Restart on Crash

Restart on Crash の概要や使い方を紹介しています

Restart on Crash を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

指定したアプリケーションがフリーズしたら、自動で再起動させる!「Restart on Crash」。

Restart on Crash
制作者 Janis Elsts
対応 NT/2000/XP/Vista/7

Download

● Restart on Crash

応答しなくなったアプリケーションを、自動で強制終了&再起動 させられるようにするソフト。
あらかじめ指定しておいたアプリケーションが、フリーズ、あるいは勝手に終了 してしまった時に、自動で(該当のアプリを) 強制終了 / 再起動 させられるようにしてくれます。
プロセスを再起動させる代わりに、特定のコマンドを実行する機能 も付いています。

「Restart on Crash」は、プロセスのハングアップ監視ツールです。
事前に指定しておいたアプリケーションが、ハングアップ or 謎のエラーで終了 してしまった時に、自動で(ハングアップ中であれば)強制終了&(必要であれば)再起動 できるようにする.. という特殊なプロセス監視ツールです。
監視するアプリケーションは複数指定することができ、またどの程度※2 で “ ハングアップ状態である ” と見なすのかも設定できるようになっています。
※2 応答なしの状態が、指定した秒数間だけ続いた時に “ ハングアップ状態である ” と認識させることができる。
(ハングアップ認定までの秒数は、アプリケーションごとに指定することができる)

動作が不安定なソフトを使っている人や、常に起動させておきたいソフトがある.. という人などにおすすめ。

使い方は以下のとおりです。

  1. 「RestartOnCrash.exe」を実行します。
  2. ツールバー上の「Add」ボタンをクリック。
  3. 「Add New Application」という画面 が表示されます。
    最初に、右上の「Select a file...」ボタンをクリックし、ハングアップしやすいアプリ、または、常に起動していてもらいたいアプリケーションを選択します。
    目的とするアプリが起動中である場合は、「Select a running application...」ボタンをクリックし、該当のプロセスを選択(ダブルクリック)してもOK です。
  4. 中段の「Assume it has crashed or hanged when」欄で、どのような時に “ ハングアップした ” と見なすのかを設定します。
    ここでは、
    • It's not responding to Windows messages - 応答しなくなった時
    • It isn't running - 起動していない時
    といったオプションを指定できるようになっています。
    (両方指定してもOK)
    尚、応答なし / 起動していない 状態を検知した後、すぐに強制終了 / 再起動 といったアクションを実行させたくない場合は、「Wait ○○ seconds and double-check」にチェックを入れ、○○ の部分に(応答なし / 起動していない 状態を検知してから) “ ハングアップ状態である ” と見なすまでの時間(秒数)を入力しておきます※3
    ※3 アプリが 2 ~ 3 秒応答しなくなることは結構あるので、いくらか余裕を持たせておいた方がよいかも?
  5. 一番下の「After a crash」欄で、ハングアップ認定したらどのようなアクションを実行するのか設定します。
    ここでは、
    • Kill the process (if still running) - (ハングアップ中であるなら、)プロセスを強制終了する
    • Execute a command - 特定のコマンドを実行する※4
    といったオプションを指定することができます。
    (両方指定してもOK)
    ※4 デフォルトでは、選択中のアプリケーションパスが入力されている。
    “ 強制終了 + アプリケーションの実行 ” が、実質的に「再起動」ということになる。
  6. 右下の「OK」ボタンをクリックし、設定画面を閉じます。
  7. 監視したいアプリケーションが他にもある場合は、同じようにして登録処理を行います。
    逆に、登録したアプリを監視対象から外したくなったら、該当アプリを選択 → ツールバー上の「Delete」ボタンをクリックします。
    (一時的に監視から外したいだけの場合は、チェックを外すだけでよい)
    登録情報を編集したくなったら、(リスト上の) 該当アプリをダブルクリックします。
  8. アプリケーションを登録し終わったら、「Restart on Crash」のウインドウは最小化させておきます。
    (タスクトレイに最小化されます)
  9. これで、指定しておいたアプリケーションがフリーズした時 / 強制終了した時 に、設定しておいたアクションが行われるようになります。

ちなみに、強制終了 / 再起動 が行われてから 1 分間は、同じアプリケーションを監視しないように設定されています。
(無限ループを防ぐため)
もし、この “ 監視しない時間 ” を調整したい場合は、次のような操作を行います。

  1. タスクトレイ上の「Restart on Crash」をクリック。
  2. メイン画面が表示されます。
    そのまま、ツールバー上の「Settings」ボタンをクリック。
  3. 下の「Grace period」欄で、 “ 処理実行 → 監視再開 ” までの待ち時間を指定します。
    (単位は秒)
  4. 後は、画面下部の「OK」ボタンをクリックすればOK です。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Restart on Crash TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 SoundEngine

高機能かつ使いやすい波形編集ソフト

 えこでこツール

各種動画ファイルから、音声を抽出する

 CCCP

定番のコーデックパック

 LosslessCut

動画や音声ファイルを、無劣化で高速にカット編集

 IrfanView

多機能なマルチメディアビューア

 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 Tab Revolution

全画面表示の際に、マウスオーバーでタブバー&アドレスバー を表示できるようにする Chrome 拡張

 TC4Shell

アーカイブ / イメージファイル / 実行ファイル 等を、フォルダのような感覚で開けるようにする

 Twitter自動画像拡大フィルタ

Twitter の画像を、ブラウザの横幅や高さに合わせて拡大表示できるようにする Chrome & Firefox 拡張

 Video Clip QuickTool

各種動画ファイルを、カット / リサイズ / クロップ / 回転 / 反転 / 音量調整 することができる

 Paste As File

クリップボード内のテキストや画像を、右クリックメニューからファイルとして保存可能にする

 ImgDrive

イメージファイルを読み込み可能な “ 仮想ドライブ ” を、最大で 7 個まで作成できるようにする

 おすすめフリーソフト
 MicMute

マイク入力のON / OFF を、ホットキーで切り替えられるようにするソフト

 Rufus

各種OS のディスクイメージを元に、ブートUSB を高速作成

 LonelyScreen

iPhone / iPad の画面の内容を、パソコン上にミラーリング表示させるソフト

 YUMI

複数のブートイメージが収納された “ マルチブート ” なライブUSB を作成

スポンサードリンク

Restart on Crash を紹介しているページです