DAEMON Tools Lite

DAEMON Tools Lite の概要や使い方を紹介しています

DAEMON Tools Lite を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  Pocket に登録

イメージファイルをマウントするなら「DAEMON Tools Lite」。

DAEMON Tools Lite
制作者 Disc Soft Ltd
対応 XP/Vista/7/8/8.1/10

Download (公式 : 無料版)
Download (ミラー)

DAEMON Tools Lite

各種イメージファイルを、同時に 4 つまでマウントできるようにする CD / DVD エミュレータ。
MDX / MDS / MDF / ISO / IMG / CCD / ISZ / CDI / B5T / B6T / BWT / NRG / CUE / FOR / BIN / APE / FLAC / WAV / ZIP / RAR / 7Z / VHD / TC / HC / VMDK / VDI / ISCSI といった イメージファイル をマウント可能な仮想ドライブを、最大で 4 つまで作成できるようにしてくれます。
ディスクの内容を ISO / APE / MDX / MDS 形式のイメージとしてコピーする機能や、よく使うイメージをデータベース化して管理する機能、LAN 内のデバイス間でファイルを共有する機能 等が付いています。

「DAEMON Tools Lite」は、シンプルな CD / DVD エミュレータです。
各種イメージファイルを、システムに “ ディスク ” として認識させることができる仮想ドライブを作成可能な CD / DVD エミュレータで※1、一般的なイメージファイルを普通のドライブと同じような感覚で扱えるようにしてくれます。
1 イメージファイルを “ ディスク ” として認識させる処理のことを、「マウント」と呼ぶ。
逆に、認識解除処理のことを「アンマウント」という。

対応している入力フォーマットは MDX / MDS / MDF / ISO / IMG / CCD / ISZ / CDI / B5T / B6T / BWT / NRG / CUE / FOR / BIN / APE / FLAC / WAV / ZIP / RAR / 7Z / VHD / TC / HC / VMDK / VDI / ISCSI※2 で、これらのイメージを同時に 4 つまでマウントさせることが可能となります。
2 APE / FLAC / WAV は、CUE シート付属のものに限る。
普段、上記のようなイメージファイルを取り扱っている人におすすめです。
その他、イメージファイルをデータベース化して管理する機能や、指定したドライブ内にあるディスクの内容を ISO / APE / MDX / MDS + MDF 形式のイメージファイルとしてコピーする機能※3、LAN 内のデバイス間でファイル共有を行えるようにする機能... なども付いていたりします。
3 コピー時には、圧縮 / パスワード保護 といったオプションを指定することもできる。
(MDX / MDS でコピーする場合のみ)
出力するイメージをパスワードで保護しておくと、該当イメージをマウントする際にパスワード入力が必須になる。

使い方は以下の通り。

フリー版を使用する際の注意
  1. メイン画面内には多数のメニューがありますが、フリー版で使えるのは
    • 仮想ドライブの作成と、イメージファイルのマウント
    • よく使うイメージファイルを登録しておくことができる “ イメージカタログ ”
    • ディスクコピー
    • LAN 内にあるデバイス間でファイル共有を行う「Catch!」
    くらいなので注意して下さい。
    その他のメニューを選択しても、ライセンスを購入するまでは使用することができません。
目次へ戻る
インストール時の注意
  1. インストーラーを実行すると、最初に「ライセンスタイプを選択する」という画面が表示されます。
    ライセンスタイプを選択する
    フリー版を使う場合は、左の「無料ライセンス」を選択します。
  2. 「セットアップファイルをダウンロードしています...」という画面が表示されるので、しばらく待ちます。
    セットアップファイルをダウンロードしています...
  3. 少し待ち、「セットアップファイルの準備ができました」という画面に変わったら「インストール」ボタンをクリックします。
    セットアップファイルの準備ができました
  4. 再びライセンスタイプの選択画面が表示されます。
    ライセンスタイプの選択画面
    フリー版を使う場合は、下の「無料ライセンス」にチェックを入れてから「Agree & Continue」ボタンをクリックします。
    この時、左下にある「Cofigure setup options...」というリンクをクリックすることにより、
    • 使用言語
    • インストール先のフォルダ
    • デスクトップやスタートメニュー内にショートカットを作成するかどうか
    • 「DAEMON Tools Lite」の使用統計を送信するかどうか
    • 各種イメージファイルとの関連付けを行うかどうか
    を設定することもできたりします。
    (使用統計送信の可否や関連付けは、インストール後でも設定可能)
    セットアップオプション
  5. 無料ライセンスを選択してインストールを行うと、途中で外部ツールのインストールを促す画面が表示されます。
    ( 2 ~ 3 回表示されます)
    外部ツールのインストールを促す画面
    外部ツールのインストールを促す画面
    外部ツールのインストールを促す画面
    このような画面が表示されたら、画面上部の「いいえ、結構です」を選択したり、画像の下にある「私は、プライバシーポリシーを読み、ここにエンドユーザー使用許諾契約書 および 〇〇 に同意します」というオプションのチェックを外したりしてから「Install」ボタンをクリックします。
  6. 続いて、デバイスドライバーのインストールを問うダイアログが 2 回ほど表示されるので、「インストール」する方を選択してください。
    (「"Disc Soft Ltd" からのソフトウェアを常に信頼する」のチェックは外しておいてよい)
    デバイスドライバーのインストールを問うダイアログ
    デバイスドライバーのインストールを問うダイアログ
  7. 「DAEMON Tools Lite」本体のインストールが実行されるので、しばらく待ちます。
    インストール中...
  8. 少し待ち、「We are ready to mount all kinds of images for you!」という画面が表示されたらインストール完了です。
    We are ready to mount all kinds of images for you!
    画面右下にある「を起動する」ボタンをクリックすると、「DAEMON Tools Lite」を起動させることができます。
  9. 初回起動時には自動でチュートリアルが開始されますが、チュートリアルは英語なのでスキップしてもよいでしょう。
    初回起動時には、自動でチュートリアルが開始される
    また、各種機能の試用を問う画面が表示されますが、フリー版で使う場合はスキップしてよいでしょう。
    各種機能の試用を問う画面
目次へ戻る
イメージファイルをマウントする
  1. インストール直後の時点で、おそらく仮想ドライブが 1 台作成されていると思います。
    DAEMON Tools Lite
    このドライブをクリックします。
    仮想ドライブをクリックする
    もしくは、タスクトレイアイコンを右クリック → 「仮想デバイス」 → イメージのマウント先とするドライブを選択 → 「マウント」を選択します※4
    タスクトレイアイコンの右クリックメニュー
    4 タスクトレイを右クリック → 「マウント」でも良いが、このコマンドの意味は “ 仮想ドライブを新たに一台作成し、そこにイメージファイルをマウント ” なので注意。
    (メイン画面の左下にある「クイックマウント」と同じ機能。
  2. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されるので、選択したドライブにマウントしたいイメージファイルを選択します。
    ファイルを開く
    APE / FLAC / WAV 形式のイメージファイルを読み込む時は、付属されている CUE シートの方を選択してください。
  3. イメージを選択すると、仮想ドライブの画像が変化し、画像の下部にイメージの名前が表示されます。
    仮想ドライブにイメージファイルがマウントされた
    と同時に、マウントしたイメージの内容がエクスプローラで表示されます。
    マウントしたイメージの内容が、エクスプローラで表示される
    以降、マウントしたイメージを、普通のディスクと同じようにして扱えるようになります。
    「PC」画面からアクセスすることもできる
    「デスクトップ」からアクセスすることもできる
  4. 尚、イメージをマウントした仮想ドライブを右クリックして「デバイスパラメータ」を選択することにより、仮想ドライブのドライブレターを変更することもできたりします。
    仮想ドライブの右クリックメニュー
    デバイスパラメータ
    仮想ドライブのドライブレターを変更することもできる
目次へ戻る
イメージファイルをアンマウントする
  1. マウントしたイメージをアンマウントする時は、イメージをマウント中の仮想ドライブにマウスカーソルを合わせて 取り出し をクリックします。
    イメージマウント中の仮想ドライブにマウスカーソルを合わせて「取り出し」アイコンをクリックする
    もしくは、イメージをマウント中の仮想ドライブを右クリックして「アンマウント」を選択しても OK です。
    (「マウント」から別のイメージに入れ替えることもできる)
    イメージを右クリックして「アンマウント」を選択してもよい
    タスクトレイアイコンを右クリック → 「仮想デバイス」 → イメージマウント中の仮想ドライブを選択 → 「アンマウント」を選択しても OK です。
    (「削除」は “ 仮想ドライブを作成 ” の意味なので注意)
    トレイアイコンの右クリックメニューからアンマウントすることもできる
    ちなみに、エクスプローラ上で仮想ドライブを右クリックして「取り出し」を選択することでも、同様にアンマウント処理を行うことができます。
    仮想ドライブを右クリックして「取り出し」を選択しても OK

次のページでは、

を紹介します。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
DAEMON Tools Lite TOPへ
スポンサード リンク

DAEMON Tools Lite を紹介しているページです