Kuadro

Kuadro の概要や使い方を紹介しています

Kuadro を紹介しているページです

PC 内の画像やネット上の画像を、デスクトップに貼り付けておけるようにする!「Kuadro」。

Kuadro
5.00 / 51 票)
制作者 
対応 -
バージョン 0.9.5
更新日時 2020-06-15
ファイルサイズ 17.7 MB

Kuadro

パソコン内の画像やネット上の画像を、デスクトップ上に貼り付けておけるようにするソフト。
パソコン内にある任意の画像ファイル、および、インターネット上にある任意の画像ファイル(URL)を、デスクトップ上の好きな場所に “ 任意のサイズ&透明度 ” で貼り付けておけるようにしてくれます。
貼り付けた画像を回転 / 反転 させる機能や、画像を “ 常に最前面に表示 ” 状態で表示させる機能、画像の表示位置を固定する機能、画像をグレースケール化する機能... なども付いています。

「Kuadro」は、画像をデスクトップ上に貼り付けておけるようにするソフトです。

  • パソコン内にある画像ファイル※1
  • インターネット上にある画像ファイル
を、デスクトップ上の好きな場所に任意のサイズ&任意の透明度 で表示させておけるようにする付箋のような画像ビューアで、指定した画像をいつでも参照できるようにペタペタと貼り付けておけるようにしてくれます。
1 対応しているフォーマットは、BMP / GIF / ICO / JPEG / JPG / MNG / PBM / PGM / PNG / PPM / TGA / TIF / TIFF / XBM / XPM。
画像はデスクトップ上にいくつでも表示させておくことができ、また現在の表示画像&レイアウト はプリセットとして保存しておくことも可能となっています。
お気に入りの画像をアクセサリー感覚で飾りたい時や、画像をリファレンスとして表示させておきたい時... などに便利。
ちなみに、表示中の画像は、回転 / 反転 させたり、グレースケール化させたりすることも可能となっています。

使い方は以下の通り。

画像を読み込む
  1. ダウンロードした「Kuadro」を実行します※2
    2 原因はわからないが、画像のレイアウトをプリセットとして保存できないことがある。
    全く関係ないかもしれないが、管理者として実行したらそれ以降(管理者として実行しなくても)正常に保存を行えるようになったので、プリセットとして保存を行えない時は、一旦「Kuadro」を終了させる → 管理者として実行し直すと良いのかも?しれない。
  2. タスクトレイ上に、アイコンが表示されます。
    タスクトレイアイコン
    これを右クリックし、
    • Add Local Image - パソコン内の画像ファイルを読み込む
    • Add Web Image - インターネット上の画像ファイルを読み込む
    のどちらかを選択します。
    トレイアイコンの右クリックメニュー
  3. 「Add Local Image」を選択した場合、「ファイルを開く」ダイアログが表示されるので、目的とする画像ファイルを選択します。
    「Add Web Image」を選択した場合、「Add Web Image」というダイアログが表示されるので、目的とする画像の URL を入力して「OK」ボタンをクリックします。
    Add Web Image
  4. すると、選択した画像が表示されます。
    選択した画像が表示される
    表示された画像は、四隅の部分をドラッグすることでリサイズすることができ、またドラッグ&ドロップで移動させることも可能となっています。
  5. 他にも表示させたい画像がある時は、同様の手順で操作を行います。
目次へ戻る
画像の表示をカスタマイズする
  1. 表示された画像を右クリックすることにより、
    • Flip Horizontally - 左右反転
    • Flip Vertically - 上下反転
    • Rotate 90 CW - 右回りに 90 度回転
    • Rotate 90 CCW - 左回りに 90 度回転
    • Zoom in - ズームイン
    • Zoom Out - ズームアウト
    • Nomal Size (100%) - オリジナルサイズで表示
    • Fit To Window - 画像のサイズを、ウインドウのサイズに合わせる
    • Fit To Image - ウインドウのサイズを、画像のサイズに合わせる
    • Lower Opacity - 透明度を上げる
    • Increase Opacity - 透明度を下げる
    • Toggle Background Opacity - 「Kuadro」の背景(余白部分) を透明にする
    • Toggle Grayscale - グレースケール化にする
    • Duplicate - 複製する
    • Always On Top - 常に最前面に表示する
    • Send To Top - 最前面に送る
    • Open Image - 画像を、関連付けソフトで開く
    • Show In Explorer - 画像の存在するフォルダを開く
    • Close - 画像を閉じる
    といったコマンドを実行することができます。
    画像の右クリックメニューコマンド
    これらの操作は、ホットキーで実行することもできたりします※3
    ウェルカムスクリーン
    3 ホットキーは、トレイアイコンを右クリック → 「About」から確認することができる。
目次へ戻る
表示中の画像&画像のレイアウトを、プリセットとして保存する
  1. 現在の表示状態を保存したい時は、タスクトレイアイコンを右クリック → 「Save As」を選択します。
    トレイアイコンの右クリックメニュー
  2. 「名前を付けて保存」ダイアログが立ち上がるので、プリセットの保存先フォルダ&ファイル名 を指定します。
  3. 保存したプリセットは、タスクトレイアイコンを右クリック → 「Open」から読み込むことができます。
目次へ戻る
表示中の画像を一括操作する
  1. その他、タスクトレイアイコンを右クリックすることにより、
    • Close Preset - すべての画像を閉じる
    • Minimize All / Restore All - すべての画像を最小化する / 最小化した画像を元に戻す
    • Send To Top - すべての画像を、最前面に送る
    • Always On Top - すべての画像を、常に最前面に表示する
    • Lock Images - すべての画像の表示位置を、固定する
    • Aggle All Grayscale - すべての画像を、グレースケール化する
    • Consolidate Taskbar Icons - 画像のタスクボタンを、一つにまとめる
    といった操作を実行することもできたりします。
目次へ戻る
終了時の注意
  1. 「Kuadro」は、トレイアイコンの右クリックメニュー「Quiet」から終了させることができます。
    終了時には「レイアウトをプリセットとして保存しますか?」というダイアログが表示されるので、保存する場合は「Save」ボタンをクリックし、保存しない場合は「Discard」ボタンをクリックしてください。
  2. Do you want to save layout?

Kuadro TOPへ
別館

最近は Chrome 拡張機能や Firefox アドオンの紹介が多め...

Kuadro を紹介しているページです