jPortable

jPortable の概要や使い方を紹介しています

jPortable を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

持ち運びも可能なポータブル版のJava ランタイム!「jPortable」。

jPortable
制作者 PortableApps.com
対応 XP/Vista/7/8/10

Download (jPortable )
Download (jPortable Launcher )

● jPortable

USB 等で持ち運びも可能なポータブル版の Java 実行環境。
システムに Java ランタイムをインストールすることなく、任意の Java アプリケーション( jar ファイル)を実行できるようにしてくれます。

「jPortable」は、Java ランタイム のポータブルエディションです。
USB メモリ等に入れて持ち運ぶことができる Java 実行環境で、システムに Java ランタイムをインストールすることなく Java アプリケーション( jar ファイル)を実行できるようにしてくれます。
Java 実行環境の構築は、管理者権限なしで行えるようになっているので、外出先のパソコン上でも Java の使用が可能となります。
出先のパソコン上で Java 製ツールを使いたい時にはもちろん、Java ランタイムをインストールせずに Java アプリを試してみたい時 などにも便利。
ちなみに、使用の際には「jPortable Launcher」というツールの導入も必要になります。

使い方は以下の通り。

  1. あらかじめ、ダウンロードした のインストーラー二つを、導入先とする場所に移動させておきます※1
    インストール先を選んでください
    ※1 必ずそうしなくてはならないわけではないが、同じ場所に置いておいた方がやりやすい。
    上記スクリーンショットの例では、「jPortable」「jPortable Launcher」の二つを、これから「G:\runtime」というフォルダ内に展開することを想定しています。
  2. まず、「jPortable」のインストーラーを実行します。
  3. インストール途中の「インストール先を選んでください」という画面で、「jPortable」の展開先を指定するのですが、この時「 ~ \CommonFiles\Java」というパス内に展開するようにしてください。
    (デフォルトでそのようになっているので、そこの部分は変えないようにする)
    インストール先を選んでください
    尚、64 bit 版の「jPortable」をインストールする時は、展開先が「 ~ CommonFiles\Java64」になります。
  4. 次に、「jPortable Launcher」のインストールを行います。
    この「jPortable Launcher」は、先ほど生成された「CommonFiles」フォルダと同じ階層に展開するようにしてください。
  5. 「jPortable」と「jPortable Launcher」のインストールが完了したら、
    • 「CommonFiles」フォルダ
    • 「JavaPortableLauncher」フォルダ(「JavaPortableLauncher64」フォルダ)
    の二つが、同じ階層にあることを確認してください。
    インストール先を選んでください
  6. これで導入完了です。
    Java アプリケーションを実行したくなったら、「JavaPortableLauncher」フォルダ内にある「JavaPortableLauncher.exe」を実行します。
    64bit 版の「jPortable Launcher」をインストールした場合は、「JavaPortableLauncher64」フォルダ内にある「JavaPortableLauncher.exe」を実行します。
  7. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されるので、実行したい jar ファイルを選択します。
  8. すると、選択していた Java アプリケーションが起動します。

今後「jPortable」のアップデートを行う時は、

  1. 最新版の「jPortable」をダウンロード
  2. 既存のインストール先フォルダ(「 ~ \CommonFiles\Java」「 ~ \CommonFiles\Java64」)に、上書きインストール
を行ってください。
一方、「jPortable」のアンインストールを行う時は、
  • 「CommonFiles」フォルダ
  • 「JavaPortableLauncher」フォルダ(「JavaPortableLauncher64」フォルダ)
の二つを削除してください。

その他、Java ランタイムが必要なポータブルアプリ(「LibreOffice Portable」など)を使う場合、該当のアプリケーションは「CommonFiles」フォルダと同じ階層か、「CommonFiles」フォルダより下の階層に展開してください。

インストール先を選んでください
インストール先を選んでください
「CommonFiles」フォルダより上のフォルダに配置してしまうと、導入した Java ランタイム(「jPortable」)を認識してくれず、アプリ実行時にエラーが出るので注意が必要です。
インストール先を選んでください


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
jPortable TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 MPC-BE

高機能なマルチメディアプレイヤー

 お気に入りフリーソフト 2016

2016 年に紹介したフリーソフトを厳選して紹介

 GeekUninstaller

アプリケーションを徹底的にアンインストール

 Lhaplus

シンプルで使いやすい圧縮・解凍ソフト

 Recuva

高機能なファイル復元ソフト

 FastCopy

ファイルやフォルダを、高速にコピー / 移動

 FolderZip

フォルダと ZIP アーカイブを、右クリックメニューから相互に一発変換できるようにするソフト

 Windows 起動時に、Chrome や Firefox を自動で最適化する方法

SpeedyFox」を使い、Windows 起動時に毎回自動で ChromeFirefox を最適化&高速化 する方法

 YouTubeスクリーンセーバー

任意の YouTube 動画を、スクリーンセーバーとして使えるようにするソフト

 Search Engines Helper

Firefox の検索バーやアドレスバー上に、任意の検索エンジンを登録できるようにするアドオン

 Arrange Your Desktop

指定したフォルダ内のファイルを、種類別にフォルダ分けしてくれるソフト

 特に感動した・気に入ったフリーソフト in 2017

「特に感動した・気に入った」というフリーソフトを、25 本 ピックアップして紹介しています。

 おすすめフリーソフト
 Leeyes

画像の “ 見開き表示 ” にも対応したエクスプローラ風画像ビューア

 FloatingButton

任意のホットキーと同じ動作をするボタンを、デスクトップ上に配置する

 SMPlayer

ほとんどのフォーマットに対応した高機能マルチメディアプレイヤー

 Win Updates Disabler

Windows Updates の有効化 / 無効化 を、手軽に切り替えられるようにする

スポンサードリンク

jPortable を紹介しているページです。