Daum PotPlayer インストール

インストーラーを実行したら、中央のプルダウンメニューをクリック → 「日本語」を選択して下さい。


ウェルカム画面が表示されるので、右下の「次へ」ボタンをクリックします。


最初に、ライセンス契約書が表示されます。

内容を確認し、右下の「同意する」ボタンをクリックします。


次に、インストールするコンポーネントの選択画面が表示されます。

ここでは、ショートカットの作成、および、メディアファイルの関連付け設定を行うことができます。
(関連付けを行わない場合は、「何もしない」にチェックを入れておく)


続いて、外部ツールのインストールを促す画面が表示されます。

これらのソフトをインストールする必要はないので、下部にある「拒絶」ボタンをクリックします。


「インストール先を選んでください」という画面が表示されます。

通常は、そのまま「インストール」ボタンをクリックします。


インストールが実行されるので、しばらく待ちます。


インストールが完了したら外部コーデックのインストールを行うので、「追加コーデック(OpenCodec)をインストール」にチェックを入れておきます。
(「PotPlayer を実行」はどちらでも OK )

また、「H/W のデコーダとエンコーダを検出」にチェックを入れておくと、H.264 / AVC1、H.265 / HEVC などのエンコード / デコード を GPU で行えるようにもなります。


外部コーデックのライセンス承諾書が表示されます。


ここはそのまま「I Agree」ボタンをクリックします。


インストールするコーデックの選択画面が表示されます。

基本的には、一番上の「Core Files」にチェックが入っていれば OK です。
必要に応じて、

にチェックを入れることで、メディアファイルを各ライブラリでデコード / エンコード できるようにもなったりします。

「Core Files」のみをインストールした場合


すべてのコンポーネントをインストールした場合


「Core Files」のみをインストールした場合


すべてのコンポーネントをインストールした場合

↑ の「FFmpeg デコーダ(推奨)」は、「Core Files」に含まれるモジュールです。
(「FFmpeg Files」にチェックを入れていなくても、自動でインストールされます)


インストールフォルダ選択画面が表示されます。

ここはそのまま「Install」ボタンをクリックします。


少し待ち、「Comoleted」という画面が表示されたらインストールが完了です。


PotPlayer 紹介ページに戻る

スポンサードリンク

前のページに戻る
 おすすめフリーソフト