ウイルスや “ 望ましくない可能性のあるアプリ ” が検出された時の対処方法

ウイルスや “ 望ましくない可能性のあるアプリ ” が検出された時の対処方法

ウイルスや “ 望ましくない可能性のあるアプリ ” が検出された時の対処方法

Windows セキュリティが、ウイルスや “ 望ましくない可能性のあるアプリ ” を検出した時の対処方法

このページでは、ウイルスや “ 望ましくない可能性のあるアプリ(PUP) ” が検出された時の対処方法を紹介します。

Windows セキュリティが、ウイルスや “ 望ましくないアプリ ” を検出した時の対処方法


Windows 10 を使用していると、デスクトップの右下から

  • ウイルスと脅威の防止
  • 望ましくない可能性のあるアプリ※1 が見つかりました
という通知が表示されることがあります。
ウイルスと脅威の防止
望ましくない可能性のあるアプリが見つかりました
1 広告を表示するアプリや、他のソフトをインストールさせようとする “ バンドルソフト ” など。
クリプトマイニングツールや一部の Torrent クライアント、パスワード解析ツール なども含まれる模様。

これは、Windows 10 に標準で搭載されている「Windows セキュリティ」が、“ ウイルスやアドウェア・スパイウェア(の可能性があるファイル) ” を発見したことを意味しています。

検出されたファイルは、「Windows セキュリティ」によりロックされ、一時的にアクセス不能な状態になりますが、無害なものであればロックを解除することもできます。

一方、実際にウイルスである場合はそのまま削除することもでき、安全性が不明な時は検疫(隔離)することも可能となっています。
(検疫したファイルは、後から復元したり削除したりすることができる)

このページでは、こういったウイルスアラートが表示された時の対処方法を紹介します。

ちなみに、“ 望ましくない可能性のあるアプリ ” に関しては、必要に応じて監視を無効化することもできます。
また、

  • 指定したファイルやフォルダ
  • 指定した拡張子のファイル
  • 指定したプロセス
を、ウイルススキャンから除外することもできたりします。
誤検知が多いと感じる時などは、この辺の設定をカスタマイズしてみてもよいでしょう。



ウイルスや “ 望ましくない可能性のあるアプリ ” が検出された場合の対処方法
  1. ウイルスやアドウェア(の可能性があるファイル)が検出されると、デスクトップの右下から
    • ウイルスと脅威の防止
    • 望ましくない可能性のあるアプリが見つかりました
    という通知が表示されます。
    ウイルスと脅威の防止
    望ましくない可能性のあるアプリが見つかりました
    この通知をクリックします。
  2. Windows セキュリティが立ち上がり、「ウイルスと驚異の防止」という画面が表示されます。
    Windows セキュリティ
    この画面の上部にある「現在の脅威」欄に検出されたウイルスの名前が表示されているので、これをクリックします。
  3. メニューが展開されます。
    「詳細の表示」というリンクをクリックする
    まず、展開されたメニューの左下にある「詳細の表示」というリンクをクリックします。
  4. 検出されたアイテムの詳細情報が表示されます。
    検出されたアイテムの詳細情報
    このダイアログの下部にある「影響を受けた項目」欄に検出されたファイルのパスが表示されるので、これを確認して「OK」ボタンをクリックします。
  5. 続いて、「アクティブ化のオプション」欄で
    • 削除 - 確実にウイルスであると分かっている場合
    • 検疫 - 安全かどうかわからない場合
    • デバイスで許可 - 安全であると分かっている場合
    のいずれかを選択し、少し下にある「操作の開始」ボタンをクリックします。
    実行するアクションを選択し、「操作の開始」ボタンをクリックする
    安全性が不明な場合は、検出されたファイルの名前で Web 検索してみたり、「VirusTotal」で検査してみたりすると良いでしょう※2
    2 機密情報を含むファイルなどは、VirusTotal にアップロードしない方がよい。
    (アップロードされたファイルは、第三者により閲覧可能であるため)
    また、一通り調べても安全性が分からなかった場合は、無理して使わない方がよい。

    フリーソフトがウイルスとして検知された場合、
    • False Positive(誤検知)の報告があるかどうか
    • ソフトの性質がどういったものであるか(パスワード解析ツールなどは、ウイルスと誤認識されやすい)
    • どういったウイルスとして検知されているか(バンドルソフトであれば、脅威を回避できる場合もある)
    • 製作者が信頼できるかどうか
    • 複数の有力なアンチウイルスが、ウイルスと判定しているかどうか
    などのことを考慮するとよいでしょう。
    ただし、基本的に分からないものは “ 分からない ” として判断を保留し、無理に使う
  6. 選択した処理が実行されるので、少し待ちます。
  7. 少し待つと、「現在の脅威はありません」という表示に戻ります。
    現在の脅威はありません
    これで、ウイルスアラートに対する処置は完了です。
目次へ戻る
「デバイスで許可」と設定したファイルの許可設定を解除する
  1. 「デバイスで許可」と設定したファイルをやっぱり許可したくなくなったら、スタートメニューやタスクトレイ上から「Windows セキュリティ」を開きます。
    「Windows セキュリティ」を開く
    「Windows セキュリティ」を開く
  2. Windows セキュリティが表示されたら、「ウイルスと驚異の防止」を選択します。
    「ウイルスと驚異の防止」を選択する
  3. 「ウイルスと驚異の防止」画面が表示されるので、上部の「現在の脅威」欄内にある「許可された脅威」を選択します。
    「許可された脅威」を選択する
  4. 「デバイスで許可」と設定されたアイテムが一覧表示されます。
    許可された脅威
    あとは、許可設定を解除したいアイテムを選択 →「許可しない」ボタンをクリックすれば OK です。
    許可設定を解除したいアイテムを選択 →「許可しない」ボタンをクリックする
    尚、この「許可された脅威」画面では、許可されたファイルのパスを確認することができません。
    そのため、一度「ウイルスと驚異の防止」画面で「保護の履歴」をクリックし、「デバイスで許可」と設定したファイルの「検出済み名」(ウイルス名)を確認する必要があります。
    保護の履歴
    許可設定を解除したいアイテムを選択 →「許可しない」ボタンをクリックする
    また、「イベントビューアー」でも Windows セキュリティの保護履歴を確認することができるので、それを見てもよいでしょう。
    「イベントビューアー」を使って Windows セキュリティのログを確認する時は、下記のような操作を行います。
    1. スタートボタンを右クリックし、「イベントビューアー」を選択します。
      スタートボタンを右クリックし、「イベントビューアー」を選択する
    2. 「イベントビューアー」が立ち上がります。
      イベントビューアー
      画面左側にあるツリーを、「イベント ビューアー (ローカル)」>「アプリケーションとサービス ログ」>「Microsoft」>「Windows」>「Windows Defender」>「Operational」と展開していきます。
    3. Windows セキュリティのログが表示されます。
      Windows セキュリティのログ
      この画面の上部にある「レベル」欄が「警告」となっているものが、ファイルの検出履歴となっています。
      選択すると、下部の「全般」画面内に詳細が表示されるので、ここで「名前」(ウイルス名)と「パス」を確認します。
目次へ戻る
「検疫」したファイルを復元 / 削除 する
  1. 「検疫」したファイルが後から
    • やっぱり安全なファイルであると分かった
    • やっぱりウイルスであると分かった
    時は、手動で復元したり削除したりすることができます。
    検疫したアイテムを復元・削除 したい時は、スタートメニューやタスクトレイ上から「Windows セキュリティ」を開きます。
    「Windows セキュリティ」を開く
    「Windows セキュリティ」を開く
  2. Windows セキュリティが表示されたら、「ウイルスと驚異の防止」を選択します。
    「ウイルスと驚異の防止」を選択する
  3. 「ウイルスと驚異の防止」画面が表示されるので、上部の「現在の脅威」内にある「保護の履歴」を選択します。
    「保護の履歴」を選択する
  4. 「保護の履歴」画面が表示されます。
    検疫したアイテムをクリックする
    そのまま、「アプリ(または脅威)が検疫されました」というアイテムをクリックします※3
    3 画面上部の「最近使用したすべての項目」欄にある「フィルター」をクリック →「検疫済みの項目」を選択することにより、検疫を実行した履歴のみを絞り込み表示することもできる。
    「許可された脅威」を選択する
    「許可された脅威」を選択する
  5. 選択した履歴が展開されます。
    履歴の下部にある「影響を受けた項目」欄で検疫したファイルのパスを確認し、右下にある「操作」ボタンをクリック →
    • 復元
    • 削除
    のどちらかを選択すれば操作完了です。
    「許可された脅威」を選択する
目次へ戻る
“ 望ましくない可能性のあるアプリ ” のブロック機能をオフにする
  1. “ 望ましくない可能性のあるアプリ ” のブロックを無効化したい時は、「Windows セキュリティ」を開いて「アプリとブラウザー コントロール」を選択します。
    「アプリとブラウザー コントロール」を選択する
  2. 「アプリとブラウザー コントロール」という画面が表示されるので、「評価ベースの保護」欄にある「評価ベースの保護設定」をクリックします。
    「評価ベースの保護設定」をクリックする
  3. 「評価ベースの保護」という画面が表示されます。
    評価ベースの保護
    この画面を少し下にスクロールし、「望ましくない可能性のあるアプリのブロック」欄で
    • アプリをブロックする
    • ダウンロードをブロックする
    のどちらか、または両方のチェックを外せば OK です。
    「アプリをブロックする」「ダウンロードをブロックする」のチェックを外す
目次へ戻る
指定したファイル / フォルダ / 特定種類のファイル / プロセス を、ウイルススキャンから除外する
  1. ウイルススキャンから除外したいファイル / フォルダ / 拡張子 / プロセス がある場合は、「Windows セキュリティ」を開いて「ウイルスと驚異の防止」を選択します。
    「ウイルスと驚異の防止」を選択する
  2. 「ウイルスと驚異の防止」画面が表示されるので、「ウイルスと脅威の防止の設定」欄にある「設定の管理」をクリックします。
    「ウイルスと脅威の防止の設定」欄にある「設定の管理」をクリックする
  3. 「ウイルスと脅威の防止の設定」という画面が表示されます。
    「ウイルスと脅威の防止の設定」欄にある「設定の管理」をクリックする
    この画面を下にスクロールし、「除外」欄にある「除外の追加または削除」をクリックします。
    「除外」欄にある「除外の追加または削除」をクリックする
  4. 「除外」という画面が表示されます。
    「除外の追加」ボタンをクリックする
    あとは、「除外の追加」ボタンをクリック → 「ファイル」「フォルダ」「ファイルの種類(拡張子)」「プロセス」のいずれかを選択し、ウイルススキャンから除外するアイテムを登録すれば OK です。
    「除外の追加」ボタンをクリックする
    ファイルが登録された
    除外設定を解除したい時は、目的のアイテムを選択して「削除」ボタンをクリックします。
    「削除」ボタンをクリックする


スポンサードリンク


ウイルスや “ 望ましくない可能性のあるアプリ ” が検出された場合の対処方法 TOPへ
スポンサードリンク

Windows セキュリティが、ウイルスや “ 望ましくない可能性のあるアプリ ” を検出した時の対処方法