Foltid

Foltid の概要や使い方を紹介しています。

Foltid を紹介しているページです。
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

ダウンロードしたファイルを全自動で振り分け!「Foltid」。

Foltid
制作者 おのたつや
対応 2000/XP

Download (ミラー)

● Foltid

特定のフォルダを監視し、指定した条件に当てはまるファイルが保存されると、あらかじめ設定しておいた別のフォルダに移動・コピーしてくれるソフト。

たとえば、ダウンロード専用の「Download」というフォルダがあったとして、ここに画像ファイルを落とした場合は「Picture」というフォルダへ、動画ファイルを落とした場合は「Movie」というフォルダへ移動...というように、ファイルの種類によって落としたファイルを振り分けることができるというものです。
厳密には、振り分け条件はワイルドカードで指定することができるので、ファイルの種類に限らず、かなり幅広い条件で設定をすることが可能です。
ワイルドカードについては、同梱の「Readme.txt」に分かりやすく書いてあります。

使い方は、

  1. まず、「監視するフォルダ」(ダウンロード先フォルダなど)を、「ファイル監視フォルダ」ボタンから指定します。
  2. 次に、「ファイル条件」欄で、「どんなファイルが保存された時に振り分けを実行するか」をワイルドカードで指定します。
  3. 「振り分け先フォルダ」ボタンから、「どのフォルダへ振り分けるか」を決めます。
  4. 「アイテム編集」欄の「追加」をクリック。
  5. これでルール(条件設定)が一つ作成されました。
    他にもルールを作成したい場合は、上記手順を同じように繰り返します。
  6. ルールの作成が終わったら、「オプション」欄で、監視時間(振り分けを実行する間隔)を秒数で指定します。
  7. 最後に「監視停止」のチェックを外せば設定完了!
必要に応じて、ファイルを振り分ける際に「移動」ではなく「コピー」して振り分けることもできるので、バックアップソフトとしても使えると思います。
また、振り分け先フォルダに同名ファイルがあった場合は、リネームして振り分けるか、上書き保存して振り分けるかを設定することができます。

最小化するとタスクトレイに常駐するので、設定が済んだらタスクトレイに格納しておくといいと思います。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
このページのTOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Audacity

高機能なオーディオエディタ

 GeekUninstaller

アプリケーションを徹底的にアンインストール

 CCCP

定番のコーデックパック

 SpeedyFox

Firefox / Chrome / Thunderbird / Skype を高速化

 Windows Update MiniTool

Windows Update を手動で行えるようにするソフト

 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 FreeMove

指定したインストールプログラムを、別のドライブ内に移せるようにするソフト

 FastWindowSwitcher

アプリケーションウインドウを、キー操作のみで選択(アクティブ化)できるようにするソフト

 Windows Mixed Reality PC Check

現在使用しているパソコンが、「Windows Mixed Reality」に対応しているかどうかをチェックしてくれる

 SystemInfo

一画面完結型のシンプルなシステムインフォメーションツール

 CursorLock

特定のウインドウが前面にある時、マウスカーソルが別ディスプレイへ出て行けないようにするソフト

 Steam Mover

Steam でインストールしたゲームを、別のドライブ内に移せるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 GIF Viewer

素材画像抽出機能も備えたGIF アニメプレイヤー

 FileSearchy

高機能かつ高速なファイル検索ソフト

 SMPlayer

ほとんどのフォーマットに対応した高機能マルチメディアプレイヤー

 jPortable

USB 等で持ち運びも可能なポータブル版の Java 実行環境

スポンサードリンク

QMAIL3 を紹介しているページです