力される PDF のファイルサイズが異なったりするので、色々と試せる場合は試してみるのも良いかもしれない。
個人的には、「Bullzip PDF Printer」が色々とオプションを設定でき、また作成される PDF のサイズもコンパクトで済むのでおすすめ。
(ただし、手軽さで言うなら「Microsoft Print to PDF」が最も簡単に使うことができる)

使用にあたり面倒な設定や操作は不要で、ファイルを普通に印刷する要領で PDF への変換を行うことが可能となっています。
(その分、PDF のプロパティやセキュリティを設定することはできない)

普段、各種ファイルを PDF で出力したい... ということが少なくない人におすすめです。

ちなみに、作成される PDF のバージョンは、“ 1.7 ” になります。


Windows 10 の標準機能を使い、印刷可能なあらゆるファイルを PDF に変換する
  1. まず、PDF として保存したいファイルやウェブページを、適当なアプリで開きます。
    このページでは、 で PDF 出力を行う方法を例にして紹介します。
    2 Google Chrome には、ウェブページを PDF に変換する機能が標準で付いている。
    「Microsoft Print to PDF」で作成されるものよりもファイルサイズが大きくなるが、いくらか綺麗に出力できる模様。
    (作成される PDF のバージョンは、“ 1.4 ” になる)
    操作方法は「Microsoft Print to PDF」を使う場合とほぼ同じであるため、その辺りも併せて紹介する。
  2. アプリの印刷機能を使い、印刷画面を呼び出します。
    メモ帳で言うと、
    • メニューバー上の「ファイル」から「印刷」を選択する
      メニューバー上の「ファイル」から「印刷」を選択する
    • ホットキー “ 「Ctrl」+「P」 ” を押す
    のどちらかの操作を行います。
    フォトの場合、
    • ツールバーの右端にある プリンター アイコンをクリックする
      ツールバーの右端にある印刷アイコンをクリックする
    • ホットキー “ 「Ctrl」+「P」 ” を押す
    のどちらかの操作を行います。
    Google Chrome で言うと、
    • ウェブページ上で右クリックして「印刷」を選択する
      ウェブページ上で右クリックして「印刷」を選択する
    • ツールバーの右端にあるメニューボタンをクリックし、「印刷」を選択する
      ツールバーの右端にあるメニューボタンをクリックし、「印刷」を選択する
    • ホットキー “ 「Ctrl」+「P」 ” を押す
    のいずれかの操作を行います。
  3. 利用可能なプリンターの中に「Microsoft Print to PDF」というものがあるので、これを選択します。
    メモ帳の場合
    使用するプリンターとして「Microsoft Print to PDF」を選択する
    フォトの場合
    フォトの印刷設定画面
    使用するプリンターとして「Microsoft Print to PDF」を選択する
    使用するプリンターとして「Microsoft Print to PDF」を選択する
    Google Chrome の場合
    Google Chrome の印刷設定画面
    送信先として「Microsoft Print to PDF」を選択する
    送信先として「Microsoft Print to PDF」を選択する

    前述のとおり、Google Chrome には標準で PDF 変換機能が付いています。
    Chrome 標準の機能で PDF への変換を行う場合は、「送信先」欄で「PDF に保存」を選択してください。
    (その後のオプション設定の方法等は、「Microsoft Print to PDF」を選択した場合とほぼ同じです)
  4. 必要に応じて、
    • 印刷の向き
      印刷の向き
      メニューバー上の「ファイル」から「印刷」を選択する
      レイアウト
    • カラー
      カラー
    • 用紙のサイズ
      用紙のサイズ
      用紙のサイズ
      用紙のサイズ
    • ページ範囲
      ページ範囲と部数
    • 部数
    • 写真のサイズ
      写真のサイズ
    • ページの余白
      ページの余白
    • 自動調整
      自動調整
    • 印刷対象とするページ
      印刷対象とするページ
      印刷対象とするページ
    • 1 枚あたりのページ数
      1 枚あたりのページ数
    • ヘッダー / フッター
    などの設定を行います。
    (指定可能なオプションは、アプリによって異なります)

    尚、Chrome では「用紙サイズ」「ヘッダー / フッター」等のオプションが「詳細設定」という項目内に隠れているので、これをクリックしてから設定を行ってください。
    「詳細設定」をクリックする
    用紙サイズ等のオプションが表示された
  5. 準備が整ったら、各アプリで「印刷」を実行します。
  6. 「名前を付けて保存」ダイアログが表示されます。
    「名前を付けて保存」ダイアログ
    あとは、ファイルに適当な名前を付けて保存を行えば OK です。
    PDF が作成された

スポンサード リンク


Windows 10 上で、印刷可能なファイルを PDF に変換 TOPへ
スポンサードリンク

Windows 10 の標準機能を使い、印刷可能なあらゆるファイルを PDF に変換する方法