Windows インストールメディア作成ツール

Windows インストールメディア作成ツール の概要や使い方を紹介しています

Windows インストールメディア作成ツール を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  Pocket に登録

Windows 8.1 / 10 のインストール USB やインストールイメージを作成する!「Windows インストールメディア作成ツール」。

Windows インストールメディア作成ツール
制作者 Microsoft
対応 -

DownloadWindows 8.1
DownloadWindows 10

Windows インストールメディア作成ツール

Windows 8.1 / 10 のインストールメディアを作成することができるソフト。
Windows 8.1 / Windows 8.1 Pro / Windows 10(32bit or 64bit)のインストール USB やインストールイメージ(ISO)を、超簡単な操作で作成できるようにしてくれます。
作成するインストールメディアの言語 / エディション / アーキテクチャ を指定する機能や、作成したディスクイメージを空の DVD に書き込む機能 が付いています。

「Windows インストールメディア作成ツール」は、Windows 8.1 / 10 のインストールメディア作成ソフトです。
Windows 8.1 / Windows 8.1 Pro / Windows 10(32bit or 64bit)のインストール USB やディスクイメージを作成することができるインストールメディア作成ツールで※1、操作をウィザードに沿って簡単に進めていけるところが最大の特徴。
1 インストール USB を作成する場合、4GB 以上の USB ドライブが必要。
(Windows 10 のインストール USB を作成する場合は、5GB 以上の USB ドライブが必要)
ちなみに、Windows 10 用のインストールメディア作成ツールでは、使用中のパソコンをそのまま Windows 10 に更新することもできる。

基本的に、作成するインストールメディアの

  • 言語
  • エディション - Windows 8.1 / 8.1 Pro | Windows 10 / 10 Home Single Language
  • アーキテクチャ - 32bit / 64bit
  • メディアのタイプ - USB / ISO イメージファイル
を選択するだけで使うことができるので、難しい操作は必要ありません。
また、インストレーションファイルはネット経由でダウンロードされるようになっているため※2
  • インターネットに繋がったパソコン
  • USB ドライブ(インストール USB を作成する場合)
があれば、すぐに作業を開始できるようになっています。
(空の DVD があれば、インストール DVD を作成することもできる)
2 インストレーションファイルは巨大なので、処理には1 時間程度時間がかかる。
Windows 8.1 / 10 のインストールメディアやリカバリディスクを持っていない人におすすめです。
尚、Windows 8.1 をインストールする際には、Windows 8 のプロダクトキーを使うことができます。

使い方は以下の通り。

  1. 「mediacreationtool.exe」を実行します。
  2. Windows 10 用の「MediaCreationTool.exe」を実行した場合、最初に「適用される通知とライセンス条項」という画面が表示されます。
    実行する操作を選んでください
    ここで、右下の「同意する」ボタンをクリックします。
  3. Windows 10 用の「MediaCreationTool.exe」を実行している場合、続いて「実行する操作を選んでください」という画面が表示されます。
    実行する操作を選んでください
    ここで、「別の PC のインストールメディアを作成する」を選択することで、インストール USB / インストールイメージ の作成画面に進むことができます※3
    3 「この PC を今すぐアップグレードする」を選択すると、現在使用中のパソコンをそのまま Windows 10 更新することができる。
  4. 「作成するインストール ファイルの種類を選んでください」という画面が表示されます。
    Windows インストールメディア作成ツール
    ここで、
    • 言語 - 作成するインストールメディアの言語
    • エディション - Windows 8.1 / 10 のエディション
    • アーキテクチャ - 32bit 版か 64 bit 版か
    を選択し、右下の「次へ」ボタンをクリックします。
    Windows 10 のエディションは、「Windows 10」か「Windows 10 Home Single Language」を選択することができますが、通常は「Windows 10」を選択します※4
    4 実際には、「この PC におすすめのオプションを使う」にチェックを入れておけば、すべての項目が自動設定される。
    言語、アーキテクチャ、エディションの選択
  5. 「インストール ファイルの保存場所を選んでください」という画面が表示されます。
    インストール ファイルの保存場所を選んでください
    インストール USB を作成したい場合は、「USB フラッシュ ドライブ」を選択し、インストールイメージを作成したい場合は、「ISO ファイル」を選択 → 右下の「次へ」ボタンをクリックします。
  6. 「USB フラッシュドライブ」を選択した場合、「USB フラッシュドライブを選んでください」という画面が表示されます。
    USB フラッシュドライブを選んでください
    ここで、インストレーションファイルの書き込み先ドライブを選択して「次へ」ボタンをクリック。
    (その後、「ディスクの内容は消去されます」というダイアログ が表示されるので、「OK」を選択する)
    一方、「ISO ファイル」を選択していた場合、「名前を付けて保存」ダイアログが立ち上がるので、インストールイメージの保存先フォルダ&ファイル名 を指定します。
  7. インストレーションファイルのダウンロード、および書き込み作業が開始されます。
    インストレーションファイルのダウンロード
    使用しているネット回線にもよりますが、ここで1 時間ほど時間がかかるので注意。
  8. しばらく待ち、
    • USB フラッシュ ドライブの準備ができました (インストールUSB 作成時)
      USB フラッシュ ドライブの準備ができました
    • ISO ファイルをDVD にコピーします (インストールイメージ作成時)
      USB フラッシュ ドライブの準備ができました
    と表示されたら処理完了です※5
    5 イメージファイルを作成した場合、左上にある「DVD 書き込み用ドライブを開く」というリンクをクリックすることで、「ディスクイメージ書き込みツール」を起動させることもできる。
    ディスクイメージ書き込みツール

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Windows インストールメディア作成ツール TOPへ

Windows インストールメディア作成ツール を紹介しているページです。