ED

ED の概要や使い方を紹介しています

ED を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

シンプルながらも強力な暗号化ソフト「ED」。

ED
制作者 Type74 Software
対応 98/Me/NT/2000/XP

Download (公式)
Download (ミラー)

● ED

ファイルやフォルダを、手軽に暗号化することができるソフト。
ドラッグ&ドロップで登録したファイル / フォルダ を、「Rijndael」「TwoFish」「GOST 28147-89」といったアルゴリズムで、強力に暗号化することができます。
暗号化時にファイル名を偽装する機能や、パスワードにヒントを付ける機能、指定したファイルを完全に抹消する機能、ファイルのハッシュ値(SHA-1)を計算する機能... なども付いています。

「ED」は、シンプルなファイル暗号化ソフトです。

  • Rijndae
  • TwoFish
  • GOST 28147-89※1
といったアルゴリズムに対応したファイル暗号化ツールで、とにかく使いやすいところが最大の特徴。
インターフェースは超シンプルで分かりやすく、また使える暗号化アルゴリズムも強力なものなので、実用性は非常に高いです。
※1 旧ソビエト連邦の、政府標準暗号方式。
複数のファイルを一括して暗号化する機能や、パスワードにヒントを持たせる機能、ファイル名を偽装して暗号化する機能 等も備えていたりします。

使い方は以下の通り。

    初期設定
  1. 「E_D.exe」を実行します。
  2. まず最初に、画面下部の「OPTION」ボタンをクリック。
  3. 右側の欄で、
    • ファイル選択時に、サブフォルダも含めるかどうか※2
    • 暗号化後に、元のファイルを抹消するかどうか
    • 復号後に、元のファイルを抹消するかどうか
    といったオプションを指定しておきます。
    ※2 フォルダをドロップした時に、サブフォルダ内のファイルも暗号化対象に含めるかどうか というオプション。
  4. 下部の「セキュリティレベル・アルゴリズムの変更」ボタンをクリック。
  5. 「セキュリティレベル・アルゴリズムの変更」という画面 が表示されます。
    右の「アルゴリズム」欄で、暗号化の際に使用するアルゴリズムを設定します。
  6. 次に、左の「セキュリティレベル」欄で、セキュリティレベル(パスワードの長さ)を設定します。
    通常は「2」くらいでよいでしょう。
  7. 設定が終わったらオプション画面を閉じ、メイン画面に戻ります。
    暗号化
  1. 「E」ボタンをクリックし、暗号化したいファイルを選択します(複数選択可)。
    もしくは、暗号化したいファイル / フォルダ を、直接「E」ボタンにドラッグ&ドロップします※3
    ※3 フォルダをドロップした場合、フォルダ内のファイルが一つ一つ暗号化される。
    (フォルダそのものが、一つに暗号化される訳ではない)
  2. 暗号化の確認ダイアログ が表示されます。
    暗号化しようとしているファイルがリストに表示されるので、問題なければ「OK」をクリック。
    間違って登録してしまったものがある場合、該当のものを選択 →「Delete」キーを押し、リストから除外しておきます。
  3. 「暗号化に使用するパスワードを入力してください」というダイアログ が表示されます。
    ここで、復号化( = 暗号化を解除)する際に使うパスワードを入力します。
    必要であれば、パスワードのヒントも設定できるようになっています。
    「パスワードの照合」欄は、通常「何も行わない」のままでOKです※4
    ※4 パスワードやヒントを、(忘れないように)いつも決まったものに指定しておきたい場合は、入力するパスワードを「照合用パスワード」として登録することができる。
    これを登録しておくと、それ以降入力したパスワードが「照合用パスワード」と違ったものである場合に、警告が表示されるようになる。

    「OK」をクリックすると、暗号化が開始されます。
  4. 「正常に処理しました」というダイアログが表示されたら、暗号化完了です。
暗号化されたファイルは、元のファイルのあるフォルダ内に
  • 「元のファイル名.enc」
という名前で出力されます。
尚、出力ファイルの名前は、設定オプション画面の左側により
  • 「元のファイル名」+「任意の拡張子」
  • 「ランダムなファイル名」+「任意の拡張子(あるいは拡張子なし)」
にすることもできたりします。

暗号化したファイルを復号化する際も、手順は似たような感じです。

    復号化
  1. 「D」ボタンをクリックし、復号化したいファイルを選択(複数選択可)。
    または、復号化したいファイルやフォルダを、直接「D」ボタンにドラッグ&ドロップします。
  2. 復号化するファイルの確認ダイアログ が表示されます。
    復号化しようとしているファイルがリストに表示されるので、問題なければ「OK」をクリック。
    間違って登録してしまったものがある場合、ファイル名を選択 →「Delete」キーを押し、リストから除外しておきます。
    暗号化時にパスワードのヒントを設定しておいた場合、このリスト上にヒントが表示されます。
  3. 「復号に使用するパスワードを入力してください」というダイアログ が表示されます。
    ここで、暗号化時に設定しておいたパスワードを入力します。
  4. 「正常に処理しました」と表示されたら復号化完了!

そのほか、ファイルを完全に抹消する機能や、ファイルの SHA-1ハッシュ 値を計算する機能 なども付いています。
(どちらの操作も、オプション画面上で行うことができる)


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の暗号化ソフト
 TrueCrypt

“ 暗号化された仮想ドライブ ” を作成できるようにするソフト

 VeraCrypt

TrueCrypt をセキュアにした暗号化仮想ドライブ作成ソフト

 アタッシェケース

高機能かつ使いやすいファイル暗号化ソフト

ED TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 TeamViewer

シンプル&高機能 なリモートデスクトップツール

 ImgBurn

高機能かつ多機能なライティングソフト

 Recuva

高機能なファイル復元ソフト

 Windows DVD メーカー

超簡単に使えるDVD 変換ソフト

 Revo Uninstaller

ソフトを完全にアンインストールしてくれるソフト

 Audio Output Switcher

既定の再生デバイスを、自動 or 手動 で素早く変更できるようにするソフト

 Compare Advance

フォルダの同期 / バックアップ / ミラーリング 機能も備えたフォルダ比較ツール

 CrococryptMirror

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダミラーリングツール

 テキストエディターbyエクセル

複数行のテキストを、複数行のセルに一発入力できるようにする Excel アドイン

 CryptSync

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダ同期ツール

 “ Windows の起動に負荷をかけているプログラム ” を探す方法

Windows 10 のタスクマネージャーを使い、“ Windows の起動に負荷をかけているプログラム ” を探す

 おすすめフリーソフト
 Pasteasy

パソコン ⇔ iPhone / iPad / Android 間で、クリップボードの中身を共有

 TakeOwnershipPro

アクセスが拒否されて開けないフォルダを、開けるようにする

 Quick Startup

総合的なスタートアップアイテム管理ツール

 SMPlayer

ほとんどのフォーマットに対応した高機能マルチメディアプレイヤー

スポンサードリンク

ED を紹介しているページです。