Mp3tag

Mp3tag の概要や使い方を紹介しています

Mp3tag を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

高機能かつ使いやすいタグエディタ!「Mp3tag」。

Mp3tag
制作者 Florian Heidenreich
日本語ランゲージファイル 制作者 katgum
対応 XP/Vista/7/8/8.1/10

Download (安定版)
Download (ミラー)
Download (ベータ版)

● Mp3tag

高機能かつ使いやすいタグエディタ。
mp3 / wma / m4a / mp4 / m4b / aac / flac / ape / tta / wv / ogg / ofr / tak / asf / m4v / opus... といったファイルの “ タグ情報 ” を、手動 or 自動 で編集することができるタグ管理ツールです。
“ タグパネル ” を使い、各種情報を手動で編集する機能や、freedb / MusicBrainz のデータを利用し、タグを自動で編集する機能、タグを元にリネームを行う機能、プレイリスト作成機能 等々も付いています。

「Mp3tag」は、高機能なタグエディタです。
各種オーディオファイル&一部動画ファイル の “ タグ情報 ” を、手動 or 自動 で編集することができる... というマルチなタグ管理ツールです。
専用の “ タグパネル ” を使い、各種音声ファイルのタグを手動で編集したり※1freedb / MusicBrainz / Amazon.co.jp などのデータを利用し、タグを自動で編集したりすることができます。
( Amazon.co.jp の対応は暫定的)
※1 “ タグパネル ” 上では、選択したファイルの トラック名 / アーティスト名 / アルバム名 / リリース年 / トラックNo / ジャンル / アルバムカバー... 等を編集することができる。
対応しているフォーマットは、mp3 / mp2 / mp1 / wma / m4a / mp4 / m4b / aac / flac / flc / ape / tta / wv / mpc / mp+ / ogg / oga / ofr / ofs / spx / tak / opus 形式の音声ファイルと、asf / mp4 / m4v 形式の動画ファイル、そして m3u / m3u8 / cue / apl 形式のプレイリスト※2
※2 プレイリスト自体を編集する訳ではない。
プレイリストに登録されているファイルを、一気に読み込むことができる... ということ。
( cue シートを読み込んだ場合は、cue シートの内容が編集されることになるが)

タグ情報を元にファイルをリネームする機能や、読み込んだファイルを元にプレイリストを作成する機能、読み込んだファイルの情報をテキストファイルに書き出す機能 等々も付いていたりします。

基本的な操作の流れは、大体以下のような感じになります。

    ポータブルインストール
  1. 「Mp3tag」をポータブルアプリとして使いたい場合は、インストール途中の「Choose installation type」という画面で「Portable Installation」を選択 → 次に表示される画面で、ファイルの展開先フォルダを指定してください。
    Choose installation type
    展開先のフォルダを指定する

  2. Amazon.co.jp 用のプラグインを導入
    2017年7月現在、Amazon.co.jp からのデータ取得を行えなくなっているようです。
    こちらのブログに、楽天ブックスを利用した暫定的な対応方法が記載されています
  3. 「Mp3tag.exe」を実行します。
  4. メイン画面が表示されます。
    Mp3tag
    Amazon.co.jp 用のプラグインを導入するので、一旦「Mp3tag」を終了させます。
  5. 日本語化工房-KUP さんのページ にアクセスし、Amazon.co.jp 対応化ファイルを入手します。
  6. 解凍して出てきた
    • Amazon.co.jp.src
    • Cover Art#Amazon.co.jp.src
    の二つを、
      C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Roaming¥Mp3tag¥data¥sources
    内にコピーします。
    (このフォルダは、「Mp3tag」初回起動時に自動で生成されます)
    「Mp3tag」をポータブル版としてインストールした場合は、ファイルをインストールフォルダ内にある「 ~ data\sources」フォルダ内にコピーしてください
  7. 「Mp3tag.exe」を実行します。

  8. タグを手動で編集 編
  9. タグ編集を行いたいファイルやフォルダを、画面中央のリスト(ファイルビュー)にドラッグ&ドロップ。
  10. 編集したいファイルを選択 → 画面左の “ タグパネル ” 上で、各種情報を直接編集します。
    タグパネル
    (タグパネルがない場合は、メニューバー上の「表示」から「タグパネル」にチェック)
    このタグパネル上では、デフォルトで
    • タイトル
    • アーティスト
    • アルバム
    • トラック
    • ジャンル
    • コメント
    • アルバムアーティスト
    • Composer
    • ディスクナンバー
    • アルバムカバー
    といった情報を編集できるようになっています※3
    ※3 メニューバー上の「ツール」→「オプション」→「タグパネル」を開き、右上の フィールドを追加 ボタンをクリックすることで、タグパネル上に表示する情報(フィールド)を追加することもできる。
    オプション

    アルバムカバーに関しては、カバーパネル上で右クリック →「カバーを追加」を選択することで、手持ちのJPEG / PNG 画像を登録できるようになっています※4
    ※4 カバーパネル上で右クリック →「カバーの保存」を選択することにより、登録した画像をハードディスクに保存することもできる。
    また、タグパネルを使わずとも、ファイルビュー上で編集したい部分をゆっくりと 2 回※5 クリックすることにより、該当の部分を編集できたりもします。
    ※5 普通にダブルクリックすると、該当ファイル(の拡張子)に関連付けられているソフトが立ち上がってしまう。
  11. タグの編集が終わったら、メニューバー上の「ファイル」から「フィールドすべてを保存」を選択します。

    タグを自動で編集 編
  1. オンライン上のデータベースを利用し、タグ情報を一括編集することもできます※6
    ※6 利用できるデータベースは、freedb、Amazon.co.jp、MusicBrainz。
    (Amazon.co.jp を利用する場合は、事前にプラグインを導入する必要がある)
    アルバムアートを取得したい場合は、Amazon / MusicBrainz を利用する。
      Amazon / MusicBrainz を利用する
    1. タグ情報の取得を行いたいファイルを、画面中央のリストにドラッグ&ドロップ → そのまま選択状態にします(複数可)。
    2. メニューバー上にある「タグの取得」 から「Amazon.co.jp」などを選択。
    3. 「検索条件」というウインドウが表示されるので、アルバム名を入力 →「次へ」ボタンをクリックします。
      (もしくは、“ アーティスト名 アルバム名 ” を入力する)
      「検索条件」
    4. 「検索結果」というウインドウが表示されます※7
      「検索結果」
      ※7 入力した条件に一致するCD が一つしかなかった場合、このウインドウは表示されない。
      ここには、先ほど入力したアルバム名に一致するCD の情報が、
      • Artist - アーティスト名
      • Publisher - 出版社
      • Tracks - トラック数
      • Released - リリース年月日
      • Album - アルバム名
      といった情報ごとにカラム分けして表示されます。
      ( Discogs / MusicBrainz の場合、微妙に異なる)
      この中から取得したいデータを選択し、「次へ」ボタンをクリックします※8
      ※8 「プレビュー」ボタンをクリックすることにより、リンク先のページを既定のブラウザで開くこともできる。
    5. 選択したデータの詳細情報※9 が表示されます。
      選択したデータの詳細情報
      これを確認して「OK」ボタンをクリックします。
      ※9 アーティスト名 / アルバム名 / 年 / ジャンル / コメント / Publisher / トラック / タイトル / アルバムカバー。
      これらの情報を手動で変更してから「OK」ボタンを押してもよい。
      この画面の左下にある「Amazon.co.jp にあるアルバム」等のリンクをクリックすると、既定のブラウザでアルバム掲載ページを開くこともできたりする。
      freedb を利用する
      下記で紹介する「ウェブ検索から入力」機能では、邦楽CD のデータを取得できない模様。
      (「挿入された音楽CDから入力」「選択されたファイルから入力」ならOK )
    1. タグ情報の取得を行いたいファイルを、画面中央のリストにドラッグ&ドロップ → そのまま選択状態にします(複数可)。
    2. メニューバー上にある「タグの取得」から「freedb」を選択。
    3. 「freedb」というウインドウが表示されます。
      「freedb」
      各種選択項目の中から、「ウェブ検索から入力」を選択します※10
      ※10 「挿入された音楽CD から入力」「選択されたファイルから入力」「入力」のいずれかでもよい。
      「挿入された音楽CDから入力」は、挿入中のCD データを元にアルバムを検索する方法。
      「選択されたファイルから入力」は、選択されたファイルの数と再生時間を元に、アルバムを検索する方法。
      「入力」は、登録データのID を直接指定してアルバムを検索する方法。
    4. 「freedb ウェブ検索」というウインドウが表示されます。
      「freedb ウェブ検索」
      ここの「テキスト」欄に、検索対象とするアーティストの名前やアルバム名を入力します。
      通常は、ここに “ アーティスト名 / アルバム名 ” を入力し、下にある「検索条件」では「アーティスト」「アルバム」のみにチェックを入れればよいでしょう。
      必要な情報を入力し終えたら、「次へ」ボタンをクリックします。
    5. 「検索結果」というウインドウ が表示されます※7
      「検索結果」
      ここには、先ほど入力した情報に一致するCD のデータが、
      • ジャンル
      • アーティスト
      • アルバム
      • CDDB ID
      といった情報ごとにカラム分けして表示されます。
      この中から取得したいデータを選択し、「次へ」ボタンをクリックします※11
      ※11 「プレビュー」ボタンをクリックすることにより、該当データの情報をテキストファイルで確認することもできる。
    6. 選択したデータの詳細情報※12 が表示されるので、これを確認して「OK」ボタンをクリックします。
      ※12 アーティスト名 / アルバム名 / 西暦 / ジャンル / コメント / トラック / タイトル。
      これらの情報を手動で変更してから「OK」ボタンをクリックしてもよい。
  2. ファイル名を元にタグ情報を書き込む機能もあります。
    (メニューバー上の「変換」→「ファイル名(F)- タグ」から)
    ただし、これはファイル名に各種情報が登録されていないとあまり意味がないので、ここでは説明を省きます※13
    ※13 たとえば、「アーティスト名 - アルバム名 - トラック番号 - タイトル.mp3」というファイルがあったとして、このようなファイル名から「%artist% - %album% - %track% - %title%」という情報を抽出するというもの。
    (ファイル名に合わせて “ %artist% ” などの 変数 を入力 →「OK」を押す)
    タグを元にファイル名をリネーム
  1. タグ情報を元にして、ファイルをリネームすることもできます。
    この機能を使うと、ファイル名の中に アーティスト名 / アルバム名 / トラックNo... 等々の情報を一発で入れ込むことができます。
  2. まず、ファイルリスト上で、リネームしたいファイルを選択状態にします。
  3. メニューバー上の「変換」から「タグ(T)- ファイル名」を選択。
  4. 「タグ - テキストファイル(T) 」という画面が表示されます。
    「タグ - テキストファイル(T) 」
    ここの「文字列規則」欄で、リネーム後のファイル名を “ 変数 ” で指定します※14
    (変数を編集すると、リネーム後のファイル名がリアルタイムにプレビューされる)
    ※14 変数一覧は、右端の ボタンを押すことで 呼び出すことができる
    変数には、
    • %artist% - アーティスト名
    • %album% - アルバム名
    • $num(%track%,2)  - トラック番号
    • %title% - トラック名
    等のものがあり、例えばデフォルトの「%artist% - %album% - $num(%track%,2) - %title%」は、ファイルが「アーティスト名 - アルバム名 - トラックNo - タイトル名」といった形式でリネームされるということを意味しています。
  5. 変数を指定したら、下部の「OK」ボタンを押します。

尚、メイン画面上のカラムには、通常

  • ファイル名
  • パス
  • タグ
  • タイトル
  • アーティスト
  • アルバムアーティスト
  • アルバム
  • トラック
  • ディスクナンバー
  • ジャンル
  • コメント
  • コーデック
  • ビットレート
  • 周波数
  • 曲の長さ
  • 更新日時
といったものが表示されていますが、任意のカラム上で右クリック →「カラムのカスタマイズ」を選択することで、表示させるカラムを 変更できたりもします

その他、

  • “ 置換 ” を利用してファイル名やタグを編集する機能※15
  • 書き込むタグの種類を変更する機能※16
  • 選択したファイルを元にしてプレイリスト(.m3u / m3u8 )を作成する機能
  • 選択したファイルの情報を、テキストファイルに書き出す機能※17
  • 選択したファイルを、他のフォルダにコピー / 移動 させる機能
  • 選択したファイルのタグを削除する機能
なども付いています。
※15 メニューバー上の「アクション」→「アクション」から。
置換内容のプロファイルは、デフォルトでいくつか登録されている。

※16 「ツール」→「オプション」→「タグ」→「Mpeg」/「Ape,Mpc」から設定できる。
書き込むことができるタグは、ID3v1 / ID3v2.4 UTF-8 / ID3v2.3(UTF-16 / ISO-8859-1)/ APEv2。

※17 選択されたファイルの情報を、csv / html / rtf / sfv / txt にまとめることができる。
(メニューバー上の「ファイル」→「テキストファイルを出力」から)

ちなみに、ツールバー上の「×」ボタンは、

  • 選択したファイルを、リストから削除
ではなく、
  • 選択したファイルから、タグを削除
を意味しているので注意※18
※18 リストからファイルを削除するには、削除したいファイルを選択して右クリック → 下の方にある「ディスクから削除」を選択する。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のタグ編集ソフト
 mp3infp

ファイルの “ プロパティ ” 画面上で、メディアファイルのタグ編集を行えるようにするソフト

 TagScanner

高機能なタグエディタ

Mp3tag TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 CCCP

定番のコーデックパック

 Explzh

高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 Free Download Manager

高機能かつ使いやすいダウンローダー

 WinShot

多機能なスクリーンキャプチャーツール

 Lhaplus

シンプルで使いやすい圧縮・解凍ソフト

 AIMP

使いやすい音楽プレイヤー

 EdgeDeflector

Cortana のウェブ検索結果を、Microsoft Edge ではなく既定のブラウザで開けるようにするソフト

 CompactGUI

指定したフォルダを、普通に使える状態のまま圧縮できるようにするソフト

 DateFix

JPEG ファイルの更新日時を、EXIF 情報内に記録されている “ 撮影日時 ” と合わせてくれるソフト

 IP-Info

使用しているパソコンのグローバル IP アドレス&プライベート IP アドレス を表示してくれるソフト

 Advanced System Font Changer

Windows のシステムフォントを、任意のものに変更できるようにするソフト

 CPUBalance

アプリの CPU バランスを自動で調整し、システムを安定した状態で稼働できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 KillKeys

指定したキーを、無効化してくれるソフト

 Aria Maestosa

シンプルで使いやすいMIDI 作曲ソフト

 Malwarebytes Anti-Ransomware

ランサムウェアを、検出してブロックしてくれる

 NTFS Permissions Tools

ファイルやフォルダの “ アクセス許可 ” 設定カスタマイズツール

スポンサードリンク

Mp3tag を紹介しているページです