Rufus

Rufus の概要や使い方を紹介しています

Rufus を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

様々な OS のブート USB を、素早く作成する!「Rufus」。

Rufus

Rufus

様々な OS のディスクイメージを元にして、ブータブルな USB を高速作成することができるソフト。
Windows、BartPE、Linux ディストリビューション、FreeDOS 等々のイメージファイルを元にして、ブータブルな USB ドライブを高速作成できるようにしてくれます。
作成する USB ドライブのパーティションスタイル(MBR / GPT) / ファイルシステム / ボリュームラベル を指定する機能や、USB に書き込んだ OS を UEFI モードでインストールできるようにする機能... などが付いています。

「Rufus」は、各種ディスクイメージを元にブート USB を作成することができるソフトです。
Windows、BartPE、Linux ディストリビューション(Ubuntu、Fedora、Gentoo など)、FreeDOS 等々のイメージファイルを元にして、起動可能なブータブル USB を作成することができる... というブート USB 作成ツールで、イメージの焼き込み速度が非常に速くスピーディに使えるところが最大の特徴。
速度比較表
書き込み元のディスクイメージによっては、他のツールの 2 倍程度速く書き込めたりするので、比較的ストレスなく使うことができます。
また、作成する USB の

  • パーティションスタイル(MBP / GPT)
  • 起動モード(UEFI / BIOS)
  • ファイルシステム(FAT32 / NTFS)
  • ボリュームラベル
を設定できるなど、まずまずカスタマイズ性が高いところもポイントの一つ。
色々とオプションを設定できる一方、基本的には書き込むイメージファイルを選択するだけなので、操作は非常に簡単です。
ダウンロードしたら即使えるポータブル版も用意されているので、持ち運びにも便利。

使い方は以下の通りです。
Windows のインストールディスクからディスクイメージを作成する時は、 「ImgBurn」 を使うと簡単です。
(「ディスクからイメージファイルを作成」機能を使う)

  1. まず、ブート USB として使用する USB ドライブを、パソコンに接続させます。
    (この USB 内のデータは、すべて消去されるので注意)
  2. 「Rufus」を実行します。
  3. 初回起動時に、「アップデートチェックを自動で行いますか?」という内容のダイアログが表示されるので、適宜「はい」か「いいえ」を選択しておきます。
    アップデートチェックを自動で行いますか?
    アップデートチェックの ON / OFF は、メイン画面の左下にある アプリケーションの設定を表示します からいつでも変更することができます。
    アップデートポリシーと設定
  4. メイン画面が表示されます。
    Rufus
    最初に、一番上の「デバイス」欄にあるプルダウンメニューをクリックし、ブート USB として使用するデバイスを選択します。
  5. 続いて、画面右上にある「選択」ボタンをクリックし、USB ドライブに焼き込むイメージファイルを選択します。
  6. その下にある
    • パーティション構成
    • ターゲットシステム
    欄で、作成する USB ドライブのパーティションスタイルと起動モードを選択します。
    よくわからない場合、「パーティション構成」は「MBR」、「ターゲットシステム」は「BIOS または UEFI」を選択すれば OK です。
    UEFI に対応しているパソコンを使用している場合で、OS を UEFI モードでインストールしたい場合は、「パーティション構成」を「GPT」、「ターゲットシステム」を「UEFI」にしておきます。
    必要に応じて、「パーティション構成」を「GPT」にしておく
  7. 「ファイルシステム」「クラスターサイズ」に関しては、最適なものが自動設定されるので、通常はそのままで OK です。
    ファイルシステム
  8. 画面中段の「ボリュームラベル」欄に、作成するブート USB のボリュームラベルを入力します。
  9. 基本的にはこれで設定完了です。
    必要に応じて、
    • 機能拡張されたラベルとアイコンファイルを作成
    • 不良ブロックを検出
    などのオプションを設定しても OK です※2
    オプション設定
    ※2 これらのオプションは、画面下部にある「詳細なフォーマットオプションを表示」をクリックすると表示される
    「機能拡張されたラベルとアイコンファイルを作成」にチェックを入れると、作成された USB ドライブのアイコンが「Rufus」のものになります。
    USB ドライブのアイコンが「Rufus」のものになる
  10. 準備が整ったら、画面右下にある「スタート」ボタンをクリックします。
  11. 書き込むイメージによっては、この時に「ダウンロードが必要です」というダイアログが表示されるので、適宜「はい」を選択して必要なコンポーネントのダウンロードを行っておきます。
    ダウンロードが必要です
    また、イメージファイルによっては、「ISOHybridイメージを検出しました」というダイアログが表示されることがあります。
    ISOHybridイメージを検出しました
    通常は ISO イメージモードで書き込みを行いますが、USB 起動時にエラーが発生する場合は、DD イメージモードで作り直してみます。
  12. 最後に、「選択した USB ドライブ内のデータは、すべて削除されます」というような内容のダイアログが表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。
    選択したUSB ドライブ内のデータは、すべて削除されます
  13. イメージファイルの書き込みが実行されるので、しばらく待ちます。
  14. 画面下部のメーターがいっぱいになり、ステータスバー上に「準備完了」と表示されたら処理完了です。
    準備完了

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のディスクイメージ関連ツール
 Microsoft Windows and Office ISO Download Tool

Windows & Microsoft Office の ISO イメージファイル入手支援ソフト

 LinuxLive USB Creator

各種Linux 系OS のライブUSB を作成することができるソフト

Rufus TOPへ
スポンサード リンク

Rufus を紹介しているページです。