Imagine

Imagine の概要や使い方を紹介しています

Imagine を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

JPEG / PNG 画像を、画質劣化なしに圧縮することができる!「Imagine」。

Imagine
制作者 meowtec
対応 -

Download (Setup )

● Imagine

ドラッグ&ドロップで放り込んだ JPEG / PNG ファイルを、画質劣化なしに圧縮してくれるソフト。
目に見える程度の画質劣化を発生させることなく、JPEG / PNG 画像のファイルサイズを数パーセント ~ 数十パーセント軽減できるようにしてくれます。
複数の画像ファイルをまとめて圧縮する機能や、圧縮前後の内容をプレビュー表示する機能、画質と圧縮率のバランスを調整する機能... なども付いています。

「Imagine」は、シンプルで使いやすい画像圧縮ツールです。
mozjpeg / pngquant といった画像圧縮ツールのフロントエンドとなるソフトで、ドラッグ&ドロップで放り込んだ JPEG / PNG 画像を、画質劣化なしに圧縮できるようにしてくれます※1
※1 ロスレス(可逆)圧縮ではないが、人の目で判別できるほどの劣化は生じない。
(とは言え、画質を犠牲にしてファイルサイズを大幅に軽減することも可能)

処理の際には複数のファイルをまとめて圧縮することもでき、また保存する前にファイルの画質 / 圧縮率 のバランス調整を行うことも可能となっています。
普段、ブログ等に写真をアップする機会が多い人におすすめです。
ちなみに、クロスプラットフォームに対応しており、Windows 版のほかに macOS、Linux 版も用意されています。

使い方は以下のとおり。

  1. 「Imagine」を実行します※2
    ※2 インストーラーを実行すると、デスクトップ上に「Imagine」のショートカットが作成される。
    次回からは、そのショートカットを使ってを起動させるとよい。
  2. メイン画面が表示されます。
    Imagine
    ここに、圧縮したい JPEG / PNG ファイルをドラッグ&ドロップします。
    (ツールバー上の「Add」ボタンからファイルを選択しても同じ)
  3. 単一のファイルをドラッグ&ドロップした時は、該当ファイルのプレビュー画面が表示されます。
    Imagine
    ここでは、画面上部の「before」「after」ボタンを使って、プレビューの内容を圧縮前 / 圧縮後 のものに切り替えることができます。
    プレビューの内容を、圧縮前 / 後 のものに切り替えることも可能
    また、下部のスライダーをドラッグすることで、画質と圧縮率のバランス調整を行うことができます。
    スライダーを右にドラッグするほど高画質・低圧縮 になり、左にドラッグするほど低画質・高圧縮 になります。
    画質と圧縮率のバランス調整を行うこともできる
    画面右下にある数字の意味は、左から順に
    • 圧縮後のファイルサイズ
    • 圧縮前のファイルサイズ
    • 圧縮率
    を意味しています。
    尚、画面左側にある グラデーション 透明 白 などのボタンでプレビュー画面の背景色を、右下にある ウインドウサイズにフィット + - ボタンで画像のズームイン / アウト を行うこともできたりします※3
    ウインドウサイズにフィット ボタンは、“ ウインドウサイズにフィット ” の意味)
    ※3 ズームイン / アウト しても、画像が実際にリサイズされてしまうわけではない。
    (画質確認用の機能)

    複数のファイルをドラッグ&ドロップした時は、ドロップされたファイルがサムネイル一覧で表示されます。
    複数のファイルをまとめて処理することもできる
    各サムネイルの下部にあるスライダーをドラッグすることで、画質 / 圧縮率 のバランスを調整することができるほか、サムネイルをクリックすることで、個別画像のプレビュー画面を開くこともできたりします。
    (サムネイル一覧に戻る時は、右上の × を押す)
    個別画像のプレビュー画面
    各サムネイルの右上にある × を押すことにより、該当のファイルをリストから消去することも可能となっています。
    (ツールバー上の「Clear all」ボタンを押すことで、リストをクリアすることもできる)
  4. ファイルの品質設定等が終わったら、メニューバー上の「File」から「Save as」を選択し、ファイルの保存を行います。
    複数のファイルを処理している時は、ツールバー上の「Save」ボタンにマウスカーソルを合わせて、「Export to」からファイルの保存先フォルダを選択します※4
    「Save」ボタンのメニュー
    ※4 「Save with new name auto」を選択すると、元のファイルと同じフォルダ内に新しい名前で保存することができる。
    「Save and overwrite」を選択すると、ファイルを元のファイルに上書き保存することができる。

    複数のファイルを処理している時は、各サムネイルの左上にある ↓ にマウスカーソルを合わせて「Save as」を選択することにより、画像を個別に保存することもできたりします。
    画像を個別に保存することも可能

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Imagine TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 ImgBurn

高機能かつ多機能なライティングソフト

 XMedia Recode

多形式に対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 XRECODE3

多形式に対応したオーディオコンバーター

 AIMP

使いやすい音楽プレイヤー

 Microsoft Windows and Office ISO Download Tool

Windows & Office の ISO イメージファイル入手を支援

 Revo Uninstaller

ソフトを完全にアンインストールしてくれるソフト

 FastWindowSwitcher

アプリケーションウインドウを、キー操作のみで選択(アクティブ化)できるようにするソフト

 Windows Mixed Reality PC Check

現在使用しているパソコンが、「Windows Mixed Reality」に対応しているかどうかをチェックしてくれる

 SystemInfo

一画面完結型のシンプルなシステムインフォメーションツール

 CursorLock

特定のウインドウが前面にある時、マウスカーソルが別ディスプレイへ出て行けないようにするソフト

 Steam Mover

Steam でインストールしたゲームを、別のドライブ内に移せるようにするソフト

 Artweaver

アートな質感のブラシを多数揃えたペイント・お絵かきソフト

 おすすめフリーソフト
 Aria Maestosa

シンプルで使いやすいMIDI 作曲ソフト

 FloatingButton

任意のホットキーと同じ動作をするボタンを、デスクトップ上に配置する

 DisableWinTracking

Windows 10 の “ ユーザー情報追跡&収集機能 ” を、無効化してくれるソフト

 Quick Startup

総合的なスタートアップアイテム管理ツール

スポンサードリンク

Imagine を紹介しているページです。