pixia

pixia の概要や使い方を紹介しています

pixia を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

珍しいフィルタもあるペイントソフト「pixia」。

pixia
制作者 丸岡 勇夫
対応 98/ME/NT/2000/XP/Vista/7

Download

● pixia

MDI 型の高機能ペイントソフト。
濃度や密度を調整することができるブラシ、フィルタブラシ、クローンブラシ、レイヤー、使いやすい
ベジェ曲線、マスク、テクスチャ塗り、選択範囲のベジェ化、画像の回転 / 反転、色調補正、明るさ
補正、マジックワンド、プラグインにより追加可能なフィルタ効果... などの機能を備えています。
操作はいくらか難しめですが、非常に多機能で操作性も何気に良いです。

「pixia」は、多機能なペイントソフトです。
国内だけに留まらず、海外でも高い評価を受けている高機能ツールで、非常に多くの描画機能 /
領域選択機能 / フィルタ機能 を搭載しています。
インターフェースが少々独特なため、パッと見た感じはややとっつきにくいような印象もありますが、 実際に使ってみると操作性は中々よいです。
対応しているフォーマットは、bmp / gif / jpg / png / tif / dib / ico / pict / psd / pxa / rgb / tga。

「pixia」では、以下のようなツールを使って絵を描いていくことができます。

  • フリーハンド - ペン(ブラシ)
  • 長方形 - 範囲選択(矩形)
  • 直線 - 範囲選択(直線)
  • 円 - 範囲選択(円)
  • 多角形 - 範囲選択(多角形)
  • ベジェ曲線 - ベジェ曲線
  • フリーベジェ曲線 - フリーベジェ曲線※1
  • ワイヤー - ワイヤー※2
  • 閉領域 - 閉領域※3
  • 選択解除 - 範囲選択解除
  • 領域外の表示 - 領域外の表示※4
  • 塗りつぶし - 塗りつぶし
  • トーンフィルタ - トーンフィルタ※5
  • 拡大率プラス - 拡大
  • 拡大率マイナス - 縮小
※1 フリーハンドによってベジェ曲線を描画できるツール。
※2 クリックした地点と近似している色領域を、どんどん選択していくことができるツール。
※3 クリックした地点の色と同系色の領域を、一発で選択状態にすることができるツール。
※4 範囲選択した領域以外の部分を、どのように表示するのかを選択(切り替え)できる。
※5 塗りつぶしの際に、グラデーションをかけて塗れるようにする機能。
また、レイヤー※6、マスク※7、グラデーション塗り※8、テクスチャ塗り※9、アンドゥ / リドゥ、画像の
回転 / 反転、トリミング、文字入力※10、選択した領域のコピー&ペースト、選択した領域の反転 /
ベジェ化※11、選択した領域の外側 / 内側をぼかす.. といった機能や、細かい画像を保存しておく ことができる “ 部品庫 ” 、よく使う色を登録しておくことができる “ パレット ” 、色調補正、明るさ /
コントラスト / カラーバランス※12 / トーンバランス 調整、ネガ反転 といった機能もあります。
※6 それぞれのレイヤーは、濃度を調整することができる。
また、9 種類の合成モードが用意されている。

※7 指定した領域には描画できないようにする機能。
※8 グラデーションで塗る色は、 パレット上の G を押して作成する。
※9 テクスチャは、自作のもの(bmp 画像)を利用することも可。
(テクスチャ画像を、「pixia」のインストールフォルダ内にある「texture」フォルダに入れておく)

※10 影付き、中抜き(エッジのみの)文字 にすることも可。
※11 それぞれの支点を、マウスドラッグで動かせるようにする。
※12 赤 / 緑 / 青 / 鮮やかさ を調整することができる。
尚、描画するにあたり、アクティブカラーの濃度や密度は自由に調整することができるほか※13
ブラシに関しても、大きさだけでなく形状を変更することができたりします。
※13 濃度は t 欄で、密度は d 欄で調整する。
ちなみに、描画する部分をぼかす / 指でこするようにして伸ばす / かき混ぜる / 指定したフィルタで塗る / 透明にする という特殊な描画モードも付いています※14
※14 : 通常  |  : ぼかし1  |  : ぼかし2  |  : こする  |  : かき混ぜる  |
: フィルタ塗り |  : 消しゴム(透明にする)
をクリックすることで、クローンモードなどを利用することも)

さらには、多様なフィルタ機能により、画像の全体、あるいは一部に

  • 輪郭線
  • ネガ反転
  • レリーフ
  • シャープ
  • 陰影
  • アーティスティック・ディザ
  • ボタンタイル
  • ボタン化
  • 円ボタン化
  • 円ボタンタイル
  • ハーフトーン
  • かきまぜ
  • モノクロ
  • 2 値化
  • カレンダー
  • 枠線
  • ノイズ付加
  • ノイズ除去
といったエフェクト効果を加えることもできます。

そのほか、グリッド線の表示、画像の一部を拡大して編集することができる「ルーペ」などの
補助機能、画像の複製、Exif 情報表示 などの機能もあり、とにかく多機能。

余談ですが、ツールバーに表示させるメニューアイコンはカスタマイズすることができるほか、
なぜかミニゲーム「ブロック崩し」もあったりします。(「表示」→「フィルタ」→「その他」から)

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 pixia 紹介サイト
神武館

 pixia プラグイン
ベクター
pixia TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 GeekUninstaller

アプリケーションを徹底的にアンインストール

 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 DVD Flick

動画をDVD データに変換してくれるソフト

 QuickLook

エクスプローラで選択中のファイルを、スペースキー押しでプレビュー表示できるようにするソフト

 Snapdrop

同一の LAN 内に存在するデバイスに、ファイルやメッセージを一発送信することができる Web アプリ

 Media URL Timestamper

YouTube 等の動画サイト上にて、" 指定した場面から再生可能なURL " を一発取得できるようにする(Firefox

 PDF Anti-Copy

指定した PDF ファイルを、コピー&変換 できない仕様にコンバートしてくれるソフト

 Taskplay

各種メディアプレイヤーの動作を、タスクトレイ上から制御できるようにするソフト

 Windows 10 の ISO イメージを、MS のサイトから直接ダウンロードする方法

ブラウザの「開発者ツール」や拡張機能を使うことで、ISO イメージファイルを直接ダウンロード

 おすすめフリーソフト
 MicMute

マイク入力のON / OFF を、ホットキーで切り替えられるようにするソフト

 FileSearchy

高機能かつ高速なファイル検索ソフト

 Quick Startup

総合的なスタートアップアイテム管理ツール

 UltraUXThemePatcher

Windows OS 上で、非公式のVisual Style を利用できるようにするソフト

スポンサードリンク

pixia を紹介しているページです