Video Screenshot

Video Screenshot の概要や使い方を紹介しています

Video Screenshot を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

動画内の特定場面を、静止画 / 連番画像 / GIF アニメ に変換!「Video Screenshot」。

Video Screenshot

● Video Screenshot

各種動画ファイル内の特定場面を、静止画 / 連番画像 / GIF アニメ に変換してくれるソフト。
指定した動画内の特定場面を静止画としてキャプチャしたり、指定した場面以降のフレームを元に連番画像 / GIF アニメ を作成できるようにしてくれます。
連番画像や GIF アニメを作成する際は、出力画像の合計枚数、何秒置きに画像をキャプチャするか、画像一枚あたりの表示時間(GIF アニメ作成時)... 等々のオプションを指定することができます。

「Video Screenshot」は、動画を静止画 / 連番画像 / GIF アニメ に変換してくれるソフトです。
指定した動画内の特定場面を、静止画として一枚だけキャプチャしたり、指定した場面以降のフレームを元に

  • 連番画像
  • GIF アニメ
を作成できるようにするソフトで、お気に入りの動画を元に壁紙、動画紹介用GIF、ネタGIF などを手軽に作成できるようにしてくれます。
連番画像や GIF アニメを作成する際は、
  • (指定した場面から)何秒置きに画面をキャプチャするか
  • 合計で何枚の画像を出力するか
を指定することができ、GIF アニメを作成する際は
  • 画像一枚あたりの表示時間(単位はミリ秒)
  • ループアニメにするかどうか
といったオプションも指定できるようになっています。
対応している入力フォーマットは MP4 / AVI / FLV / MKV / 3GP / WMV / DivX / RM / RMVB / MOV / VOB などで、一般的に使われているものであれば大抵は読み込めるようです。

使い方は以下の通り。
このソフトを使用するには、「.Net Framework 4.0」以上をインストールしている必要があります。
(Windows 8 以降を使用している場合は不要)

  1. 「VideoScreenshot.exe」を実行します。

  2. キャプチャする場面を決める
  3. メイン画面が表示されます。
    Video Screenshot
    まず、画面左下にある「Open Video」ボタンをクリックし、画像や GIF アニメに変換する動画ファイルを選択します。
    動画を読み込めない時は、ファイルの種類を「All Files (*.*)」にしてから目的の動画を選択してください。
    ファイルの種類を「All Files (*.*)」にする
  4. 動画の再生が開始されるので、とりあえず 一時停止 ボタンを押して動画を停止させます。
    尚、動画再生時には音が鳴るので、必要であればホットキー
    • + - 音量を上げる
    • - - 音量を下げる
    • M - 音量ミュートのON / OFF
    を押すか、メニューバー上の「Playback」から
    • Increase Volume - 音量を上げる
    • Decrease Volume - 音量を下げる
    • Mute / Unmute - 音量ミュートのON / OFF
    を選択したりするとよいでしょう。
    「Playback」メニュー
  5. 画面下部のシークバーを使うなどして、画像や GIF アニメとして出力する場面の先頭地点を決めます※1
    ※1 キーボードの ← → キーを押すことで、フレームを進めたり戻したりすることも可能。
  6. 先頭地点を決めたら、画面右下にある「Take Screenshot」ボタンをクリックします。

  7. オプション設定
  8. 「Options」という画面が表示されます。
    Options
    指定した場面の静止画を一枚だけ撮りたい時は、一番上の欄で「Single Shot」を選択します。
    指定した場面以降のフレームを元に連番画像 / GIF アニメ を作成したい時は、「Continuous Shots」を選択し、
    • Shots Number - 画像の合計出力枚数
    • Interval - (指定した場面から)何秒置きに画像を取得するか
    を設定します。
  9. その下の「Size」欄で、出力画像の横 × 縦 サイズを指定します※2
    ※2 通常、動画の横 × 縦 サイズと同じサイズが、最初から入力されている。
    横幅は「Width」欄で指定し、高さは「Height」欄で指定します。
    画像の横縦比を維持したい時は、「Keep Aspect Ratio」にチェックを入れてから「Width」か「Height」のどちらか一方を指定します。
    (もう一方の値は、自動で入力されます)
  10. 画面中段の「Format」欄で、出力画像のフォーマットを選択します。
    GIF アニメとして出力する時は、「Animated GIF Image (only Continuous Shots)」を選択し、
    • Delay※3 - 画像一枚あたりの表示時間
    • Always Repeat - ループ再生にする
    といったオプションを設定します。
    ※3 単位はミリ秒。
    (1 秒 = 1000 ミリ秒)
  11. 一番下の「Output Folder」欄の右端にある「Browse」ボタンをクリックし、画像の出力先フォルダを選択します。
  12. すべての設定が完了したら、画面右下にある「OK」ボタンをクリックします。
  13. 画像のキャプチャ処理が開始されるので、しばらく待ちます。
  14. 少し待ち、「Screenshot is completed. Output file is ~ 」というダイアログが表示されたら処理完了です。
    Screenshot is completed. Output file is ~
    指定しておいたフォルダ内に、キャプチャされた画像が出力されています。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の動画変換ソフト
 XMedia Recode

非常に多くのフォーマットに対応した動画&音声ファイル変換ソフト

Video Screenshot TOPへ
 おすすめフリーソフト
 Oracle VM VirtualBox

任意の OS を実行可能な “ 仮想PC ” を作成できる

 Media Player Classic Homecinema

高機能なマルメディアプレイヤー

 CCCP

定番のコーデックパック

 VLC media player

多形式に対応したメディアプレイヤー

 MediBang Paint Pro

高機能かつ使いやすいイラスト&マンガ制作ソフト

 Lhaplus

シンプルで使いやすい圧縮・解凍ソフト

 PinClipBoard

よく使うテキスト / フォルダ / 画像 を “ ピン留め ” する機能を備えたクリップボード拡張ソフト

 Falcon10

タスクバー上にあるタスクバーボタンを、“ 中央寄せ ” して表示できるようにするソフト

 myResources

CPU / メモリ / ディスク / ネットワーク の使用率・使用量 を、リアルタイムに表示してくれるソフト

 SmartTaskbar

何らかのウインドウが最大化表示になった時に、タスクバーを自動で隠せるようにするソフト

 Soft Organizer

アプリケーションのインストール情報を、詳細に解析することができるアンインストールマネージャー

 Bluetooth Version finder

現在使用中のパソコンが、どのバージョンの Bluetooth に対応しているのかを調べてくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 Exact Audio Copy

高機能な音楽CD コピーツール

 ProduKey

Windows のプロダクトキーを、リストに一覧表示してくれるソフト

 KeePass Password Safe

高機能かつセキュアなパスワード管理ソフト

 Autorun Organizer

Windows のスタートアップを、最適化することができるソフト

スポンサードリンク

Video Screenshot を紹介しているページです