Classic Shell

Classic Shell の概要や使い方を紹介しています

Classic Shell を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

スタートメニューやエクスプローラを、クラシックスタイルに!「Classic Shell」。

Classic Shell
制作者 ibeltchev
対応 Vista/7/8/8.1/10

Download

● Classic Shell

Windows Vista 以降のスタートメニューやエクスプローラを、クラシックスタイルにしてくれるソフト。
スタートメニュー / フォルダツリー / ファイル上書き時のダイアログ をクラシックスタイルにする機能や、スタートボタンの画像を変更する機能、エクスプローラのタイトルバー上にフォルダ名 / アイコン を表示させる機能、ステータスバー上にドライブの空き容量を表示する機能、ツールバー上に “ 切り取り / コピー / 貼り付け / 削除 / メール送信 / プロパティ表示 ” ボタンを追加する機能... 等が付いています。

「Classic Shell」は、Vista 以降のエクスプローラをクラシックスタイル風にしてくれるソフトです。
Windows Vista / 7 / 8 / 10 になって失われてしまった各種クラシック機能等を、簡単に再現できるようにする... というエクスプローラカスタマイズツールです。
実際に再現できる機能には、次のようなものがあります。

  • クラシックスタイルのスタートメニュー( 7 / 8 / 10 )
  • スタートボタン画像の変更
  • タスクバーを、不透明 or 半透明 にする( 10 )
  • クラシックスタイルのフォルダツリー
  • クラシックスタイルの “ 上書きしますか ” ダイアログ (Vista / 7 )
  • ホットキー “「Alt」+「Enter」” で、選択しているフォルダのプロパティを表示 (フォルダツリー上)
  • エクスプローラのツールバー上に、
    • 一つ上のフォルダへ移動
    • (選択しているファイルの) 切り取り / コピー / 貼り付け / 削除
    • (選択しているファイルの) プロパティ表示
    • (選択しているファイルを) メール送信
    ボタンを追加
  • タイトルバー上に、“ 一つ上のフォルダへ移動 ” ボタンを追加 (Vista / 7 )
  • タイトルバー上に、現在開いているフォルダの名前を表示 (Vista / 7 )
  • タイトルバー上に、フォルダアイコンを表示 (Vista / 7 )
  • ステータスバー上に、選択しているファイル or 表示しているフォルダ のサイズを表示
  • ステータスバー上に、ドライブの空き容量を表示
  • ブレッドクラムバー(新しいタイプのアドレスバー)無効化
これらの中から、必要なものだけを有効化させることができます。
普段、“ スタートメニューやエクスプローラが、なんとなく使いにくいな... ” と感じていたりする人におすすめです。

使い方は以下の通り。

    日本語化
  1. 言語ファイルダウンロードページ で、「ja-JP.DLL」をダウンロードします。
  2. ダウンロードした「ja-JP.DLL」を、「Classic Shell」のインストールフォルダ内にコピーします。
  3. スタートボタン上で右クリックし、「設定」を選択。
  4. 設定画面が表示されます。
    設定画面
    まず、画面上部の「Show all settings」にチェック入れます。
  5. すべてのオプション項目が表示されるので、「Language」タブを開き、「ja-JP - 日本語(日本)」を選択 → 右下の「OK」ボタンをクリックします。
  6. 「Classic Start Menu を再起動させて下さい」というような内容のダイアログが表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。
    設定画面
  7. スタートボタン上で右クリックし、「終了」を選択。
  8. インストールフォルダ内にある「ClassicStartMenu.exe」を実行します。
  9. これで日本語化完了です。
    導入
  1. インストール完了後に何らかのフォルダウインドウを開くと、ツールバーの右上に「Classic Explorer Bar」が追加されています。
    Classic Explorer Bar ← これ)
    もし、この「Classic Explorer Bar」がない場合は、次のような操作が必要になります。
    1. メニューバー上で右クリックし※1、「Classic Explorer Bar」にチェックを入れます。
      ※1 エクスプローラにメニューバーが表示されていない場合は、「整理」→「レイアウト」から「メニューバー」にチェックを入れておいて下さい。
      Windows 10 を使用している場合は、ツールバー上で右クリックして「Classic Explorer Bar」にチェックを入れて下さい。
    2. 「Classic Explorer Bar」が表示されます。
      あとは、これを好きな位置にドラッグして配置すればOK。
  2. 尚、スタートメニューはデフォルトでAero っぽい感じのものになっているので、スタートボタン上で右クリック →「設定」を選択し、「スキン」タブxをクリック → 画面左上にあるプルダウンメニューをクリックし、「Classic Skin」を選択しておくとよいでしょう。
    設定画面
    設定
  1. 設定を行う時は、ツールバー上に「Classic Explorer Bar」を表示させておく必要があります。
    このツールバーの右端にある Classic Explorer Settings ボタンをクリック。
    (もしくは、任意のボタン上で右クリック →「Classic Explorer Settings」を選択)
  2. すると、設定画面が表示されます。
    設定画面
    あとは、必要な機能にチェックを入れたりし、右下の「OK」ボタンを押すだけ※2
    ※2 設定は、次回フォルダウインドウを表示した時から反映される。
    そのような内容のダイアログ が表示されるので、「OK」ボタンを押す)

    有効 / 無効 を切り替えられる機能には、次のようなものがあります。
    (「全ての設定を表示」にチェックを入れている場合)
      ナビゲーション画面 - フォルダツリー回りの設定
    • ナビゲーション画面のスタイル
    • 水平方向のスクロールバーを表示する
    • フォルダアイコンの前にある 矢印 + を、フェードさせない(Vista / XP シンプル スタイル時)
    • フォルダツリー上にあるアイテム間のスペース
    • サブフォルダのオフセットを最大にする(Vista / XP / シンプル スタイル時)
    • 選択したフォルダを自動で開く(キーボード使用時のみ or 常に )
    • 「Alt」+「Enter」で、(フォルダツリー上で選択中している)フォルダのプロパティを表示
    ナビ
      タイトルバー
    • タイトルバー上に、キャプション( = 開いているフォルダの名前)を表示 (Vista / 7 )
    • タイトルバー上に、アイコンを表示 (Vista / 7 )
    • パンくずリスト(ブレッドクラムバー)を無効化
    • アドレスバー履歴のタイプ(ノーマル / シンプル / 拡張)
    • 検索ボックスを隠す
    • アドレスバーをアクティブにするホットキー(「Alt」+ 任意のキー)
    • 「一つ上の階層へ」移動する際のホットキー (Windows 8 / 10 )
    タイトルバー
      「上へ」ボタン - 「一つ上の階層へ」ボタンの設定(Vista / 7 )
    • 「一つ上の階層へ」ボタンを表示する(「戻る」「進む」ボタンの前後)
    • 通常時のボタン画像
    • クリックした時のボタン画像
    • マウスカーソルを乗せた時のボタン画像
    • 無効時のボタン画像
    • ボタンのサイズ
    • 「一つ上の階層へ」移動する際のホットキー
    「上へ」ボタン
      ツールバーの設定
    • 大きいボタンを使う
    • 小さいアイコンのサイズ
    • 大きいアイコンのサイズ
    • メトロアイコンの色を反転させる (Windows 8 / 10 )
    • メニュー内のアイコンサイズ
    • ツールバーを、ウインドウ外までにも移動できるようにする
    ツールバーの設定
      ツールバーボタン
    • ツールバー上に表示させるボタンを、ドラッグ&ドロップで設定することができます。
      左が現在利用中のボタンで、右が利用可能なボタン一覧
    ツールバーボタン
      ステータスバー
    • ディスクの空き容量&ファイルサイズ を表示する
    • 現在のセキュリティゾーンを表示する (Windows 8 / 10 )
    • 選択しているファイルの詳細情報を表示する
    • ステータスバーの内容を、強制的に更新する (Windows 7 )
    ステータスバー
      ファイル枠 - ファイルビュー回りの設定
    • 共有フォルダには、 アイコンをオーバーレイする
      • オーバーレイさせるアイコン
      • アイコンは、エクスプローラ上でのみオーバーレイさせる
    • 「詳細」以外の表示方法を取っている時でも、カラムヘッダーを表示する
    • (ファイルビュー上の)スクローロバーをドラッグした時に表示されるヒントを隠す
    ファイル枠
      ファイルの操作 - (Vista / 7 )
    • クラシックスタイルの競合(上書き)ダイアログを有効化
      • ファイル上書き時に、警告音を鳴らす(システムファイル / 読取り専用ファイル)
    • フォルダの上書きダイアログも、クラシックスタイルにする
    • ファイルコピー時等のダイアログで、いつも「詳細情報」を展開する
    • クラシックスタイルの上書きダイアログは、エクスプローラでのみ有効化する
    ファイルの操作
  3. 設定内容は、画面下部の「バックアップ ▼」ボタンをクリック →「XML File に保存する」から保存することもできたりします。

次のページでは、スタートメニューのカスタマイズ方法を紹介します。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のエクスプローラ拡張ソフト
 Link Shell Extension

ハードリンク / ジャンクション・ポイント / シンボリックリンク を、簡単に作成できるようにするソフト

Classic Shell TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 Everything

超高速なファイル検索ソフト

 Macrium Reflect Free Edition

指定したドライブを、丸ごと完全にバックアップ

 MediBang Paint Pro

高機能かつ使いやすいイラスト&マンガ制作ソフト

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 AIMP

使いやすい音楽プレイヤー

 EdgeDeflector

Cortana のウェブ検索結果を、Microsoft Edge ではなく既定のブラウザで開けるようにするソフト

 CompactGUI

指定したフォルダを、普通に使える状態のまま圧縮できるようにするソフト

 DateFix

JPEG ファイルの更新日時を、EXIF 情報内に記録されている “ 撮影日時 ” と合わせてくれるソフト

 IP-Info

使用しているパソコンのグローバル IP アドレス&プライベート IP アドレス を表示してくれるソフト

 Advanced System Font Changer

Windows のシステムフォントを、任意のものに変更できるようにするソフト

 CPUBalance

アプリの CPU バランスを自動で調整し、システムを安定した状態で稼働できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Rufus

各種OS のディスクイメージを元に、ブートUSB を高速作成

 WUMT Wrapper Script

Windows Update を、完全手動で行えるようにするソフト

 Speccy

シンプルで使いやすいシステムインフォメーションツール

 NTFS Permissions Tools

ファイルやフォルダの “ アクセス許可 ” 設定カスタマイズツール

スポンサードリンク

Classic Shell を紹介しているページです