Free Download Manager

Free Download Manager の概要や使い方を紹介しています

Free Download Manager を紹介しているページです

シンプルでありながらも高機能なダウンローダー!「Free Download Manager」。

Free Download Manager
2.98 / 546 票)
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7
バージョン 3.9.7 build 1641
更新日時 2018-11-14
ファイルサイズ 10.3 MB
FDM 3.9.7
ベータ版
ポータブル版

Free Download Manager

高機能かつ使いやすいダウンローダー。
分割ダウンロード、ダウンロードのレジューム機能、拡張子別のフォルダ振り分け、ブラウザへの機能統合、ブラウザのダウンロードを横取りする機能、ページ内にあるファイルや連番ファイルの一括ダウンロード、自動ウイルスチェック機能... 等々が付いています。
HTTP / HTTPS / FTP / BitTorrent プロトコルに対応しているほか、RapidShare からのダウンロードにも対応しています。

「Free Download Manager(FDM)」は、高機能かつ使いやすいダウンロードマネージャーです。
元々シェアウェアとして公開されていたダウンローダーで、完成度が非常に高く、高機能である割りに思いの外使いやすい... という特徴を持っています。
分割ダウンロード(多重接続)、ダウンロードのレジューム機能※1、クリップボード監視機能、拡張子別のフォルダ振り分け、ページ内のファイルや選択した範囲内にあるファイルの一括ダウンロード、ブラウザのダウンロード横取り機能、ブラウザの右クリックメニュー拡張機能、スケジュールダウンロード、URL リストを利用したファイルダウンロード、ダウンロードしたファイルの自動ウイルスチェック機能... 等々、実に豊富な機能が搭載されています。
1 ダウンロードが途中で止まってしまった時に、ダウンロードをその時点から再開する機能。
対応しているプロトコルは HTTP / HTTPS / FTP / BitTorrent で、他にも RapidShare、MEGAUPLOAD、Hotfile 等からのファイルダウンロードにも対応しているようです。
( RapidShare 等は、単純にブラウザからのダウンロードを横取りするだけだが...)
サイズの大きなファイルをダウンロードする時や、大量のファイルをまとめてダウンロードしたい時 などにおすすめです。

基本的な使い方は以下のとおり。
下記内容は、FDM 3.9.7 時点でのものになります。

初期設定
  1. メニューバー上の「設定」から「設定」を開きます。
    設定
  2. 左メニュー内にある「新規ダウンロード」を選択。
    新規ダウンロード
  3. 右下の方にある「拡張」ボタンをクリックします。
  4. 「デフォルトのダウンロード設定」というウインドウが表示されます。
    デフォルトのダウンロード設定
    そのまま「プロトコル」タブを開き、「サーバに通知する情報」を「Microsoft Internet Explorer 5.0」等に変えておきます。
    「プロトコル」タブ
  5. 必要であれば、「接続」タブで
    • 再接続試行までの間隔
    • 速度制限
    を設定したり、「プロキシ」タブでプロキシの設定を行ったりしておきます。
    (よくわからなければ、そのままでOK )
  6. 左下にある「OK」ボタンを押し、「デフォルトのダウンロード設定」画面を閉じます。
  7. さらに「OK」ボタンを押し、Free Download Manager のメインウインドウに戻ります。
目次へ戻る
ダウンロードフォルダの設定
  1. メイン画面左のツリービュー内に表示されている「すべてのダウンロード」を右クリックし、「グループのルートフォルダを設定」を選択。
  2. 「フォルダの参照」ダイアログが表示されるので、基本となるダウンロードフォルダを指定します※2
    2 ここで指定したフォルダの下層階層に、「音楽」「画像」「動画」「ソフト」等のジャンル別サブフォルダを作成することができる。
  3. デフォルトでは、(おそらく)ルートフォルダ直下に
    • Music
    • Software
    • Video
    というグループ(サブフォルダ)が既に存在していると思います。
    それぞれのフォルダを右クリックし、「グループのプロパティ」を選択します。
  4. 「グループのプロパティ」というウインドウが表示されます。
    グループのプロパティ
    ここで、
    • グループ名 (サブフォルダ名)
    • デフォルトのフォルダ (フォルダの場所) ※3
    • このフォルダに保存するファイルの種類※4
    を設定しておきます。
    3 「マクロ」をクリックすることで、サーバ名 / 現在の年 / 現在の月 / 現在の日 の名前が付いたフォルダを、グループフォルダ直下に自動生成させることも可能。
    (フォルダは、ダウンロード実行時に生成される)

    4 拡張子別の自動振り分けを行いたい場合は、ここで関連付ける拡張子を指定しておく。
  5. 必要に応じて、(ツリービュー上の)「すべてのダウンロード」を右クリック →「新規グループの作成」から、さらに新規グループ(=サブフォルダ)を作成しておきます。
  6. ダウンロードしたファイルを、自動でウイルスチェックにかけることもできます。
    この機能を有効化する場合は、あらかじめ次のような設定を行っておきます。
    1. メニューバー上の「設定」から「設定」を開きます。
    2. 左メニュー内の「ダウンロード」をクリック。
    3. 画面中段にある「ウイルスチェックをかける」にチェックを入れ、
    4. スキャンの際に使う アンチウイルス を指定します。
    5. すぐ下にある「ファイルの種類」欄で、自動スキャンを有効にする拡張子を指定します。
    6. 最後に、「OK」をクリックして設定画面を閉じます。
  7. Free Download Manager には、ファイルを簡単にダウンロード登録できるようにする
    • ドロップボックス( ドロップボックス
    というものが用意されています。
    もし、これが邪魔 or 不要 な場合は、メニューバー上の「表示」から「ドロップボックスを表示」のチェックを外しておきます※5
    5 ドロップボックスの透明度は、自由に調整することができる。
    透明度を設定したい場合、メニューバー上の「設定」から「設定」を開き、左メニュー内の「一般」>「その他」>「基本」をクリック → 右下の「ドロップボックスを表示」欄で設定を行う。
目次へ戻る
ダウンロードを行う
  1. ツールバーの一番左にある ダウンロードを追加 ボタンをクリックします※6
    6 もしくは、ダウンロードしたいファイルを、 ドロップボックス に直接ドラッグ&ドロップ。
  2. 「ダウンロードの追加」というウインドウが表示されます。
    ダウンロードの追加
  3. 一番上の「URL」欄に、ダウンロードしたいファイルのURL を入力します※7
    7 ファイルをドロップボックスに直接ドラッグ&ドロップした場合は、入力する必要なし。
    (自動で入力されている)
  4. ダウンロードの際に認証が必要な場合は、左上の「接続時に認証が必要」にチェックを入れ、必要となるユーザー名やパスワードを入力しておきます。
  5. 必要であれば、中段の「グループ」欄で、ファイルのダウンロード先グループを指定しておきます※8
    8 「保存先」欄の右にある ボタンをクリックすることで、グループ以外のフォルダを保存先として設定することもできる。
    (「フォルダの参照」ダイアログが開く)
  6. 特定のリファラ(=参照元のページ)からのダウンロードしか受け付けていないファイルをダウンロードする時は、画面下部の「拡張」をクリック → 「プロトコル」タブの「リファラ」欄に、リファラとするURL を入力しておきます。
  7. ちなみに、画面下部にある「開始」欄の「予約」にチェック → ボタンを押すことにより、ダウンロードのスケジュール設定を行うこともできたりします。
    スケジュール設定画面では、
    • ダウンロードを開始する時刻
    • ダウンロードを行う年月日
    • ダウンロードを行う周期
    等を指定できるようになっています。
  8. 最後に、画面右下の「OK」ボタンをクリックすれば、ファイルのダウンロードが開始されます。
    ダウンロードしようとしているファイルがZIP である場合、中身を途中でプレビュー表示することもできたりします。
  9. ダウンロードが完了したら、メイン画面内に登録されたファイル情報は削除してOK です。
    (右クリック →「ダウンロードを削除」を選択する)

次のページでは、

等を紹介します。


Free Download Manager TOPへ
スポンサード リンク

Free Download Manager を紹介しているページです