CPL Commander

CPL Commander の概要や使い方を紹介しています

CPL Commander を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

コントロールパネル内のオプションを、非表示にする!「CPL Commander」。

CPL Commander
制作者 batcmd.com
対応 XP/Vista/7/8

Download

● CPL Commander

“ コントロールパネル ” 内にあるオプションのうち、あまり使わないものを非表示化できるようにするソフト。
フォルダーオプション / デスクトップガジェット / ユーザーアカウント / 同期センター / 保護者による制限 / ホームグループ / インデックスのオプション / 資格情報マネージャー / コンピューターの簡単操作センター / 音声認識 / 電話とモデム / 地域と言語... 等々のオプションを、簡単な操作で隠せるようにしてくれます。
変更した内容をリセットする機能も付いています。

「CPL Commander」は、コントロールパネル内にある任意の項目を非表示にしてくれるソフトです。
コンピューターの簡単操作センター / デスクトップガジェット / ホームグループ / フォルダーオプション 等々、数あるコントロールパネルアイテムのうち、任意のものを簡単な操作で非表示化できるようにしてくれます。
非表示にするアイテムは個別に設定することができ、また変更した内容はいつでも元に戻すことが可能となっています。
(非表示 / 再表示 の際には、エクスプローラの再起動が行われる)

  • 普段、全く使わないオプションがある
  • 他人に触らせたくないオプションがある
... などという人におすすめ。

使い方は以下のとおりです。

  1. 「cplcommander.exe」を実行します。
  2. 非表示化を実行するとエクスプローラが再起動するのですが、正常に再起動しない場合があります。
    その時のために、一応タスクトレイ上で右クリックするなどして、「タスクマネージャー」を起動させておくとよいでしょう。
  3. 初回のみ、ライセンス同意書 が表示されるので「Accept」ボタンをクリックします。
  4. メイン画面 が表示されます。
    ここで、非表示にしたいアイテムのチェックを外し、右下の「Apply」ボタンをクリックします。
    オプションは英語で表示されますが、どれが何のオプションなのかは大体分かると思います...
    主なものとしては、次のようなものがあります。
    • RemoteApp and Desktop Connections
      RemoteApp とデスクトップ接続
    • Indexing Options
      インデックスのオプション
    • Ease of Access Center
      コンピューターの簡単操作センター
    • Desktop Gadgets
      デスクトップ ガジェット
    • Getting Started
      はじめに
    • HomeGroup
      ホームグループ
    • Location and Other Sensors
      位置センサーとその他のセンサー
    • Speech Recognition
      音声認識
    • Credential Manager
      資格情報マネージャー
    • Phone and Modem
      電話とモデム
    • Parental Control
      保護者による制限
    • Sync Center
      同期センター
  5. 「エクスプローラを再起動させます」というダイアログ が表示されるので、「はい」をクリックします。
  6. すると、エクスプローラの再起動が行われます。
    エクスプローラが正常に再起動しなかった場合は、開いておいたタスクマネージャーを前面に表示させ、メニューバー上の「ファイル」→「新しいタスクの実行」を選択し、
      explorer
    と入力して「OK」ボタンをクリックして下さい。
    タスクマネージャーを起動させていなかった場合は、 “「Ctrl」+「Alt」+「Delete」” キーを押し、タスクマネージャーを起動させて下さい。
  7. これで、チェックを外した項目が非表示になっています。
    非表示にした項目を元に戻す
  1. 「cplcommander.exe」を実行します。
  2. あとは、再表示させたい項目にチェックを入れ、右下の「Apply」ボタンを押すだけです。
    (「Reset」ボタンを押すことで、デフォルトの設定に戻すこともできる)

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
CPL Commander TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 GIMP

超高機能なペイントソフト

 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 Free Download Manager

高機能かつ使いやすいダウンローダー

 MiniTool Partition Wizard Free

パーティションをあれこれ操作できるソフト

 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 Avira Free Antivirus

常駐監視型のシンプルなアンチウイルス

 PDF 画像抽出ツール

指定した PDF ファイルの中に含まれる画像を、一括抽出してくれるソフト

 FreeMove

指定したインストールプログラムを、別のドライブ内に移せるようにするソフト

 FastWindowSwitcher

アプリケーションウインドウを、キー操作のみで選択(アクティブ化)できるようにするソフト

 Windows Mixed Reality PC Check

現在使用しているパソコンが、「Windows Mixed Reality」に対応しているかどうかをチェックしてくれる

 SystemInfo

一画面完結型のシンプルなシステムインフォメーションツール

 CursorLock

特定のウインドウが前面にある時、マウスカーソルが別ディスプレイへ出て行けないようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 FloatingButton

任意のホットキーと同じ動作をするボタンを、デスクトップ上に配置する

 Windows 10 DPI Fix

Windows 10 の “ 文字がぼやけて見える現象 ” を、解決してくれる

 recALL

各種アプリケーションに保存されているパスワードを、一覧表示

 Screenpresso

高度な画像編集機能を備えたスクリーンキャプチャーツール

スポンサードリンク

CPL Commander を紹介しているページです