システム修復ディスク / 回復ドライブ の作成

「システム修復ディスク」や「回復ドライブ」の作成方法 を紹介しています

システム修復ディスク / 回復ドライブ の作成
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

システム修復ディスク / 回復ドライブ を作成する

前回の続きです。
Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 のイメージバックアップ機能

バックアップイメージを復元する際には、

  • Windows のインストールディスク
  • システム修復ディスク
  • 回復ドライブ
のいずれかが必要になります。

「システム修復ディスク」「回復ドライブ」はコントロールパネルから作成することができ、またWindows のインストールディスクよりも早くブートするので、作成しておいて損はないと思います。
(Windows 7 には「回復ドライブ」作成機能がなく、Windows 8.1 には「システム修復ディスク」作成機能がありません)

ここでは、「システム修復ディスク」の作成方法から紹介します。

    システム修復ディスクの作成
  1. まず、空のディスクを光学ドライブに入れておきます。
    「システム修復ディスク」の容量は 160 MB ほどなので、ディスクはCD でもOK です。

  2. スタートボタンをクリックし、「コントロール パネル」を選択します。
    Windows 10 を使用している場合は、スタートボタンをクリック → 「設定」を選択して下さい。

  3. 「システムとセキュリティ」メニュー内にある「バックアップの作成」を選択。
    「バックアップの作成」を選択

    Windows 8 を使用している場合は、右上の検索ボックスに「回復」と入力し、「Windows 7 のファイルの回復」を選択して下さい。
    「Windows 7 のファイルの回復」を選択

    Windows 10 を使用している場合は、右上の検索ボックスに「バックアップ」と入力し、「バックアップと復元(Windows 7)」を選択します。
    「バックアップと復元(Windows 7)」を選択

  4. 左メニュー内にある「システム修復ディスクの作成」をクリックします。
    「システム修復ディスクの作成」を選択

  5. 「システム修復ディスクの作成」という画面が表示されます。
    ここの「ドライブ」欄で空のディスクが入っているドライブを選択し、右下にある「ディスクの作成」ボタンをクリックします。
    「ディスクの作成」ボタンをクリック

  6. ディスクの作成処理が開始されるので、少し待ちます。
    ディスク作成中...

  7. データの書き込みが終了すると、「ディスクのラベルに次の情報を記載してください」という画面が表示されます。
    ここで「閉じる」ボタンをクリックし、操作を完了させます。
    ディスクのラベルに次の情報を記載してください

引き続き、Windows 8 / 8.1 / 10 における「回復ドライブ」の作成方法も紹介します。

    回復ドライブの作成
  1. 中身が空、もしくはフォーマットしても構わないUSB ドライブを接続します。

  2. Windows 8 / 8.1 を使用している場合は、コントロールパネルの右上にある検索ボックスに “ 回復 ” と入力 → 「回復ドライブの作成」を選択します。
    「回復ドライブの作成」を選択

    Windows 10 を使用している場合は、「設定」画面の右上にある検索ボックスに “ 回復 ” と入力 → 「回復ドライブの作成」を選択します。
    「回復ドライブの作成」を選択

  3. 「回復ドライブの作成」という画面が表示されます。
    回復ドライブの作成
    基本的にはそのまま「次へ」ボタンをクリックすればOK ですが、“ 回復パーティションのコピー ” は一度しか行えないので注意が必要です※1
    (回復ドライブ自体は、何度でも作成することができます)
    ※1 “ 回復パーティション ” とは、メーカーが用意しているリカバリ領域のこと。
    (自作PC を使用している場合は存在しない)
    これを回復ドライブに含めておくと、バックアップイメージがなくてもパソコンの初期化を行うことができる。
    自分で作成したバックアップイメージからレストアを行う時は、回復パーティションがなくても問題はない。


    尚、回復パーティションのコピーを行う場合、通常よりも作成処理に時間がかかります。
    加えて、ある程度容量のあるUSB が必要になることがあります。
    (リカバリ領域のサイズによりまちまちだが、一般的には 8 GB 以上は必要になるはず)

    Windows 10 を使用している場合は、「システム ファイルを回復ドライブにバックアップします」と表示されます。
    回復ドライブの作成
    システムファイルを回復ドライブに含めておくと、バックアップイメージがなくてもOS の再インストールを行うことができます。
    コピー操作に関しては、今のところ何度でも行える?ようでした。
    (自分で作成したバックアップイメージからレストアを行うのであれば、システムファイルのバックアップは不要です)

  4. 書き込み先ドライブの検索が開始されるので、しばらく待ちます。
    書き込み先ドライブの検索

  5. 少し待つと、書き込み先として指定可能なUSB ドライブが一覧表示されます。
    書き込み先ドライブの選択
    この中から、回復ドライブとして使いたいドライブを選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

  6. “ 書き込み先ドライブの内容は、すべて削除されます ” という警告が表示されます。
    警告
    そのまま、右下の「作成」ボタンをクリックします。

  7. 回復ドライブの作成処理が開始されるので、少し待ちます。
    回復ドライブ作成中...

  8. しばらく待ち、「回復ドライブの準備ができました」と表示されたら処理完了です。
    回復ドライブの準備ができました
次のページでは、バックアップしたイメージを復元する手順を紹介します。
バックアップしたイメージを復元


ちなみに、バックアップファイルは " VHD " 形式のイメージファイルとして出力されます。



スポンサード リンク


このページのTOPへ
 おすすめフリーソフト
 PotPlayer

多形式に対応した軽量メディアプレイヤー

 FileSearchy

高機能かつ高速なファイル検索ソフト

 Autorun Organizer

Windows のスタートアップを、最適化することができるソフト

 Malwarebytes Anti-Ransomware

ランサムウェアを、検出してブロックしてくれる

スポンサードリンク
Windows 7 のイメージバックアップ機能 を紹介しています