Soft Organizer

Soft Organizer の概要や使い方を紹介しています

Soft Organizer を紹介しているサイトです

強力な痕跡解析機能を備えたアンインストールマネージャー!「Soft Organizer」。

Soft Organizer
2.96 / 599 票)
制作者 Chemtable Software
対応 Vista/7/8/10/11
バージョン 9.16
更新日時 2022-01-08
ファイルサイズ 20.16 MB

Soft Organizer

アプリケーションをアンインストールする
  1. アプリケーションをアンインストールする時は、目的のアプリケーションをクリックして「アプリケーションのアンインストール」ボタンをクリックします。
    「アプリケーションのアンインストール」ボタンをクリックする
    もしくは、アンインストールしたいアプリを右クリックして「アンインストール / 強制アンインストール」を選択します。
    アプリを右クリックし、「アンインストール / 強制アンインストール」を選択する
    尚、アンインストールしたいアプリケーションにチェック → 対象アプリのうちいずれか一つをクリックして「Uninstall 〇 個のアプリケーションをアンインストール」を選択することで、複数のアプリケーションをまとめてアンインストールすることもできたりします。
    複数のアプリケーションをまとめてアンインストールすることも可能
  2. アンインストールを実行すると、最初に「アプリケーションの分析中、お待ちください...」という画面が表示されるので、しばらく待ちます。
    アプリケーションの分析中、お待ちください...
    分析をスキップして通常のアンインストールのみを実行したい時は、このタイミングで「F10」キーを押します。
    分析をスキップし、通常のアンインストールのみを実行することもできる
    アプリのアンインストーラーを使わずに強制アンインストールを行いたい時は、分析中に “ 「Alt」+「F1」 ” キーを押します。
    (後述する「アプリケーションがシステム内に残した痕跡を検索しますか?」画面に飛ぶ)
    “ 「Alt」+「F1」 ” キーを押すことで、強制アンインストールを行うことも可能
  3. 少し待つとアプリケーションのアンインストーラーが立ち上がるので、普通にアンインストールを行います。
  4. 続けて、「アプリケーションがシステム内に残した痕跡を検索しますか?」という画面が表示されます。
    アプリケーションがシステム内に残した痕跡を検索しますか?
    アンインストールの際に削除しきれなかった情報を検索する場合は、画面右下にある「検索」ボタンをクリックします。
    (痕跡の検索を行わない場合は、そのまま閉じてしまってもよい)
  5. アプリケーションが残していった痕跡の検索処理が開始されるので、しばらく待ちます。
    痕跡検索中...
  6. システム内にアプリの痕跡が見つかった場合、見つかったアイテムの数が表示されます※3
    アプリケーションの痕跡を検出
    3 痕跡が見つからなかった場合、「このアプリケーションの追跡データは、システム内に存在しません」と表示される。
    (「完了」ボタンを押して処理を完了させる)
    このアプリケーションの追跡データは、システム内に存在しません
    ここで画面左側にある「クリックで表示」というリンクをクリックすると、検出された痕跡をツリー形式で一覧表示することができます。
    検出された痕跡
    レジストリキーに関しては、右クリックすることで
    • レジストリエディタで開く
    • 変更一覧からキーを削除 - 削除しないアイテムとして設定する(今回のみ)
    • 除外リストに追加 - 削除しないアイテムとして設定する
    • 除外リスト - 除外リストを開く
    といったコマンドを実行することができます。
    レジストリキーの右クリックメニュー
    レジストリエントリに関しては、
    • 値を編集
    • 値の名前をコピー
    • 変更一覧から値を削除 - 削除しないアイテムとして設定する(今回のみ)
    といったコマンドを実行することが可能となっています。
    レジストリエントリの右クリックメニュー
    ファイル / フォルダ に関しては、
    • エクスプローラで開く
    • 変更一覧から削除 - 削除しないアイテムとして設定する(今回のみ)
    • 除外リストに追加 - 削除しないアイテムとして設定する
    • 除外リスト
    といったコマンドを実行することができます。
    ファイル / フォルダ の右クリックメニュー
    除外リストは、メイン画面の右上にある 設定とコマンド をクリック → 「環境設定」 → 「除外リスト」からでも開くことができます。
    除外リスト
  7. 削除する情報の確認が終わったら、画面右下にある「削除」ボタンをクリックします。
    (痕跡を削除せずに終了する場合は、「閉じる」ボタンを押す)
    画面右下にある「削除」ボタンをクリックする
  8. 痕跡の削除が実行されるので、しばらく待ちます。
    痕跡削除中...
  9. 少し待ち、「アプリケーションはシステムから除去されました」と表示されたらアンインストール完了です。
    アプリケーションはシステムから除去されました
    ここで「システムに対する変更を表示」というリンクをクリックすると、削除された痕跡を確認することが可能となっています。
    変更の概要
  10. メイン画面の右下にある「変更の取り消し」をクリックすることで、過去に削除した痕跡の復元を行うこともできたりします。
    (痕跡が復元されるだけで、アプリのアンインストールがロールバックされるわけではない)
    「変更の取り消し」をクリック
    変更の取り消し

Soft Organizer TOPへ
別館

最近は Chrome 拡張機能や Firefox アドオンの紹介が多め...

Soft Organizer を紹介しているページです。