AdesClrPicker

AdesClrPicker の概要や使い方を紹介しています

AdesClrPicker を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

小さいけれど結構高機能なカラーピッカー!「AdesClrPicker」。

AdesClrPicker
制作者 Ades Design
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista

Download (ミラー)

● AdesClrPicker

コンパクトながらも強力なカラーピッカー。
画面内の任意の地点の色情報(カラーコード)を、HTML / RGB / Delphi / C++ / VB 形式で取得することができます。
取得した色情報を保存しておくことができる “ カラーライブラリ ” や、取得した色の色相 / 彩度 / 明るさ を調整し、新たな色を作成する機能 なども備えています。

「AdesClrPicker」は、コンパクトなカラーピッカーです。
画面内の任意の部分の色情報を、簡単な操作で取得することができます。
(色情報は、HTML / RGB / Delphi / C++ / VB 形式のカラーコードで取得することができる)
見た目は超シンプルながらも、色抽出時に使用するズームウインドウ※1 を色々とカスタマイズすることができたり、抽出した色情報を保存しておくことができる “ カラーライブラリ※2 ” などの機能も備えていたりして、中々実用性が高いです※1
※1 マウスカーソル直下の画面を拡大表示したウインドウ。
大きさや倍率を調整することができる。

※2 この “ カラーライブラリ ” 上では、取得した色のHue(色相)/ Saturation(彩度)/ Brightness(明度)を調整することもできる
Web デザインをする時や、画像を作成&編集する時など に役立つと思います。

使い方は以下の通り。

    準備
  1. 「AdesClrPicker.exe」を実行します。
  2. タスクトレイ上にアイコンが表示されるので、これを右クリック →「Settings」を選択します。
  3. 設定画面が表示されます。
    ここの「For activating / deactivating program」欄で、カラーピッカーを表示させる際のホットキーを設定します。
    (そのままでもOK)
  4. 次に、「For capturing color」欄で、実際に色抽出を行う際のホットキーを設定します。
  5. 続いて「Output」タブを開きます。
  6. まず、「Please select color output format」欄で、カラーコードをどのようなフォーマットで取得するのかを設定します。
    HTML コードで取得する場合は、下部の「Include " # " in the HTML code」にチェックを入れておくと、カラーコードを #000000 のような形式でコピーすることができます。
    (通常は " # " が付かない)
  7. 「Preview Pane」タブを開きます。
  8. Preview Pane Width and Height」欄で、キャプチャ時に使用するズームウインドウの大きさを設定します。
    スライダーを左にドラッグするほどズームウインドウは小さくなり、右にドラッグするほど大きくなります。
    値を調整したら、「Test Preview Pane」ボタンをクリックし、実際の大きさを確認してみるとよいでしょう。
    ちなみに、「Zoom Level」欄でズームウインドウの倍率を変更することができます。
    また、「Show grid」にチェックを入れておくと、ズームウインドウ内にグリッド線を表示させることができます。
    実際に使う
  1. 設定画面の「For activating / deactivating program」欄で設定したホットキーを押します。
  2. すると、画面が色抽出モードに切り替わります※3
    ※3 マウスカーソルがスポイト状になり、カーソル直下の画面を拡大表示したズームウインドウが表示される。
    そのまま、色の抽出を行いたい場所まで移動します。
  3. ズームウインドウ内にある照準を、キャプチャしたい部分に合わせます。
  4. 照準を合わせたら、(設定画面の)「For capturing color」欄で設定しておいたホットキーを押します。
  5. 色の取得が行われ、クリップボードにカラーコードがコピーされます。
    (取得したカラーコードは、ズームウインドウ下部にも表示されます※4
    ※4 カラーコードは、二段に渡って表示される。
    上段は、現在照準で示している部分のカラーコードで、下段は直前に取得したカラーコード。
  6. 設定画面の「For activating / deactivating program」欄で設定したホットキーを押すか、「Esc」キーを押し、色抽出モードを終了させます。
  7. Tips : コピーしたカラーコードは、タスクトレイアイコンの右クリックメニューにも、履歴として(直近10 件まで)表示されます。
    カラーライブラリ
  1. タスクトレイアイコンを右クリックし、「Color Library」を選択します。
  2. カラーライブラリが表示されます。
    まず、ツールバー上の Color Codes ボタンをクリックし、これから取得するカラーコードのフォーマットを選択しておきます。
  3. ツールバー上の「Add Color」ボタンをクリック。
  4. 画面がキャプチャモードに切り替わるので、そのまま色を取得していきます。
  5. 取得した色は、画面中央のリストに追加されます。
    色は基本的に何個でも保存しておくことができるので、どんどん取得していきます。
    尚、取得した色のカラーコードは、右クリック →「Copy to clipboard」を選択することで、クリップボードにコピーすることができます。
    (取得した色情報を削除したい場合は、該当の色情報上で右クリック →「Delete」を選択)
  6. 色の取得が一通り終わったら、右クリックして抽出モードを終了させます。
    そして、メニューバーの「File」→「Save as」から、データを任意のフォルダに保存します。
    以後、このファイルを読み込むことで、作成したカラーリストを復元できるようになります※5
    ※5 既存のカラーリストを変更したら、メニューバーの「File」から「Save」を選択し、ファイルを上書き保存しておきましょう。
  7. Tips : このカラーライブラリ上では、取得した色の
    • Hue - 色相
    • Saturation - 彩度
    • Brightness - 明るさ
    を変更できるようにもなっています※6
    ※6 任意の色を選択 → 右にあるパネル上で各種値を調整し、右下の「OK」ボタンを押す。
    さらに、メニューバーの「Export」→「Export as Image」から、リスト上の色情報を元にしたカラーコード表を作成することもできたりします。
    (カラーコード表は、一枚の画像ファイルとして出力される)

そのほか、各機能へのショートカットを登録した " フローティングパネル " も用意されています※7
※7 タスクトレイ上のアイコンを右クリック →「Floating Panel」を選択。
設定画面の「For displaying Floating Panel」欄で、パネルを呼び出すためのホットキーを設定することもできる。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
AdesClrPicker TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 お気に入りフリーソフト 2016

2016 年に紹介したフリーソフトを厳選して紹介

 foobar2000

カスタマイズ性の高いオーディオプレイヤー

 Mp3tag

高機能かつ使いやすいタグエディタ

 Rainmeter

カスタマイズ性の高いリソースメーター

 MediBang Paint Pro

高機能かつ使いやすいイラスト&マンガ制作ソフト

 VLC media player

多形式に対応したメディアプレイヤー

 EdgeDeflector

Cortana のウェブ検索結果を、Microsoft Edge ではなく既定のブラウザで開けるようにするソフト

 CompactGUI

指定したフォルダを、普通に使える状態のまま圧縮できるようにするソフト

 DateFix

JPEG ファイルの更新日時を、EXIF 情報内に記録されている “ 撮影日時 ” と合わせてくれるソフト

 IP-Info

使用しているパソコンのグローバル IP アドレス&プライベート IP アドレス を表示してくれるソフト

 Advanced System Font Changer

Windows のシステムフォントを、任意のものに変更できるようにするソフト

 CPUBalance

アプリの CPU バランスを自動で調整し、システムを安定した状態で稼働できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Rufus

各種OS のディスクイメージを元に、ブートUSB を高速作成

 FloatingButton

任意のホットキーと同じ動作をするボタンを、デスクトップ上に配置する

 Speccy

シンプルで使いやすいシステムインフォメーションツール

 LinuxLive USB Creator

Linux 系OS のライブUSB を作成

スポンサードリンク

AdesClrPicker を紹介しているページです