Avast 18 インストール

Avast」のインストーラーを実行すると、下記のような画面が表示されます。

そのまま「インストール」ボタンを押しても OK ですが、ここでは「カスタマイズ」というリンクからインストールを行う方法を紹介します。
(組み込むコンポーネントなどを設定することができます)
尚、画面左下の「はい、アバスト セキュア ブラウザ をインストールします」は、必要なければチェックを外しておくとよいでしょう。


インストールディレクトリ、および、組み込むコンポーネントの設定画面が表示されます。

必要なさそうなコンポーネントがあれば、チェックを外しておきます。
「セキュアラインVPN」「Cleanup」あたりは、有償版の機能なのでチェックを入れなくてもOK です。
(「ブラウザ拡張機能」「アバスト パスワード」あたりも要らないような気がします)

もし、avast インストール後に特定のコンポーネントをアンインストールしたくなったら、「プログラムのアンインストールまたは変更」画面で「Avast! Free Antivirus」を右クリックして「変更」を選択 → アンインストールしたいコンポーネントのチェックを外し、下部の「変更」ボタンをクリックして下さい。
(Windows 10 の場合、「設定」 → 「アプリ」を開き、「Avast! Free Antivirus」をクリックして「変更」を押す)




インストールが実行されるので、じっくりと待ちます。


インストールが完了すると、「保護されています」という画面が表示されます。

ここはそのまま「続行」ボタンをクリックします。


個人情報の扱い※1 に関する画面が表示されます。

ここもそのまま「続行」ボタンをクリックします。
※1 デフォルトでは、Avast の使用統計が Avast に送信されるようになっている。
これがなんだか気持ち悪い場合は、設定画面を開いて「プライバシー」メニューを展開し、「使用状況データを解析目的で第三者と共有することを許可」のチェックを外しておく。
(ついでに、「コミュニティに参加する」のチェックも外してよい)


続いて、「モバイル機器も守りましょう」という画面が表示されます。

手持ちの Android スマートフォンに「Avast Mobile Security & Antivirus」をインストールしたい場合は、ここでダウンロードリンクをメール送信しておいてもよいでしょう。
インストールしない場合は、「いいえ、Android スマートフォンを保護しません」を選択して下さい。


最後に、「アバストをおすすめして特典を獲得しましょう!」という画面が表示されます。


アバストを SNS 等でシェアすると、有料版の機能を一定期間使用できるようになるようです。
(必要なければ「いいえ、高度な無料の保護は必要ありません」を選択しても OK です)


自動的に、メイン画面が立ち上がります。
(立ち上がらない場合は、タスクトレイ上の アイコンをクリックする)


Avast Free Antivirus 紹介ページに戻る

スポンサードリンク

前のページに戻る
 おすすめフリーソフト