BitAnalyzer

BitAnalyzer の概要や使い方を紹介しています


違法にアップロードされた動画 / 音楽 のダウンロードは違法になります。

BitAnalyzer を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

軽くて使いやすいネットワークトラフィック解析ソフト!「BitAnalyzer」。

BitAnalyzer
制作者 BitAnalyzer.com
対応 -

Download (公式)
Download (ミラー)

● BitAnalyzer

シンプルかつ軽量なストリーミングメディアのURL 解析ソフト。
ネットワークから受信しているファイル(URL)をリアルタイムにリスト表示し、その中から目的のURL をクリップボードにコピーすることができます。
対応しているプロトコルは、HTTP / MMS / RTSP。
リストに表示するURL を、拡張子でフィルタリングする機能などがあります。

「BitAnalyzer」は、ストリーミングファイルの本体URL を解析することができるソフトです。
ブラウザ 等で再生しているWindows media ストリーミング、Realmedia ストリーミング、フラッシュビデオ、 MP3 などのストリーミングファイルの “ 本体URL ” を、簡単に解析することができます。
インターフェースはシンプルで分かりやすく、設定という設定もほとんどないので、とにかく簡単に使えるところが大きな特徴※1
(また、ファイルサイズも66.5KB と非常に軽量)
※1 「BitAnalyzer」でできるのは “ ストリーミングファイルのURL 解析 ” までで、ファイルを実際にダウンロードすることはできない。
ストリーミングファイルをダウンロードするには、「GetASFStream」 などのダウンローダーが必要。

解析したURL を一発でコピーする機能や、URL を拡張子でフィルタリングする機能、ウインドウを常に最前面に表示する機能 などがあります。

使い方は以下のとおり。

  1. 「BitAnalyzer.exe」を実行します。
  2. ツールバー上の「Options」ボタンをクリック。
  3. ここの「Analyze All URLs」のチェックを外しておきます。
  4. 下部の「Do not analyze the file types below」欄に、
      受信したデータのうち、リストに表示させないもの
    を入力します。
    デフォルトで、HTML / JS / CSS などのテキストファイル、JPG / GIF / ICO 等の画像ファイルが登録されているので、通常はそのままでよいでしょう。
  5. 「OK」をクリックし、メイン画面に戻ります。
  6. ブラウザを起動し、URL の解析を行いたいストリーミングメディアのあるページを開きます。
    この時、極力 “ 解析を行うストリーミングメディアのページだけ ” を開くようにします※2
    ※2 複数のページを開いてしまうと、それだけ受信するデータの数が多くなり、収拾がつかなくなる。
  7. ツールバー上の「Start」ボタンをクリック。
  8. 「Adapter Information」というウインドウが開きます。
    この中から、アクティブなネットワークアダプタを選択 →「OK」をクリックします。
    どれがアクティブなアダプタか分からない場合、「Adress」欄にプライベートIP アドレスが表示されているものを選択します※3
    ※3 「Win」+「R」を押して「ファイル名を指定して実行」を呼び出し、「cmd」と入力 →「ipconfig」と入力して「Enter」キーを押すと、IP アドレスを確認できる。
  9. ストリーミングファイルを再生します。
  10. しばらく待つと、ネットワークから受信しているデータ(ファイル)が随時リストに一覧表示されます。
    この中から目的のものを選択し、ツールバー上の「Copy」ボタンをクリックします。
    目的のものがどれか分からない場合は、
    • URL が、「rtsp://」で始まるもの
    • URL が、「mms://」で始まるもの
    • 先頭カラムに、「WMV」と表示されているもの
    • 先頭カラムに、「RM」と表示されているもの
    • 先頭カラムに、「FLV」と表示されているもの
    のいずれかの情報を目安にして下さい。
  11. 目的とするファイルのURL が解析できたら、「Stop」ボタンをクリックします。
    URL が中々解析されない場合、「Options」ボタンをクリック →「Analyze All URLs」にチェックを入れ、再度解析してみます。
  12. あとは、コピーしたURL を「GetASFStream」などのソフトに送ればOK※4
    ※4 URL が「http://」で始まるものは、そのままブラウザのアドレスバーに貼り付ければよい。
ほかにも、解析結果をクリアする機能、ウインドウを常に最前面に表示させる機能 もあります。

このソフトを使用するには、「WinPcap」 をインストールしている必要があります。

BitAnalyzer TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Oracle VM VirtualBox

任意の OS を実行可能な “ 仮想PC ” を作成できる

 Explzh

高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 Free Download Manager

高機能かつ使いやすいダウンローダー

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 MiniTool Partition Wizard Free

パーティションをあれこれ操作できるソフト

 Lhaplus

シンプルで使いやすい圧縮・解凍ソフト

 Jerboa

マウスカーソルの移動や表示、ウインドウの切り替えやスクロール 等々の操作を補助してくれる

 Audio Output Switcher

既定の再生デバイスを、自動 or 手動 で素早く変更できるようにするソフト

 Compare Advance

フォルダの同期 / バックアップ / ミラーリング 機能も備えたフォルダ比較ツール

 CrococryptMirror

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダミラーリングツール

 テキストエディターbyエクセル

複数行のテキストを、複数行のセルに一発入力できるようにする Excel アドイン

 CryptSync

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダ同期ツール

BitAnalyzer を紹介しているページです