Clipboard to QR-Code

Clipboard to QR-Code の概要や使い方を紹介しています

Clipboard to QR-Code を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  Pocket に登録

クリップボード内のテキストを QR コード化し、スマホなどと共有できるようにする!「Clipboard to QR-Code」。

Clipboard to QR-Code
制作者 Ramon Reschke
対応 -

Download ( exe )

Clipboard to QR-Code

クリップボード内のテキストを、QR コード化してスマホなどと共有できるようにするソフト。
専用のホットキーを押したり、タスクトレイアイコンのメニューをクリックしたりすることで、クリップボード内のテキストを QR コードに変換&結果を画面中央に大きく表示できるようにしてくれます。

「Clipboard to QR-Code」は、クリップボード内のテキストを一発で QR コードに変換できるようにするソフトです。

  • 専用のホットキーを押す
  • タスクトレイアイコンのメニューをクリックする
といった操作を行うことにより、クリップボード内のテキストを即 QR コードに変換できるようにするソフトで、ちょっとしたテキスト※1 を安全かつ簡単にスマホやタブレットと共有できるようにしてくれます。
1 QR コードに格納できる文字数には上限があるので、長すぎるテキストなどは QR コード化に失敗する。
テキストデータをパソコンからスマホに送るのではなく、
  1. テキストを QR コードに変換してパソコン上に表示
  2. それを任意の端末で読み取る
... という流れで操作を行うので、サーバーを介さず、ネット通信も不要でテキストデータをやりとりできるようになります。
また、スマホやタブレット側に特別なアプリのインストールは不要であるため(何らかの QR コードスキャナーは必要)、面倒な下準備もなしで気軽に使うことが可能となっています。
普段、パソコンからスマホにテキストを送りたいことがよくある人におすすめです。
尚、クロスプラットフォームに対応しており、Windows / macOS / Linux 版が用意されています。

使い方は以下の通り。

  1. Windows 10 を使用している場合、インストールの際に「Windows によって PC が保護されました」という画面が表示される場合があります。
    Windows によって PC が保護されました
    もしこの画面が表示されたら、左側にある「詳細情報」をクリック → 右下の「実行」ボタンをクリックしてください。
    右下の「実行」ボタンをクリックする
  2. インストールが完了すると、タスクトレイ上にアイコンが表示されます。
    インストールが完了すると、タスクトレイ上にアイコンが表示される
    と同時に、QR コードも表示されます。
    (現在クリップボード内にあるテキストが、QR コード化されている)
    QR コードが表示されたウインドウ
    この QR コードウインドウに関しては、必要な時だけ表示させておけばよいでしょう。
  3. スマホなどに送りたいテキストを、パソコン上でコピーします。
    スマホなどに送りたいテキストを、パソコン上でコピーする
  4. ホットキー “ 「Shift」+「Ctrl」+「Q」 ” を押します。
    もしくは、タスクトレイアイコンを右クリックして「Show QR-Code」を選択します。
    タスクトレイアイコンを右クリックし、「Show QR-Code」を選択してもよい
  5. すると、クリップボード内のテキストを元にして、QR コードが生成されます※2
    クリップボード内のテキストを元に、QR コードが生成される
    2 クリップボード内にコピーしているテキストの文字数が多すぎると、QR コードが表示されない、または QR コードが更新されないので注意。
    この QR コードをスマホなどでスキャンすると、QR コードの元になっているテキストを読み取ることができます
    QR コードをスマホなどでスキャンすると、元のテキストデータを読み取ることができる
    あとは、テキストをコピーしたりすれば OK です。
    必要であればコピーしたりする
    ちなみに、クリップボード内のテキストの量が多ければ多いほど、QR コードのサイズも大きくなります。
    クリップボード内のテキストの量が多いと、QR コードのサイズも大きくなる
    QR コードの全体像が表示されていないとスキャンすることができないので、QR コードの一部が隠れてしまっている時は、ウインドウを適当にリサイズする必要があります。
    QR コードの全体像が表示されていない時は、ウインドウをリサイズする
  6. その他、タスクトレイアイコンを右クリック → 「Settings」を選択することにより、設定画面を呼び出すことができます。
    タスクトレイアイコンを右クリックし、「Settings」を選択する
    設定画面
    ここで「Auto Launch on System Startup」にチェックを入れておくと、Windows 起動時に自動で「Clipboard to QR-Code」が起動するようになります。
    また、「Global Keyboard Shortcut」欄で、QR コードを生成するホットキーを変更することもできたりします※3
    (オプションを変更したら、下部の「Save」ボタンを押す必要がある)
    3 変更先のホットキーを押すのではなく、普通にテキストとして編集する。
    デフォルトでは Ctrl キーが「Control」と表記されているが、普通に「Ctrl」と入力しても認識される。
    例) Ctrl+Alt+Q

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のファイル・データ共有ソフト
 Universal Media Server

DLNA に対応した機器上から、パソコン内の特定フォルダにアクセスできるようにするソフト

 Hamachi

超簡単に使えるVPN 構築ツール

Clipboard to QR-Code TOPへ

Clipboard to QR-Code を紹介しているページです。