Ctrlえーぷらぷら

Ctrlえーぷらぷら の概要や使い方を紹介しています。

Ctrlえーぷらぷら を紹介しているページです。
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

反転表示したら違う画像が!「Ctrlえーぷらぷら」。

Ctrlえーぷらぷら
制作者 takeL
対応 98/Me/2000/XP

Download

● Ctrlえーぷらぷら

選択状態(反転時)の画像が、通常時とは別のものになる画像を作成することができるソフト※1
2 枚の異なる画像を多重化することにより、トリックのような画像を作成することができます。
※1 ただし、この反転表示が有効になるのは、IE で表示した時のみ。

「Ctrlえーぷらぷら」は、反転時※2 に通常時とは異なった表示になる画像を作成することができるソフトです。
※2 マウスでドラッグしたり、「Ctrl」+「A」を押した時など。
遊び感覚やサイトのアクセントにはもちろんのこと、ちょっとした暗号を表示する際などにも使えると思います。
読み込みに対応しているフォーマットはdib、png、jpg、bmp、ico、emf、wmf※3 で、出力できるファイル形式はbmp、png、gif です。
※3 bmp 以外のフォーマットの場合、うまく作成できない場合もある。

基本的な使い方は以下の通り。

  1. 「画像(表)」をクリックし、通常時に表示させたい画像を読み込みます。
  2. 「画像(裏)」をクリックし、反転時に表示させたい画像を読み込みます。
  3. 「作成」ボタンをクリックして、2つの画像を合成します。
  4. 画面下部のプレビューウインドウで、通常時 / 反転時の表示を確認します。
  5. 違和感がある場合は、「画質補正」欄で各項目を調整し※4、再度「作成」ボタンをクリック。
    ※4 ここでの画質補正は、「画像(裏)」に対して行われる。
  6. 納得いく仕上がりになったら、「保存」ボタンから任意のフォルダに保存すればOK。
ちなみに、反転時の画像に色が薄いものを使うと、割りと自然な感じに仕上がります。
(または、反転時の画像を、「画質補正」欄で弱くする)

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の画像編集・加工ソフト
 JTrim

高機能でありながらも使いやすいレタッチソフト

 BeFunky

超多機能な画像編集サービス

このページのTOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 えこでこツール

各種動画ファイルから、音声を抽出する

 MPC-BE

高機能なマルチメディアプレイヤー

 SoundEngine

高機能かつ使いやすい波形編集ソフト

 Microsoft Windows and Office ISO Download Tool

Windows & Office の ISO イメージファイル入手を支援

 LosslessCut

動画や音声ファイルを、無劣化で高速にカット編集

 AIMP

使いやすい音楽プレイヤー

 Top and Bottom scroll buttons

ページの一番上&一番下 に一瞬で移動できるようにする Firefox アドオン

 画像半蔵

任意の画像を、指定したサイズ&透明度 でデスクトップ上に表示しておけるようにするソフト

 foobar2000 で、VST プラグインを利用できるようにする

音楽プレイヤー「foobar2000」上で、VST プラグインを利用できるようにする方法

 アクサンチェンジ

A O e などのアルファベットを、アクセント付きのアルファベットに即変換できるようにする

 AVG AntiVirus Free 2017

常駐監視型のウイルス&スパイウェア対策ソフト

 TranslucentTB

Windows 10 のタスクバーを、透明にしてくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 Leeyes

画像の “ 見開き表示 ” にも対応したエクスプローラ風画像ビューア

 Aria Maestosa

シンプルで使いやすいMIDI 作曲ソフト

 dhIMG Twitter

特定のTwitter ユーザーによりアップロードされた画像を、一括してダウンロード

 UltraUXThemePatcher

Windows OS 上で、非公式のVisual Style を利用できるようにするソフト

スポンサードリンク

Ctrlえーぷらぷら を紹介しているページです