IrfanView

IrfanView の概要や使い方を紹介しています

IrfanView を紹介しているページです

見た目はシンプルだけど多機能なマルチメディアビューア!「IrfanView」。

IrfanView
3.80 / 55 票)
制作者 Irfan Skiljan
対応 XP/Vista/7/8/10
バージョン 4.53
更新日時 2019-05-15
ファイルサイズ 3.4 MB
公式
ミラー
ポータブル版

IrfanView

多機能なマルチメディアビューア。
非常に多くの画像フォーマットに対応しているほか、便利な画像処理機能を数多く備えています。
画像の拡大 / 縮小、フルスクリーン表示、スライドショー といった各種画像閲覧機能に加えて、トリミング、テキスト合成、回転 / 反転、リサイズ / リサンプル、減色、色調補正、赤目補正、縁 / 枠の追加、シャープ / ぼかし / モザイク 等のフィルタ、形式変換、リネーム、コンタクトシート作成... 等々の機能が付いています。

「IrfanView」は、多機能なマルチメディアビューアです。
基本的な画像閲覧機能だけではなく、レタッチ、ペイント、フォーマット変換、リサイズ、リネーム、動画&音楽 の再生... 等々、数多くの便利機能を搭載した多機能ツールです。
多機能な割りには軽快に動作し、拡張性も中々高いという特徴を持っています。

主な機能には、画像のズームイン / アウト、回転 / 反転、フルスクリーン表示、スライドショー、ファイルのプロパティ表示 といった基本的なものから、

  • 指定した矩形領域のコピー / ペースト※1 / 切り取り / 切り出し / 削除
    1 画像の上 / 下 / 左 / 右 に連結してペーストする「拡張貼り付け」機能もある。
  • リサイズ / リサンプル
    リサイズ / リサンプル
  • 減色
    減色
  • グレースケール変換
  • ネガポジ反転
  • 色調補正※2
    色調補正
    2 補正することができるのは、明るさ / カラーバランス( RGB 値)/ コントラスト / ガンマ / 色の濃さ(彩度)。
    色彩を自動で調整する機能もある。
  • 赤目補正
  • 画像への文字入れ
    文字入れ
  • ウォーターマーク合成(画像挿入機能)
    ウォーターマーク合成
  • 枠 / フレーム追加
    枠 / フレーム追加
  • 色の入れ替え※3
    色の入れ替え
    3 RGB を、RBG / BGR / BRG / GRB / GBR に入れ替える。
といったものがあります。

また、

  • フォーマット変換※4
    フォーマット変換
    4 出力先のフォーマットとして指定できるのは、BMP / ECW / EMF / GIF / ICO / JPG / PCX / PBM / PDF / PGM / PNG / PPM / RAW / TGA / TIF / WEBP。
  • ぼかし / エンボス / モザイク / 油彩 / 水滴 / 点画 / セピア / 立体ボタン / 輪郭強調 等のフィルタ効果
    フィルタ効果
    詳細作業
  • JPEG 画像のロスレス回転、ロスレス切り抜き
    JPEG 画像のロスレス回転、ロスレス切り抜き
  • 画像分割(画像分解)
    画像分割(画像分解)
  • 画像のサムネイル管理※5
    画像のサムネイル管理
    5 指定したフォルダ内の画像を、サムネイル一覧で表示&管理する機能。
  • コンタクトシート作成※6
    画像のサムネイル管理
    コンタクトシートの例
    コンタクトシート

    6 コンタクトシートとは、複数枚の画像をサムネイル化し、それらを縦横に並べた一枚の画像のこと。
    コンタクトシートの作成は、サムネイル機能から実行することができる。
... といったものもあり、機能は非常に充実しています。

さらに、

  • 複数画像の一括変換※7
    複数画像の一括変換
    7 指定した複数画像のファイル名やフォーマットを、一括して変換することができる。
    この一括変換機能では、同時に各種レタッチ処理(トリミングやリサイズ、減色、回転 / 反転 や色調補正、文字入れ 等々...)を一括実行することも可能。
    (複合編集機能)
    一括編集追加設定
  • 複数画像の連結(パノラマ画像作成)
    複数画像の連結(パノラマ画像作成)
    画像を横に連結させた例
    画像を横に連結させた例
  • スクリーンキャプチャ
  • ペイント
    ペイント
  • ファイル検索
    ファイル検索
  • 表示しているファイルのコピー / 移動※8
    ファイルのコピー / 移動
    8 表示中の画像を、あらかじめ指定しておいた複数のフォルダに振り分けていくことができる。
などの機能もあり、とにかく多機能。

その他、メニューバーやツールバー、ウインドウ枠 を取っ払い、超シンプルなインターフェースにすることもできたりします。

超シンプルなインターフェースにすることもできる

ちなみに、バージョンによってはインストール時に外部ツールのインストールを促す画面が表示されます。

「Optional offer」という画面
こういったものはインストールする必要がないので、全てのチェックを外してから「Next」ボタンを押して下さい。

最後に、日本語化の方法と、ツールバースキンの変更方法を紹介しておきます。

日本語化
  1. 公式サイトの「LANGUAGES」ページ を開きます。
  2. 「Japanese」欄にある「Installer」、もしくは「ZIP」というリンクをクリックします。
    「Installer」、もしくは「ZIP」というリンクをクリック
  3. 「Installer」をダウンロードした場合、それを実行 → 右下の「Browse」ボタンをクリックし、「IrfanView」のインストールフォルダを指定して「Install」ボタンをクリックします。
    「IrfanView」のインストールフォルダを指定して「Install」ボタンをクリック
    Installation successfull!
    「ZIP」の方をダウンロードした場合、「Languages」フォルダ内に入っていた
    • IP_Japanese.lng
    • Japanese.dll
    の二つを、「IrfanView」のインストールフォルダ内にある「Languages」フォルダ内にコピーします。
    「IP_Japanese.lng」と「Japanese.dll」を、「Languages」フォルダ内にコピー
  4. 「IrfanView」を実行します。
  5. メニューバー上の「Options」から「Change Language」を選択します。
    メニューバー上の「Options」から「Change Language」を選択
  6. 設定画面が表示されます。
    設定画面
    あとは、右側の欄で「JAPANESE.DLL」を選択 → 画面左の「OK」ボタンをクリックすれば OK です。
  7. これで、インターフェースが日本語表示になっています。

ツールバースキンの変更方法

  1. 公式サイト で、任意のツールバースキンをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたスキンファイルを 解凍 します。
  3. 解凍して出てきた PNG ファイル&TXT ファイル を、「IrfanView」のインストールフォルダ内にある「Toolbars」フォルダにコピーします。
    解凍して出てきた PNG ファイル&TXT ファイル を、「IrfanView」のインストールフォルダ内にある「Toolbars」フォルダにコピーする
  4. 「IrfanView」を実行し、メニューバー上の「表示」から「ツールバー構成」を選択します。
    メニューバー上の「表示」から「ツールバー構成」を選択する
  5. あとは、任意のスキンを選択すれば OK です。
    任意のスキンを選択する
    ツールバーを変更した例
 IrfanView 参考サイト
「IrfanView」を使って、画像を一括変換 / リサイズ / リネーム!
IrfanView TOPへ
スポンサード リンク

IrfanView を紹介しているページです