Windows 10 の「ペイント 3D」を使い、画像内の特定部分を切り抜く

Windows 10 の「ペイント 3D」を使い、画像内の特定部分を切り抜く

Windows 10 の「ペイント 3D」を使い、画像内の特定部分を切り抜く

Windows 10 の「ペイント 3D」を使い、画像内の特定部分を切り抜く

このページでは、Windows 10 の「ペイント 3D」を使い、画像をトリミングする方法を紹介します。

Windows 10 の「ペイント 3D」を使い、画像をトリミングする


Windows 10 の「ペイント 3D」には、お絵かき機能だけではなく画像をトリミングする機能が付いています。

これは、専用のトリミング枠で囲んだ領域を別ファイルとして切り出すことができる機能で、画像内の特定部分のみを切り抜きたい時などに役立ちます。

同様の機能は、「フォト」や「ペイント」にも付いていますが、個人的には「ペイント 3D」のトリミング機能が最も使いやすいと感じたため、このページでは「ペイント 3D」を使ったトリミング方法を紹介します。

尚、「ペイント 3D」の対応ファイルは次のようになっています。
(後述するが、一応アニメーションビデオとして出力することもできる)

入力

PNG / JPG / JPEG / JPE / JFIF / BMP / DIB / GIF / TIF / TIFF / ICO / 3MF / STL / PLY / OBJ / GLB / FBX

出力

PNG / JPG / JPEG / JPE / JFIF / BMP / GIF / TIF / TIFF


ペイント 3D を起動し、編集したい画像ファイルを読み込む
  1. スタートボタンをクリックし、「ペイント 3D」を選択します。
    スタートボタンをクリックし、「ペイント 3D」を選択する
    「ペイント 3D」は「は」行の中に登録されていますが、スタートメニューの右側にタイルとしても登録されていると思います。
    スタートメニューの右側に、タイルとして登録されていることも
    ちなみに、編集したい画像ファイルを右クリック → 「ペイント 3D で編集する」を選択しても OK です。
    編集したい画像ファイルを右クリック → 「ペイント 3D で編集する」を選択しても OK
  2. 最初に「ようこそ」画面が表示されるので、「新規作成」ボタンをクリックします。
    (「ペイント 3D」を画像の右クリックメニューから起動させた場合、この時点で画像の読み込みが行われます)
    最初に「ようこそ」画面が表示されるので、「新規作成」ボタンを一回クリックする
    起動時に毎回「ようこそ」画面を表示させたくない場合は、面下部にある「ようこそ画面を表示する」のチェックを外しておくとよいでしょう。
  3. メイン画面が表示されます。
    ペイント 3D
    ここに、編集したい画像ファイルをドラッグ&ドロップします。
    編集したい画像ファイルを、ドラッグ&ドロップする
  4. ドロップした画像が読み込まれるので、画面左上にある「トリミング」を選択します。
    画面左上にある「トリミング」を選択する
  5. トリミング画面に切り替わります。
    トリミング画面
目次へ戻る
画像をトリミングする
  1. まず、画像の端に表示されている 8 つの支点をドラッグし、切り出したい部分を囲みます。
    画像の端に表示されている 8 つの支点をドラッグし、切り出したい部分を囲む
    切り出し枠の上 / 下 の中央にある支点を上下にドラッグすると、(切り出し枠の)横幅を維持したまま縦幅のみを調整することができます
    切り出し枠の上 / 下 にある支点を上下にドラッグすると、横幅を維持したまま縦幅のみを調整することができる
    同様に、切り出し枠の右 / 左 の中央にある支点を左右にドラッグすると、(切り出し枠の)縦幅を維持したまま横幅のみを調整することができます
    切り出し枠の右 / 左 にある支点を左右にドラッグすると、縦幅を維持したまま横幅のみを調整することができる
    枠の内部をドラッグすることにより、枠の大きさを変えることなく枠の位置だけを動かすことができます
    枠の内部をドラッグすることにより、枠の大きさを変えることなく枠の位置だけを動かすことができる
  2. 画面右側の「フレーミングを決定します」欄内にある各ボタンを使うことで、切り抜き枠のアスペクト比(横縦比)を特定値に固定することもできます。
    トリミング枠のアスペクト比を特定値に固定することも可能
    また、画面右側の中段にある「幅」「高さ」欄で、トリミング枠のサイズを数値で指定することも可能となっています。
    トリミング枠のサイズを、数値で指定することも可能
    アスペクト比を固定したくない場合は、右上の「フレーミングを決定します」欄で「カスタム」を選択します。
    アスペクト比を維持したくない場合は、右上の「フレーミングを決定します」欄で「カスタム」を選択する
  3. 切り出す部分を囲んだら、画面右下にある「完了」ボタンをクリックします。
    切り出す部分を囲んだら、画面右下にある「完了」ボタンをクリックする
  4. 元の画面に戻ります。
    元の画面に戻った
    尚、画面右上にある 元に戻す ボタンをクリックすることにより、切り抜き操作を元に戻すことも可能となっています。
    (ホットキー “ 「Ctrl」+「Z」 ” を押しても同じ)
    切り抜き操作を元に戻すことも可能
目次へ戻る
編集したファイルを保存する
  1. ファイルの保存を行う時は、画面左上にある メニュー ボタンをクリックします。
    画面左上にあるメニューボタンをクリックする
  2. メニューが表示されるので、「名前を付けて保存」を選択します。
    (元のファイルに上書き保存する場合は、「保存」を選択してもよい)
    メニューが表示されるので、「名前を付けて保存」を選択する
  3. 「コピーとして保存」という画面が表示されます。
    コピーとして保存
    ここで、画面上部にある「画像」ボタンをクリックします※1
    1 「ビデオ」ボタンから、画像をアニメーションビデオに変換することもできる。
    画像を、アニメーションビデオに変換することもできる
  4. 「名前を付けて保存」ダイアログが表示されます。
    「名前を付けて保存」ダイアログ
    あとは、ファイルの保存先フォルダと名前を指定し、「保存」ボタンをクリックすれば OK です。
    この時、「ファイルの種類」欄のプルダウンメニューをクリックすることで、ファイルの出力フォーマットを指定することができます。
    ファイルの出力フォーマットは、「ファイルの種類」欄のプルダウンメニューをクリックして指定する


スポンサードリンク


「ペイント 3D」を使い、画像内の特定部分を切り抜く TOPへ
スポンサードリンク

Windows 10 の「ペイント 3D」を使い、画像内の特定部分を切り抜く