Pixlr Editor

Pixlr Editor の概要や使い方を紹介しています

Pixlr Editor を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

本格的な機能を備えた、オンライン上のペイント・レタッチツール!「Pixlr Editor」。

Pixlr Editor

● Pixlr Editor

オンライン上で動作するペイント・レタッチツール。
Web ブラウザを介して操作できるペイントツールで、実用的かつ本格的な機能を多数揃えています。
画像の回転 / 反転、トリミング、リサイズ、色調 / 明るさ補正 といった画像処理機能に加え、種類の豊富なペイントブラシ、タイプを 4 つの中から選べる鉛筆ツール、レイヤー、ぼかし / シャープ / ノイズ除去 などのフィルタ効果、クローンスタンプ、修正ブラシ、魔法の杖、文字入力... 等々の機能が付いています。

「Pixlr Editor」は、Web ブラウザを使って操作することのできるペイント・レタッチツールです。
Paint.NET」 風なインターフェースを持ったオンライン上のグラフィックツールで、手持ちの画像を編集&加工 したり、画像を新規に作成したりすることができます。
オンライン上のサービスというと簡易的なイメージがありますが、この「Pixlr Editor」はかなり本格的で、たとえば レイヤー、レイヤーマスク、色調補正、各種フィルタ効果、クローンスタンプ、修正ツール、魔法の杖、回転 / 反転、トリミング、リサイズ... 等々、一般的に必要と思える機能は大体備えています。
また、使えるブラシの種類も豊富で、並みのペイントソフトを遥かに超える力量を持っていると言っても過言ではないでしょう。
対応しているフォーマットは、入力が jpg / gif / png / bmp / psd / pxd で、出力が jpg / png / bmp / tiff / pxd。
Web 上の画像(URL)を直接読み込むこともできるほか、作成した画像をアップローダー( imm.io )/ Flickr / Picasa にアップロードすることもできたりします※1
※1 Picasa 等にアップロードする場合、あらかじめ「Pixlr」のアカウントを作成しておく必要がある。
(エディタの右上にある「サインアップ」というリンクをクリックし、アカウントの作成を行う)

この「Pixlr Editor」では、以下のようなツールを使って絵を描いていくことができます。

  • 切り抜きツール - 切り抜きツール
  • 領域選択ツール - 領域選択ツール※2
  • 魔法の杖 - 魔法の杖※3
  • 鉛筆 - 鉛筆※4
  • 消しゴムツール - 消しゴムツール※5
  • グラデーション - グラデーション※6
  • 色置き換えツール - 色置き換えツール
  • 消しゴム(ドット) - ぼかしツール※7
  • 消しゴム(ペン) - 指先ツール※7
  • 消しゴム(ブラシ) - 覆い焼きツール※8
  • ぼかし - 赤目低減ツール
  • 指先 - 膨張ツール※9
  • 覆い焼き - カラーピッカー
  • 焼き込み - ハンドツール
  • 移動ツール - 選択領域を移動させるツール
  • 領域選択ツール(投げ縄) - 領域選択ツール(投げ縄)※10

  • ブラシツール - ブラシツール※11
  • バケツツール - バケツ (塗り潰し) ツール※12
  • クローンスタンプ - クローンスタンプ※13
  • 描画ツール - 図形描画ツール※14
  • シャープツール - シャープツール※7
  • スポンジツール - スポンジツール※15
  • 焼きこみツール - 焼きこみツール※16
  • 修正ツール - 修正ツール※17
  • つまみツール - つまみツール※9
  • 文字入力ツール - 文字入力ツール※18
  • 拡大ツール - 拡大ツール

※2 形状を、矩形 / 楕円 のどちらかにすることができる。
「フェザー」の値を大きくすると、領域判定がやや甘くなる模様。
(また、選択領域に対して「ぼかし」風の効果がかかるようになる)

※3 クリックした地点と同系色の色領域を、一発で選択状態にする機能。
「公差」の値を調整することで、 “ 同系色 ” と見なす基準を調整することができる。

※4 ペンのタイプを、Plain / Sketchy / Trail / Shaded / Sticky / Ink の中から選べたりする。
サイズ / 透明度 / 量 を調整することも可能。

※5 形状 / サイズ / ブラシ間隔(空間)/ 硬さ / 透明度 を調整することができる。
※6 透明度 / グラデーションパターン / タイプ / 伸長方法 / モード を調整することができる。
※7 形状 / サイズ / ブラシ間隔(空間)/ 硬さ / 強度 を調整することができる。
※8 ブラシした部分の明るさを変更する(明るくする)ツール。
形状 / サイズ / ブラシ間隔(空間)/ 硬さ / 範囲 / 露光 を調整することができる。

※9 サイズ / 強度 を調整することができる。
※10 多角形型にすることもできる。
※11 形状 / サイズ / ブラシ間隔(空間)/ 硬さ / 透明度 を調整することができる。
塗り方を、Hard tip / 散布 / 拡散 にすることも可能。

※12 透明度 / 公差 を調整することができる。
公差が小さい場合、クリックした地点と同系色の色領域のみが塗りつぶされるようになる。

※13 指定した部分にある物体の “ クローン ” を描画するブラシ。
最初に「Ctrl」キーを押しながらクローン元の物体をクリックし、それからクローン先の場所をドラッグして描画を行う。

※14 矩形 / 角丸矩形 / 楕円 / 直線 を描画することができる。
透明度、合成モード、ボーダーサイズ、塗り潰しのON / OFF といったオプションを指定することができる。

※15 形状 / サイズ / ブラシ間隔(空間)/ 硬さ / 描画モード / 強度 を調整することができる。
描画モードの「飽和化」は、「彩度を上げる」の意味で、「不飽和化」は「彩度を下げる」の意味。

※16 描画した部分の明るさを変更する(暗くする)ツール。
形状 / サイズ / ブラシ間隔(空間)/ 硬さ / 範囲 / 露光 を調整することができる。

※17 描画した部分にある物体を、周囲と馴染ませて見えなくするような感じのツール。
サイズを調整することができる。

※18 フォント / サイズ / スタイル / 色 を調整することができる。
尚、各ツールのオプションは、ツールバー上から設定できるようになっています※19
※19 ツールバーがない場合は、メニューバー上の「ビュー」から「ツールオプション」をクリック。
ブラシの形状 / サイズ / 間隔 / 硬さ を変更したい時は、ツールバー上の をクリック → 変更先のブラシを 選択したり、適宜オプション設定を行ったり すればOK※20
※20 をクリック → 右上の「もっと」ボタンをクリックすると、さらなるブラシを追加できるようになる。
ブラシ一覧 が表示されるので、追加したいブラシを選択 → 右下の「追加」ボタンをクリックする)

さらに、アンドゥ / リドゥ、選択領域のカット / コピー / ペースト / 消去 といった基本機能や、色調 / 彩度 / カラーバランス / レベル / 明るさ / コントラスト / トーンカーブ / 露光 を調整する機能、階調反転、セピア化、ソラリゼーション、不飽和化(グレースケール化)、古い写真化、クロスプロセス、二値化(しきい値)、ポスタライズ、カラールックアップテーブル(色検索)といった機能も利用することができます。
(いずれも、パラメータ変更後の内容をプレビューしながら処理することができる)

ちなみに、レイヤーに関しては、個々に透明度 / 合成モード※21 / スタイル※22 を調整できるようになっています。
※21 合成モードは、14 種類の中から選ぶことができる。
※22 ドロップシャドウ / インナーシャドウ / ベベル / アウターグロー / インナーグロー といった効果を付加することができる。
加えて、レイヤー内の特定領域にしか描画できないようにする “ レイヤーマスク ” という機能も使うことができます※23
※23 この機能を利用する時は、レイヤーパネルの下部にある レイヤーマスクを追加 をクリックする。
(背景レイヤーには、レイヤーマスクを追加することはできない)
すると、レイヤー内にもう一枚レイヤー ( レイヤー ) が作成されるので、これをクリックする。
その後、キャンバス上で目的の領域をブラシする → レイヤーパネル内で、マスクではない方のレイヤーを選択すると、先程ブラシした領域にしか描画できなくなっている。
操作が終わったら、レイヤー上で右クリック →「レイヤーマスクを適用」を選択する。

その他、選択した領域 or 画像全体 に、下記のようなフィルタをかけることもできたりします。

  • ぼかし
  • ボックスぼかし
  • ガウシアンぼかし
  • シャープ
  • アンシャープマスク
  • ノイズ除去
  • ノイズ付加
  • 拡散
  • スキャンライン
  • ハーフトーン
  • ピクセレート (モザイク)
  • ポインティナイズ
  • 渦巻き
  • 極座標
  • 万華鏡
  • チルトシフト
  • ビネット (口径食)
  • パステル
  • グラマーグロー
  • 疑似HDR
  • ホープ
  • アートポスター
  • ヒートマップ
  • 三重トーン
  • Night Vision (暗視装置)
  • エンボス
  • 刻む
  • 輪郭抽出

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のペイントソフト・お絵かきソフト
 GIMP

超高機能なペイントソフト

 MediBang Paint Pro

高機能でありながらも使いやすいイラスト&マンガ制作ソフト

 Paint.NET

シンプルでありながらも高性能なペイントソフト

このサービスを利用するには、「Adobe Flash Player」 をインストールしている必要があります。

 同作者による画像加工サービス
Pixlr-o-matic
Pixlr Editor TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Oracle VM VirtualBox

任意の OS を実行可能な “ 仮想PC ” を作成できる

 Mp3tag

高機能かつ使いやすいタグエディタ

 WinToFlash Lite

Windows のインストールディスク / イメージ を元に、ブートUSB を作成

 LosslessCut

動画や音声ファイルを、無劣化で高速にカット編集

 Domino

高機能かつ使いやすい作曲ソフト

 MiniTool Partition Wizard Free

パーティションをあれこれ操作できるソフト

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 Video Screenshot

各種動画ファイル内の特定場面を、静止画 / 連番画像 / GIF アニメ に変換してくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 Leeyes

画像の “ 見開き表示 ” にも対応したエクスプローラ風画像ビューア

 MultiWS

スムーズな操作感と、高い柔軟性を備えた仮想デスクトップマネージャー

 Clean Uninstall

アドオンを完全にアンインストールできるようにするFirefox アドオン

 DAEMON Tools Lite

各種イメージファイルを、ドライブとして扱えるようにするソフト

スポンサードリンク

Pixlr Editor を紹介しているページです