jPortable

jPortable の概要や使い方を紹介しています

jPortable を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

持ち運びも可能なポータブル版のJava ランタイム!「jPortable」。

jPortable
制作者 PortableApps.com
対応 XP/Vista/7/8/10

Download (jPortable )
Download (jPortable Launcher )

● jPortable

USB 等で持ち運びも可能なポータブル版の Java 実行環境。
システムに Java ランタイムをインストールすることなく、任意の Java アプリケーション( jar ファイル)を実行できるようにしてくれます。

「jPortable」は、Java ランタイム のポータブルエディションです。
USB メモリ等に入れて持ち運ぶことができる Java 実行環境で、システムに Java ランタイムをインストールすることなく Java アプリケーション( jar ファイル)を実行できるようにしてくれます。
Java 実行環境の構築は、管理者権限なしで行えるようになっているので、外出先のパソコン上でも Java の使用が可能となります。
出先のパソコン上で Java 製ツールを使いたい時にはもちろん、Java ランタイムをインストールせずに Java アプリを試してみたい時 などにも便利。
ちなみに、使用の際には「jPortable Launcher」というツールの導入も必要になります。

使い方は以下の通り。

  1. あらかじめ、ダウンロードした のインストーラー二つを、導入先とする場所に移動させておきます※1
    インストール先を選んでください
    ※1 必ずそうしなくてはならないわけではないが、同じ場所に置いておいた方がやりやすい。
    上記スクリーンショットの例では、「jPortable」「jPortable Launcher」の二つを、これから「G:\runtime」というフォルダ内に展開することを想定しています。
  2. まず、「jPortable」のインストーラーを実行します。
  3. インストール途中の「インストール先を選んでください」という画面で、「jPortable」の展開先を指定するのですが、この時「 ~ \CommonFiles\Java」というパス内に展開するようにしてください。
    (デフォルトでそのようになっているので、そこの部分は変えないようにする)
    インストール先を選んでください
    尚、64 bit 版の「jPortable」をインストールする時は、展開先が「 ~ CommonFiles\Java64」になります。
  4. 次に、「jPortable Launcher」のインストールを行います。
    この「jPortable Launcher」は、先ほど生成された「CommonFiles」フォルダと同じ階層に展開するようにしてください。
  5. 「jPortable」と「jPortable Launcher」のインストールが完了したら、
    • 「CommonFiles」フォルダ
    • 「JavaPortableLauncher」フォルダ(「JavaPortableLauncher64」フォルダ)
    の二つが、同じ階層にあることを確認してください。
    インストール先を選んでください
  6. これで導入完了です。
    Java アプリケーションを実行したくなったら、「JavaPortableLauncher」フォルダ内にある「JavaPortableLauncher.exe」を実行します。
    64bit 版の「jPortable Launcher」をインストールした場合は、「JavaPortableLauncher64」フォルダ内にある「JavaPortableLauncher.exe」を実行します。
  7. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されるので、実行したい jar ファイルを選択します。
  8. すると、選択していた Java アプリケーションが起動します。

今後「jPortable」のアップデートを行う時は、

  1. 最新版の「jPortable」をダウンロード
  2. 既存のインストール先フォルダ(「 ~ \CommonFiles\Java」「 ~ \CommonFiles\Java64」)に、上書きインストール
を行ってください。
一方、「jPortable」のアンインストールを行う時は、
  • 「CommonFiles」フォルダ
  • 「JavaPortableLauncher」フォルダ(「JavaPortableLauncher64」フォルダ)
の二つを削除してください。

その他、Java ランタイムが必要なポータブルアプリ(「LibreOffice Portable」など)を使う場合、該当のアプリケーションは「CommonFiles」フォルダと同じ階層か、「CommonFiles」フォルダより下の階層に展開してください。

インストール先を選んでください
インストール先を選んでください
「CommonFiles」フォルダより上のフォルダに配置してしまうと、導入した Java ランタイム(「jPortable」)を認識してくれず、アプリ実行時にエラーが出るので注意が必要です。
インストール先を選んでください


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
jPortable TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 VeraCrypt

TrueCrypt をセキュアにした暗号化ドライブ作成ソフト

 CCCP

定番のコーデックパック

 CCleaner

高機能かつ使いやすいシステムクリーナー

 DVDStyler

動画ファイルを、メニュー画面付きのDVD データに変換

 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 JTrim

高機能でありながらも使いやすい画像編集ソフト

 ByteScout PDF Multitool

PDF ファイルを、変換 / 分割 / 結合 / 回転 / 編集 することができる多機能ツール

 「ファイル名を指定して実行」から、ウェブ検索を実行できるようにする方法

ほとんどの検索エンジンを使うことができ、また複数の検索エンジンを使い分けることが可能です

 FocuserFirefox

「Esc」キー押しで、ウェブページ内の検索ボックスにフォーカスを当てられるようにする

 QuickAdmin

右クリックで選択したソフトを、UAC の警告なしで「管理者として実行」できるようにするソフト

 Organize My Files

フォルダ内のファイルを、種類 / 頭文字 / サイズ / タイムスタンプ 別にフォルダ分けしてくれるソフト

 Bandwidth HeroChromeFirefox

ウェブサイトの画像を圧縮してから受信できるようにすることで、通信量の削減を行えるようにする拡張機能

 おすすめフリーソフト
 Free Hide Folder

シンプルなフォルダ隠蔽ツール

 Screen To Gif

デスクトップ上の動作風景を、GIF アニメ / MP4 / AVI / WMV / WebM として録画

 KeePass Password Safe

高機能かつセキュアなパスワード管理ソフト

 Howard Email Notifier

Gmail / Outlook.com 等々のメールサービスに対応したメールチェッカー

スポンサードリンク

jPortable を紹介しているページです。