exe2scr

exe2scr の概要や使い方を紹介しています

exe2scr を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

任意のexe / bat / com ファイルを、スクリーンセーバーとして実行させる!「exe2scr」。

exe2scr

● exe2scr

任意のexe / bat / com ファイルを、スクリーンセーバーとして実行できるようにするソフト。
アイドル状態が一定時間続いた時に、あらかじめ指定しておいたexe / bat / com ファイルをスクリーン
セーバーの代わりに起動できるようにします。
普通のスクリーンセーバーと同じように、OS 標準のスクリーンセーバー設定画面上で操作を行えるようになっています。

「exe2scr」は、exe / bat / com ファイルを、スクリーンセーバーとして扱えるようにするソフトです。
(exe / bat / com ファイルを、ムービー化する... という趣旨のソフトではありません)
一種のタスクスケジューラのような感じのソフトで、指定した時間だけアイドル状態※1 が続いた時に、
任意のexe / bat / com ファイルを自動で起動できるようにしてくれます。
※1 特に作業が行われていない状態のこと。
最大の特徴は “ スクリーンセーバーとして動作する ” という点で、自動実行のために何らかのアプリを
常駐させておく必要がないところ。
これにより、OS 機能の一部のような感覚で使うことができると思います。
尚、実行させるファイルには、コマンドラインオプションを付けることもできたりします。

使い方は以下の通りです。

  1. まず、「exe2scr.scr」を
      C:¥Windows¥System32
    内にコピーしておきます。
  2. デスクトップ上で右クリック →「個人設定」「プロパティ」などを選択し、スクリーンセーバーの
    設定画面を呼び出します。
  3. 実行するスクリーンセーバーを、「exe2scr」にしておきます。
  4. 隣の「設定」ボタンをクリック。
  5. 「exe2scr - Setup」という画面が表示されます。
    ここの「Program to run(command line):」欄で、実行させるEXE / BAT / COM ファイルを
    指定します。
    BAT ファイルを指定しておくと、実行内容を簡単に変えられて便利です。
  6. 「OK」ボタンをクリックし、設定画面を閉じます。
  7. あとは、スクリーンセーバー設定画面で適当な待ち設定を指定し、右下の「適用」ボタンを
    クリック →「OK」ボタンを押せば完了。
    アイドル状態が指定した時間だけ続いた時に、指定したファイルが実行されるようになります。

トップシステムタスク スケジューラ exe2scr TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Media Player Classic Homecinema

高機能なマルメディアプレイヤー

 VeraCrypt

TrueCrypt をセキュアにした暗号化ドライブ作成ソフト

 お気に入りフリーソフト 2016

2016 年に紹介したフリーソフトを厳選して紹介

 FreeMove

指定したインストールプログラムを、別のドライブ内に移せるようにするソフト

 FastWindowSwitcher

アプリケーションウインドウを、キー操作のみで選択(アクティブ化)できるようにするソフト

 Windows Mixed Reality PC Check

現在使用しているパソコンが、「Windows Mixed Reality」に対応しているかどうかをチェックしてくれる

 SystemInfo

一画面完結型のシンプルなシステムインフォメーションツール

 CursorLock

特定のウインドウが前面にある時、マウスカーソルが別ディスプレイへ出て行けないようにするソフト

 Steam Mover

Steam でインストールしたゲームを、別のドライブ内に移せるようにするソフト

exe2scr を紹介しているページです