MouseImp Pro Live!

MouseImp Pro Live! の概要や使い方を紹介しています

MouseImp Pro Live! を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

Adobe Reader やGoogle マップ風の “ ドラッグスクロール ” を可能に!「MouseImp Pro Live!」。

MouseImp Pro Live!

● MouseImp Pro Live!

マウスの右ドラッグ / 左ドラッグ / 中ドラッグ で、画面をスクロールできるようにするソフト。
マウスの右 / 左 / ホイールボタン を押しながらマウスを上下左右に動かすことで、画面を該当の方向 or 逆の方向 にスクロールできるようにしてくれます。
スクロール速度を調整する機能、特定のボタン / キー を押している時だけスクロール速度を下げる機能、アクティブでないウインドウを、タイトルバーのみの表示にする機能... なども付いています。

「MouseImp Pro Live!」は、マウスを動かすだけでスクロールを行えるようにするソフトです。
Adobe Reader やGoogle マップのように、画面内の任意の部分を “ 掴んでドラッグ ” することにより、画面のスクロールを行えるようにする... という掴んで引っ張る感じのドラッグスクロール支援ソフトです。
画面のスクロール速度は自由に調整することができるほか、マウスを動かした方向とは逆の方向にスクロールさせることもできるようになっています。
(デフォルトでは、Adobe Reader のように動かした方向とは逆の方向に動く)
ちなみに、設定しておいたマウスボタンを一度押すことで、その後は (特にボタンを押さなくても) マウスを動かすだけでスクロールを行えるようにする動作モードも付いていたりします※1
※1 この動作モード時は、指定しておいたマウスボタンを押すことで、スクロール機能のON / OFF が切り替わる。
その他、アクティブでないウインドウを、自動でタイトルバーのみの表示にする「AutoShrink」という機能も付いています※2
※2 私の環境では、この機能が正常に動作してくれませんでした。
(ログには反映されていたが、実際にそのアクションはごく僅かにしか見られなかった)
Windows 7 64bit / Windows 8 32bit。

使い方は以下のとおりです。
このソフトの機能は、マウスジェスチャーが効いているウインドウ上では動作しないことがあります。
(そのような場合は、Activate ボタンを変更するとよい)

  1. インストールが完了すると、自動的に「MouseImp Pro Live!」が起動します。
    タスクトレイ上にアイコンが表示されるので、これを右クリック →「Configure」を選択します。

  2. 設定変更 - DirectScroll
  3. 設定画面 が表示されます。
    「Productivity」タブは動作内容のログ画面なので、そのまま 「DirectScroll」タブ を開きます。
  4. まず、左上の「Enabled」にチェックを入れます。
  5. 続いて、「Control」欄にあるプルダウンメニューをクリックし、スクロールモードを次の中から選びます。
    • Classic control
    • Toggle mode
    • Mix mode
    「Classic control」は、
      Activate ボタンを押しながらマウスを動かしている時に、スクロールを行う
    というノーマルモードのことです。
    (どのマウスボタンをActivate ボタンにするのかは、後で設定する)
    「Toggle mode」は、
      Activate ボタンを押す → スクロール機能がON になり、その後もう一度Activate ボタンを押すまで、マウスを動かすだけでスクロールを行えるようになる
    という動作切り替えモードになります。
    「Mix mode」は、上二つの混合モードになります。
  6. 次に、中段の欄で
    • Activate - 動作のトリガーとなるマウスボタン
    • Slow down - このマウスボタン / キー を押している間は、スクロール速度が遅くなる
    • Disable - このキーを押している間は、スクロールが無効になる
    といったコマンドに割り当てるマウスボタンやキーを指定しておきます。
  7. 最後に、下部の欄で
    • Scrolling speed (%) - スクロール速度
    • Slow down margin (%): - スローダウン時の速度
    • MSIE scrolling sensitivity - IE 上でのスクロール感度
    • Change cursor※3 - スクロール時にカーソルを変える
    • Inverted - スクロール方向を逆にする
    • Bidirectional - 水平方向のスクロールも有効にする
    といったオプションの設定を行っておきます。
    ※3 私の環境では、特に変わらなかった。

  8. 設定変更 - AutoShrink
  9. 「AutoShrink」タブ では、ウインドウをタイトルバーのみの表示にする機能の設定を行うことができます。
    機能を有効にする場合は、まず「Enabled」にチェック。
  10. 次に、画面下部の「Add」ボタンをクリックします。
  11. 「AutoShrink window pattern」という画面 が表示されます。
    この「AutoShrink」の機能は、指定したアプリケーションウインドウに対してのみ、もしくは全てのアプリケーションウインドウに対して反映させることができます。
    (実際には、ウインドクラスやウインドウタイトルも指定できる)
    特定のアプリケーションウインドウに対してのみ機能を反映させたい時は、右上の「Finder」欄にある を、目的のアプリケーションウインドウに向かってドラッグ&ドロップ → 画面左の
    • Window class
    • Window title
    欄内にある「Any」にチェックを入れ、右下の「OK」ボタンをクリックします。
    他にも登録したいアプリケーションウインドウがあるようであれば、再度「Add」ボタンをクリックし、アプリケーションウインドウの登録を行います。
    全てのアプリケーションウインドウに「AutoShrink」の機能を反映させたい場合は、画面左の
    • Application
    • Window class
    • Window title
    欄内にある「Any」にチェック → 画面右下の「OK」ボタンをクリックします。
    (これで、全てのアプリケーションウインドウを一括登録したことになる)
  12. 必要であれば、
    • Delay before shrinking (sec) - タイトルバーのみの表示になるまでの時間
    • Delay before unshrinking (sec) - ウインドウを元に戻すまでの時間
    も指定しておきます。
    (単位は秒)

  13. 設定変更 - その他の設定
  14. 「Options」タブ では、下記のような設定を行えるようになっています。
    • Load at startup - Windows 起動時に自動で起動させる
    • Enable tray icon - タスクトレイアイコンを有効にする
    • Enable tray icon animation - トレイアイコンのアニメーションを有効化する
    • Tray icon click as - トレイアイコンクリック時のアクション
    • Show splash at startup - 起動時にスプラッシュスクリーンを表示する

  15. 実際に使う
  16. 以後、「Activate」ボタンを押しながらマウスを上下に動かしたりすることで、画面をその方向 or 逆の方向 にスクロールできるようになっています。
    機能のON / OFF を含めて、一部のオプションはトレイアイコンの右クリックメニューからも変更できるようになっているため、必要になったらそれらのオプションを変更したりします。
    (トレイアイコンを 右クリック →「DirectScroll」から)
    「AutoShrink」を有効にしている時は、指定しておいたウインドウが非アクティブになった時に、ウインドウがタイトルバーのみの表示に切り替わります。
    (私の環境では、ごく僅かなアプリケーションにしか反映されなかった... )

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
MouseImp Pro Live! TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Orchis

シンプルで使いやすいランチャー

 CCCP

定番のコーデックパック

 えこでこツール

各種動画ファイルから、音声を抽出する

 AIMP

使いやすい音楽プレイヤー

 Lhaplus

シンプルで使いやすい圧縮・解凍ソフト

 Recuva

高機能なファイル復元ソフト

 QuickLook

エクスプローラで選択中のファイルを、スペースキー押しでプレビュー表示できるようにするソフト

 Snapdrop

同一の LAN 内に存在するデバイスに、ファイルやメッセージを一発送信することができる Web アプリ

 Media URL Timestamper

YouTube 等の動画サイト上にて、" 指定した場面から再生可能なURL " を一発取得できるようにする(Firefox

 PDF Anti-Copy

指定した PDF ファイルを、コピー&変換 できない仕様にコンバートしてくれるソフト

 Taskplay

各種メディアプレイヤーの動作を、タスクトレイ上から制御できるようにするソフト

 Windows 10 の ISO イメージを、MS のサイトから直接ダウンロードする方法

ブラウザの「開発者ツール」や拡張機能を使うことで、ISO イメージファイルを直接ダウンロード

 おすすめフリーソフト
 GIF Viewer

素材画像抽出機能も備えたGIF アニメプレイヤー

 PngOptimizer

PNG / GIF / BMP / TGA ファイルを、画質劣化なしに軽量化してくれるソフト

 recALL

各種アプリケーションに保存されているパスワードを、一覧表示

 Clean Uninstall

アドオンを完全にアンインストールできるようにするFirefox アドオン

スポンサードリンク

MouseImp Pro Live! を紹介しているページです