NitroShare

NitroShare の概要や使い方を紹介しています

NitroShare を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

LAN 内で使えるシンプルなファイル共有ソフト!「NitroShare」。

NitroShare
制作者 Nathan Osman
対応 XP/Vista/7/8/10

Download ( Win32 / Win64 )

● NitroShare

LAN 内にあるパソコンと、ファイルを手軽にやり取りできるようにするソフト。
タスクトレイアイコンの右クリックメニュー、および「Share Box」というフローティングウインドウへのドラッグ&ドロップ操作 により、ファイルを手軽にLAN 内のパソコンへ送れるようにしてくれます。
複数のファイルをまとめて送ることも可能となっています。

「NitroShare」は、LAN 内で使えるシンプルなファイル共有ソフトです。

といった操作により、LAN 内にある任意のパソコンにファイルを送信できるようにしてくれます※1
※1 ファイルの受信を行う側も、「NitroShare」をインストールしている必要がある。
基本的に、“ ファイル共有を行うローカルエリアネットワークを指定するだけ ” で準備は完了するため、面倒な設定は一切不要となっています。
(ユーザーの追加等は、自動で行われる)
また、Mac / Linux でも動作するようなので、OS を超えてのファイル共有が可能になります。
ちなみに、ファイルの受信機能を無効化させ、単なるファイル送信ソフトとしても使えたりします。

使い方は以下のとおり。

  1. 「nitroshare.exe」を実行します。

  2. 初期設定
  3. インストールが完了すると、最初に 「NitroShare Wizard」という画面 が表示されます。
    このウィザードを使って初期設定を行ってもOK ですが、このページでは自分で設定を行う方法を紹介します。
    という訳で、「I will configure NitroShare myself」を選択し、右下の「Next」ボタンをクリック → 次の画面 でそのまま「Finish」ボタンをクリックします。
  4. タスクトレイ上にアイコンが表示されるので、これを右クリック →「Settings」を選択。
  5. 設定画面 が表示されます。
    最初に一番上の「Machine name」欄で、NitroShare ネットワーク内で使用する自分のPC 名を、「Directory to store received files in」欄で、受け取ったファイルの保存先フォルダを指定します。
  6. タスクトレイアイコンのスキンを変更したい場合は、「Appearance」タブ を開き、変更先のスキンを選択しておきます。
  7. 続いて 「Notifications」タブ を開きます。
    ここで、通知(バルーンチップ)に関する設定を行います。
    (必要な場合のみ)
    行える設定には、次のようなものがあります。
    • A new PC runnung NitroShare joins the network
      新しいユーザーがNitroShare ネットワークに参加した時に、バルーンチップを表示する
    • A PC runnung NitroShare leaves the network
      NitroShare ネットワークから誰かが退出した時に、バルーンチップを表示する
    • Files are received
      ファイルをダウンロードした時に、バルーンチップを表示する
    • An error occurs
      エラー発生時に、バルーンチップを表示する
  8. 次に 「Security」タブ を開きます。
    ここでは、ファイルの受信に関する設定を行えるようになっています。
    設定できるオプションには、下記のようなものがあります。
    • Automatically accept all files
      全てのファイルを、確認なしでダウンロードする
    • Accept files that match the regular expression below
      指定した条件(正規表現)に一致するファイルのみ、確認なしでダウンロードする
    • Always prompt before accepting files
      送られてきたファイルの名前&サイズ を、ダウンロード前に確認する
    • Do not accept any files
      ファイルの受信を行わない
  9. 最後に 「Network」タブ を開きます。
    ここでは、一番上の「Network interface」欄で、ファイルの送受信を行うLAN を選択すればOK。
    (自分のIP アドレスを知りたい時は、「i-pi」 などのツールを使うとよい)

  10. 実際に使う - ファイルを送る
  11. タスクトレイアイコンを右クリック →「Send Files To」から、送信先のユーザーを選択 → 「ファイルを開く」ダイアログが表示されるので、目的とするファイルを選択すればOK です。
    (複数可)
    トレイアイコンを右クリック →「Send Directory To」→ 送信先のユーザーを選択 することで、フォルダを送ることも可能となっています。
  12. もしくは、「Share Box※2 にファイルやフォルダをドラッグ&ドロップ → 送信先として指定可能なユーザーが 一覧表示 されるので、その中から目的のユーザーを選択 → 右下の「OK」ボタンをクリックしてもOK です。
    ※2 「Share Box」は、他のウインドウの前面に表示されたりはしないので注意。

  13. 実際に使う - ファイルを受け取る
    設定画面の 「Security」タブ で「Always prompt before accepting files」にチェックを入れていた場合のみ。
  14. 誰かからファイルが送られてくると、「Accept Files」というダイアログ が表示されます※3
    (フォルダが送られてきた時は、フォルダ内のファイルが一覧表示される)
    ※3 送信者の名前は、このダイアログの左上で確認することができる。
    ダイアログ内に表示されているファイルを受け取る場合は、右下の「Yes」ボタンをクリックし、ファイルを受け取らない場合は「No」ボタンをクリックします。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
NitroShare TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 TrueCrypt

秘密のファイルを、徹底的に隠せるソフト

 Orchis

シンプルで使いやすいランチャー

 えこでこツール

各種動画ファイルから、音声を抽出する

 Revo Uninstaller

ソフトを完全にアンインストールしてくれるソフト

 Recuva

高機能なファイル復元ソフト

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Free Hide Folder

シンプルなフォルダ隠蔽ツール

 Aria Maestosa

シンプルで使いやすいMIDI 作曲ソフト

 System Explorer

高機能なシステム監視ソフト

 Fy Memo ~お手軽付箋メモ~

超シンプルで使いやすい付箋ツール

スポンサードリンク

NitroShare を紹介しているページです。