Daum PotPlayer インストール

インストーラーを実行したら、中央のプルダウンメニューをクリック → 「日本語」を選択して下さい。


インストールが完了したら外部コーデックのインストールを行うので、「追加コーデック(OpenCodec)をインストール」にチェックを入れておきます。
(「PotPlayer を実行」はどちらでもOK )


外部コーデックのライセンス承諾書が表示されます。

ここはそのまま「I Agree」ボタンをクリック。


インストールするコーデックの選択画面が表示されます。


基本的には、一番上の「Core Files」にチェックが入っていればOK です。
必要に応じて、

にチェックを入れることで、メディアファイルを各ライブラリでデコード / エンコード できるようにもなったりします。


↑ の「FFmpeg デコーダ(推奨)」は、「Core Files」に含まれるモジュールです。
(「FFmpeg Files」にチェックを入れていなくても、自動でインストールされます)





エンコード


↓ の「FFmpegMininum」は、「Core Files」に含まれるモジュールです。
(「FFmpeg Files」にチェックを入れていなくても、自動でインストールされます)


PotPlayer 紹介ページに戻る

スポンサード リンク

前のページに戻る
 おすすめフリーソフト
 Oracle VM VirtualBox

任意の OS を実行可能な “ 仮想PC ” を作成できる

 MPC-BE

高機能なマルチメディアプレイヤー

 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 Rainmeter

カスタマイズ性の高いリソースメーター