Core Temp

Core Temp の概要や使い方を紹介しています

Core Temp を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

シンプルなCPU 温度モニター!「Core Temp」。

Core Temp
制作者 Arthur Liberman
対応 XP/Vista/7/8/10

Download (公式)
Download (ミラー )

● Core Temp

コンパクトなCPU 温度モニタリングツール。
タスクトレイ上に、 “ 各CPU コアの温度 ” をリアルタイムに表示させておけるようにしてくれます。
温度が最も高いコアの数値のみを表示させる機能や、クロック周波数 / CPU 使用率 / メモリ消費量 / 消費電力 もタスクトレイ上に表示させる機能、CPU のプロパティ、Tjunction 温度 を表示する機能、温度が指定した数値に達した時に、任意のアクションを自動実行できるようにする機能... 等々も付いています。

「Core Temp」は、CPU の温度をリアルタイムに計測&表示 してくれるソフトです。
マルチコアのCPU に対応した温度モニターで、各コアの温度をタスクトレイ上に “ 個別表示 ” してくれるところが最大の特徴※1
※1 温度(数値)のテキストカラー&フォント は、自由に設定することができる。
表示する温度は、設定により “ 華氏 ” “ Tjunction 温度※2 との差分値 ” にすることもでき、また温度が最も高いコアの数値のみ を表示させるようにすることもできたりします。
※2 CPU の最大許容温度。
さらに、計測結果のログを取る機能や、温度が設定値に達した時に、特定のアクションを自動実行できるようにする機能 等も付いています。
(ログは、CSV ファイルとして出力される)

ちなみに、CPU の温度だけではなく、CPU の

  • モデル名
  • 対応ソケット
  • 周波数
  • VID - 電圧
  • リビジョン
  • 製造プロセス
  • CPUID
  • TDP
  • Tj. Max - 最大許容温度
  • 最小 -(計測開始から今までの)最低温度
  • 最大 -(計測開始から今までの)最大温度
  • 負荷 - 使用率
を確認することもできたりします※3
※3 メニューバー上の「ツール」→「システム情報」から、さらに詳細な情報を確認することもできる。

使い方(設定方法等)は以下のとおり。

    インストール時の注意
  1. インストーラーを使うと、外部ツールのインストールを促されるので、ポータブル版の使用をお勧めします。
    ポータブル版は、ダウンロード先のページで「More downloads...」というリンクをクリックし、「32 Bit」か「64 Bit」のどちらかをクリックすればダウンロードすることができます。
    「32 Bit」か「64 Bit」のどちらかをクリック
    ついでに日本語化も必要になるので、「Japanese」というリンクを右クリックし、リンク先をファイルとして保存しておいて下さい。
  2. ダウンロードした「Core Temp」を解凍したら、「Core Temp.exe」のあるフォルダ内に「Languages」という名前のフォルダを作成し、その中に言語ファイル「ja-JP.lng」をコピーします。
    実際に使う
  1. 「Core Temp.exe」を実行します※4
    ※4 もし、インターフェースが日本語表示でない場合は、メニューバー上の「Options」から「Settings」を開き、上部の「Language」欄で「日本語」を選択しておいて下さい。
  2. メイン画面が表示されます。
    Core Temp
    色々と情報を確認することができますが、基本的には最小化させておけばよいでしょう。
    タスクトレイに最小化
    (最小化すると、タスクトレイに格納される)
    逆に、メニューバー上の「オプション」から、常に最前面に表示させておくこともできたりします。
    温度(数値)のテキストカラー&フォント を変更
  1. メニューバー上の「オプション」から「設定」を開き、「システムトレイ」タブを開きます。
    「システムトレイ」タブ
  2. 画面中段の「色」欄にあるプルダウンメニューをクリックし、色変更を行うCPU コアを指定します。
  3. 隣の「テキスト」ボタンをクリックし、変更先の色を指定します。
  4. もし、テキストのフォントも変更したいという場合は、中段にある「フォントの選択」ボタンをクリック → 変更先のフォントを設定しておきます。
  5. あとは、画面左下の「OK」ボタンをクリックすればOK。
    設定を元に戻したい時は、左下にある「既定値」ボタン(見づらい)をクリックします。
    温度が一番高いCPU コアの数値のみを表示
  1. メニューバー上の「オプション」から「設定」を開き、「システムトレイ」タブを開きます。
    「システムトレイ」タブ
  2. 上の「トレイ アイコン」欄で、「最高温度」にチェックを入れます。
  3. あとは、画面左下の「OK」ボタンをクリックすればOK。
    温度のフォーマットを変更する
  1. メニューバー上の「オプション」から「設定」を開き、「表示」タブを開きます。
    「表示」タブ
  2. 温度を華氏で表示する場合は、「温度を華氏で表示」にチェックを入れます。
    Tjunction 温度(最大許容温度)との差分値を表示させたい場合は、「詳細」タブを開き、「TjMax までの間隔を温度フィールドに表示」にチェックを入れます。
    「詳細」タブ
  3. あとは、画面左下の「OK」ボタンをクリックすればOK。
    設定を元に戻したい時は、左下にある「既定値」ボタンをクリックします。
    クロック周波数 / CPU 使用率 等の実数値も、タスクトレイ上に表示する
  1. メニューバー上の「オプション」から「設定」を開き、「システムトレイ」タブを開きます。
    「システムトレイ」タブ
  2. 左下にある「追加のアイコン」欄で、(タスクトレイ上に)表示させたい項目にチェックを入れます。
    ここで選べるのは、下記の四項目。
    • プロセッサの周波数
    • プロセッサの負荷(使用率)
    • RAM utilization - メモリ使用量
    • Power consumption - 消費電力
  3. 必要であれば、これら情報の表示色を変更することもできます。
    色を変更する場合、中段の「色」欄にあるプルダウンメニューをクリックし、目的の項目を選択 → 隣の「テキスト」ボタンをクリックし、変更先の色を指定します。
  4. あとは、画面左下の「OK」ボタンをクリックすればOK。
    過熱保護機能
    特定の温度に達した時に、任意のアクションを自動実行させる機能
  1. メニューバー上の「オプション」から「過熱保護」を選択。
  2. 「過熱保護の設定」という画面が表示されます。
    過熱保護の設定
    まず、左上にある「過熱保護を有効化」にチェックを入れます。
  3. 次に、アクション実行のトリガーとなる温度を設定します。
    温度は、
    • 自動
    • 指定した温度
    • Tjunction 温度
    の中から選べるようになっています。
  4. 続いて、トリガーとなる温度に達した時に、どのようなアクションを実行するのか設定します。
    実行できるアクションには、
    • バルーン通知
    • Core Temp のタスクバーを点滅させる
    • プログラムを実行
    • シャットダウン
      • スリープ
      • 休止状態
      • 電源を切る
    といったものがあります。
  5. 設定が済んだら、右上の「OK」ボタンをクリックします。
  6. これで、CPU の温度が設定値に達した時に、指定しておいたアクションが自動で実行されるようになります。

尚、OS がWindows 7 の場合のみ、「Core Temp」のタスクボタンを

  • 温度メーター
  • 周波数メーター
  • 使用率メーター
にすることもできます。
その設定方法は以下のとおり。
  1. メニューバー上の「オプション」から「設定」を開き、「Windows 7 タスクバー」タブを開きます。
    「Windows 7 タスクバー」タブ
  2. まず、一番上の「Windows 7 のタスク バー機能を有効化」にチェック。
  3. 下の「設定」欄で、タスクボタン上に何の数値をオーバーレイ (合成) させるのか指定します。
    指定できるのは、以下のうち一つ。
    • 温度
    • 周波数
    • CPU 負荷
    「モードを循環する」にすると、指定した秒数ごとにそれぞれの数値を切り替えます。
  4. 設定が済んだら、右上の「OK」ボタンをクリックします。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の温度・電力管理ツール
 Open Hardware Monitor

指定した情報の グラフ表示 / ガジェット表示 / タスクトレイ表示 にも対応したハードウェアモニター

 HWMonitor

各種ハードウェアの温度 / 使用率 / 消費電力 / 電圧 等をモニタリングすることができるソフト

Core Temp TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 GIMP

超高機能なペイントソフト

 CCCP

定番のコーデックパック

 Recuva

高機能なファイル復元ソフト

 VidCutter

各種動画ファイルを、無劣化で高速にカット編集

 Windows Live ムービーメーカー

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 Desktop Movie

デスクトップの背景で、動画の再生を行えるようにするソフト

 Run with priority context menu

アプリケーションを、特定の優先度で起動できるようにする右クリックメニュー拡張ツール

 EdgeDeflector

Cortana のウェブ検索結果を、Microsoft Edge ではなく既定のブラウザで開けるようにするソフト

 CompactGUI

指定したフォルダを、普通に使える状態のまま圧縮できるようにするソフト

 DateFix

JPEG ファイルの更新日時を、EXIF 情報内に記録されている “ 撮影日時 ” と合わせてくれるソフト

 IP-Info

使用しているパソコンのグローバル IP アドレス&プライベート IP アドレス を表示してくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 Leeyes

画像の “ 見開き表示 ” にも対応したエクスプローラ風画像ビューア

 TuxGuitar

タブ譜& 五線譜 を使って作曲することができるソフト

 Screenpresso

高度な画像編集機能を備えたスクリーンキャプチャーツール

 NTFS Permissions Tools

ファイルやフォルダの “ アクセス許可 ” 設定カスタマイズツール

スポンサードリンク

Core Temp を紹介しているページです