SideBarn

無料ソフト・フリーソフトの紹介サイトです

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

画面の端に格納しておくことができる物置「SideBarn」。

SideBarn

制作者 iDSoft
対応 98/2000/XP/Vista

Download

● SideBarn

画面の右端(または左端)に格納しておくことができる、スタートメニュー風なランチャー。
必要な時にサッと呼び出せて、用が済むと自動で隠れるシステム収納のようなソフトです。

「SideBarn」は、画面の端に格納しておくことができるランチャーです。
普段は画面の端に隠れていて、必要な時だけマウスオーバーやマウスクリックで素早く呼び出す
ことができます。
フォーカスを外すと自動で隠れるので、面倒な手間もかからないし、普段の操作の中で邪魔に
なることもありません。
操作は非常に簡単で、 “ 第2 のデスクトップ ” のようにして使うことができます。

「SideBarn.exe」を起動すると、画面右端に緑色の細いバーが現れます。
このバーにマウスカーソルを乗せると、「SideBarn」の本体が表示されます※1
※1 表示するつもりがないのに表示されてしまう場合などは、「バー上でクリックした時に表示」
するように設定することも可能。
また、バーは画面左に配置することもできる。

デフォルトでは中身は空ですが、ここにはファイルやフォルダを登録しておくことができます。
アイテムの登録方法は、「SideBarn」内の適当な領域に、ファイルやフォルダをドラッグ&ドロップ
するだけ※2
※2 本体を、「バー上でクリックした時に表示」するようにしている場合は、「SideBarn」の
タイトルバーをクリックし、一旦「常に最前面表示」状態にしてからやると楽。

登録したアイテムはアイコンで表示され、ダブルクリックすることでいつでも実行できるように
なります。
ちなみに、登録アイテムはドラッグ&ドロップで場所を入れ替えることができるほか、表示形式を
“ リスト一覧 ” に切り替えることも可能です。

尚、ファイルやフォルダを登録できる領域はデフォルトで4 つに分かれているので※3、アイテムは
ジャンルや用途ごとに分類して登録することができます。
※3 領域は、縦2 つ / 横2 つ / 1 つのみ にすることも可能。
さらに、領域のスプリッター(領域を分ける線)をドラッグすることにより、各領域の表示面積は
自由に変更することができます。
(本体の枠をドラッグすることで、全体の大きさを変更することもできる)

そのほか、
  • スプリッター
  • タイトルバー
  • 各領域の背景
の色を変更したり、全体を半透明表示にしたりする機能もあります。
(透過機能は、Windows 2000 以降のOS のみで有効)
トップユーティリティ総合ランチャー このページのTOPへ
スポンサード リンク
 PDF 画像抽出ツール

指定した PDF ファイルの中に含まれる画像を、一括抽出してくれるソフト

 FreeMove

指定したインストールプログラムを、別のドライブ内に移せるようにするソフト

 FastWindowSwitcher

アプリケーションウインドウを、キー操作のみで選択(アクティブ化)できるようにするソフト

 Windows Mixed Reality PC Check

現在使用しているパソコンが、「Windows Mixed Reality」に対応しているかどうかをチェックしてくれる

 SystemInfo

一画面完結型のシンプルなシステムインフォメーションツール

 CursorLock

特定のウインドウが前面にある時、マウスカーソルが別ディスプレイへ出て行けないようにするソフト

無料ソフトフリーソフト無料情報などを紹介しているサイトです。