Gestures for Chrome

Gestures for Chrome の概要や使い方を紹介しています

Gestures for Chrome を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

Chrome 上で、マウスジェスチャー / スーパードラッグ&ドロップ!「Gestures for Chrome」。

Gestures for Chrome

● Gestures for Chrome

Google Chrome 上で、マウスジェスチャー / スーパードラッグ&ドロップ を行えるようにする拡張機能。
マウスの右ボタンを押しながら特定の動作を行うことで、 戻る / 進む / タブを閉じる... 等々のコマンドを実行できるようにする “ マウスジェスチャー ” 、選択中のテキスト / リンク をドラッグ&ドロップすることで、各種コマンドを実行できるようにする “ スーパードラッグ&ドロップ ” を、Chrome 上で使えるようにします。
ホイールスクロールを滑らかにする “ スムーススクロール ” などの機能も付いています。

「Gestures for Chrome」は、Chrome 用のマウスジェスチャー / スーパードラッグ&ドロップアドオンです。
「Google Chrome」上で、 “ マウスジェスチャー ” や “ スーパードラッグ&ドロップ ” を行えるようにする拡張機能で、カスタマイズ性が高い&動作がビジュアル的で分かりやすい というところが最大の特徴。
ジェスチャー / スーパードラッグ 時には、マウスの軌跡や (動かした方向を表す) 矢印が表示されるため、思いのほか明確に使えるようになっています※1
※1 軌跡 / 矢印 は、非表示にすることも可能。
ジェスチャー / スーパードラッグアクション は新規に作成することもでき、また

    “ ジェスチャー (や、スーパードラッグ) である ” と認識させるまでの移動距離
も設定することができます。
さらに、 “ 右クリック + ホイール回転 ” でタブの移動を行えるようにする機能や、ホイールスクロールを滑らかにする “ スムーススクロール ” などの機能も付いています。

使い方 (というか設定方法) は以下の通り。

    設定画面を呼び出す
  1. 「Gestures for Chrome」をインストールします。
  2. ツールバー上の Google Chrome の設定 をクリック →「ツール」から「拡張機能」を選択します。
  3. 「拡張機能」画面が表示されます。
    ここで、「Gestures for Chrome」の欄内にある「オプション」というリンクをクリック。
  4. 「Gestures for Chrome」のオプション画面 が表示されます。
    基本操作の設定
  1. まず、「Basics」タブで、基本的な設定を行います。
    そのままでも問題ないとは思いますが、ここでは
    • マウスの軌跡を描画する (ジェスチャー、およびスーパードラッグ&ドロップ時)
    • 矢印を表示する (ジェスチャー、およびスーパードラッグ&ドロップ時)
    • スーパードラッグを有効にする
    • ジェスチャー失敗時に、コンテキストメニューを出さない
    • 最小の移動距離※2
    • マウスホイールを利用した各種機能を使う
    • 右クリックした状態でマウスホイールを回転させた時に、タブの切り替えを行う※3
    • スムーススクロールを利用する
    • スクロール時間 (秒)※4
    • マウスホイールを素早く回転させた時に、スクロール量を大きくする
    • 加速値
    といった設定を行えるようになっています。
    ※2 “ ジェスチャーである ” と認識させるまでの移動距離のこと。
    この値が小さいと、小さい動きでもマウスジェスチャーと見なされる。

    ※3 “ 右ボタンを押しながらホイール回転 ” させると、開いているタブの一覧が表示される。
    ※4 この値が大きいほど、スクロールは滑らかになる。
    マウスジェスチャーの設定
  1. マウスジェスチャーの設定は、「Actions」タブで行います。
    ジェスチャーアクションは、デフォルトで
    •    -   前のページへ戻る
    •    -   次のページへ進む
    •    -   新しいタブを開く
    • ↓ →   -   現在のタブを閉じる
    • ← ↑   -   左のタブへ移動
    • → ↑   -   右のタブへ移動
    • ← ↑ ←   -   左端のタブへ移動
    • → ↑→   -   右端のタブへ移動
    • ↑ ↓   -   ページの再読み込み
    • ↑ ↓ ↑   -   キャッシュを削除して再読み込み
    • ↑ ←   -   一つ上の階層に移動
    といったものが登録されていますが、アクションは新規に作成することも可能です。
    アクションの新規登録は、以下のような手順で行います。
    1. ページの一番上にある「add new gesture」ボタンをクリック。
    2. 画面が暗転し、「Please do mouse action」というテキストが表示されます。
      この状態でマウスの右ボタンを押しっぱなしにし、任意のジェスチャーを行います。
    3. マウスの動きに合わせて、軌跡&矢印 が表示されます。
      ジェスチャーが終わったら、「OK」ボタンをクリック。
    4. 新しいジェスチャーアクションが登録されました。
      新規登録されたジェスチャーには「アクションなし」が割り当てられているので、任意のアクションを割り当てておきます。
      選択できるアクション内容には、
      • 最初のページに戻る
      • 現在のタブ以外を閉じる
      • ページの一番上にスクロール
      • URL をコピー
      ... などがあります。
    尚、各アクションの右にある「Del」ボタンをクリックすると、該当のアクションを削除できたりします。
    スーパードラッグ&ドロップの設定
  1. スーパードラッグ&ドロップの設定は、「Drag Actions」タブ で行います。
  2. スーパードラッグ&ドロップには、
    • リンクをドラッグ&ドロップ
    • テキストを選択 → ドラッグ&ドロップ
    の二種類があります。
    「for link」欄に表示されているものが “ リンクをドラッグ&ドロップ ” した時のドラッグアクションで、「for text」欄に表示されているものが “ 選択中のテキストを、ドラッグ&ドロップ ” した時のドラッグアクションです。
    デフォルトでいくつかのドラッグアクションが登録されていますが、これらのアクション内容は変更できるようになっています。
    ドラッグアクションを新規に登録する際は、下記のような操作を行います。
    1. 「for link」or「for text」欄の一番上にある「add new gesture」ボタンをクリック。
    2. 画面が暗転し、「Please do mouse action」というテキストが表示されます。
      「for link」上の「add new gesture」ボタンを押した時は「drag this link」というテキストが、「for text」上の「add new gesture」ボタンを押した時は「drag this text」というテキストが表示されます。
      これを任意の方向へとドラッグさせます。
    3. マウスの動きに合わせて、軌跡&矢印 が表示されます。
      ドラッグアクションが終わったら、「OK」ボタンをクリック。
    4. 新しいアクションが登録されました。
      新規に登録されたドラッグアクションには「アクションなし」が割り当てられているので、任意のアクションを割り当てておきます。
      選択できるアクション内容には、
      • URL をコピー
      • ○○(検索エンジン)で検索
      • テキストをコピー
      ... などがあります。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Gestures for Chrome TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 えこでこツール

各種動画ファイルから、音声を抽出する

 GeekUninstaller

アプリケーションを徹底的にアンインストール

 Macrium Reflect Free Edition

指定したドライブを、丸ごと完全にバックアップ

 Recuva

高機能なファイル復元ソフト

 Windows DVD メーカー

超簡単に使えるDVD 変換ソフト

 Caesium

画像を綺麗に圧縮できるソフト

 Select like a Boss

リンクテキスト内の文字列を、普通に選択できるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 AnyDesk

シンプルかつ高速なリモートデスクトップツール

 GIF Viewer

素材画像抽出機能も備えたGIF アニメプレイヤー

 SMPlayer

ほとんどのフォーマットに対応した高機能マルチメディアプレイヤー

 Win Updates Disabler

Windows Updates の有効化 / 無効化 を、手軽に切り替えられるようにする

スポンサードリンク

Gestures for Chrome を紹介しているページです