GetASFStream

GetASFStream の概要や使い方を紹介しています


違法にアップロードされた動画 / 音楽 のダウンロードは違法になります。

GetASFStream を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

ストリーミングファイルのダウンロードなら!「GetASFStream」。

GetASFStream
制作者 テトラ
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7

Download

● GetASFStream

ストリーミングファイルの保存に対応したダウンローダー。
Web ページ上に埋め込まれている 動画 / 音声 / フラッシュ 等を、ダウンロード&保存 することができる...
という特殊なダウンロードマネージャーです。
対応しているプロトコルは、HTTP / MMS / MMST / MMSH / RTSP / Fast Streaming。
指定した日時に自動でダウンロードを行う “ 番組予約 ” という機能も付いています。

「GetASFStream」は、ストリーミングファイルの保存に対応したダウンローダーです。
MMS、RTSP 等々のプロトコルに対応した珍しいダウンローダーで、一般的には保存が難しいとされる
ストリーミングメディアでも、難なく簡単に保存を行えるところが最大の特徴。
強力なURL 解析機能を備えているため、メディアファイル本体のURL が分からない場合でも、特に問題
なくダウンロードを行えたりします。
(ただし、本体URL を解析する際に、「URL Snooper」 等のソフトが必要になる場合もある)
IE の右クリックメニューからダウンロードを行えるようにする機能や、指定した日時に自動でダウンロードを
行う “ 予約 ” 機能も付いています。

基本的な使い方は以下の通り。
OS がVista / 7 の場合、「StreamGet.exe」を 管理者として実行できるように設定 しておいて下さい。

    初期設定
  1. あらかじめ、「WinPcap」 をダウンロード&インストール しておきます。
  2. 「StreamGet.exe」を実行します。
  3. メニューバー上の「共通設定」から「初期値 - DL 詳細設定」を選択。
  4. 設定画面が表示されます。
    そのまま、「個別項目2」タブ を開きます。
  5. 中段にある「保存」ボタンをクリックし、ダウンロードしたファイルの保存先フォルダを指定します。
    (ファイル名の部分は触らずに、保存先のフォルダへと移動したら「保存」ボタンを押せばよい)
  6. デフォルトでは、ダウンロードが完了すると音が鳴るようになっています。
    これを回避したい場合は、画面上部の 「共通項目」タブ を開き、下の方にある
    DL 終了時、ビープ音を出力する」のチェックを外しておきます。
  7. ファイルダウンロード時には、自動でメディアプレイヤーが起動するようになっています。
    この機能を無効化したい場合、「共通項目」タブの上部にある「自動遅延再生を行う」のチェックを
    外しておきます。
    ついでに、クリップボード監視機能も切っておいてよいでしょう。
    (「クリップボード監視機能を有効にする」のチェックを外す)
  8. 設定が済んだら、右下にある「適用」ボタンを押し、左下の「OK」ボタンをクリックします。
    実践
    ストリーミング上で右クリックできる場合
  1. ブラウザで、保存したいストリーミングメディアが存在するページを開きます。
  2. ダウンロードしたいストリーミング上で右クリック →「プロパティ」を選択します。
  3. 該当メディアの「プロパティ」画面が表示されます。
    この画面の「場所」欄に、「.asx」「.asf」「.wmv」で終わるURL が表示されていると思います。
    そのURL をコピーします。
  4. 「StreamGet.exe」を実行します。
  5. メニューバー上の「ファイル」から「URL 貼り付け」を選択。
  6. 「URL 設定」という画面 が表示されます。
    ここの「URL」欄に、目的のURL が貼り付けられているのを確認し※1、「UserAgent」を
      Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    にしておきます。
    (上のでダメな時は、 Windows-Media-Player/10.00.00.4019 を選択する)
    ※1 URL は、「Get Data」欄に分割されていてもよい。
    「Referer」欄には、ストリーミングメディア掲載ページのURL を貼り付けておくとよいでしょう。
  7. 設定が終わったら、「URL 設定」画面の下部にある「追加」ボタンをクリック。
  8. 「まだ設定が保存されていません 初期値を読み込みますか?」というダイアログ が表示される
    ので、「はい」を選択。
  9. あとは、ツールバー上にある DL を開始します ボタンをクリックすればOK。
    メディアファイル本体のダウンロードが開始されます。
尚、
  • 「プロパティ」画面を見ても、「.asx」等が見当たらない
  • ストリーミング上で右クリックできない
  • ダウンロード対象が、フラッシュである
などの場合は、以下の方法でダウンロードを行います。
  1. ブラウザで、保存したいストリーミングメディアが存在するページを開きます。
  2. 該当ページ(フレーム)のURL を、クリップボードにコピーします。
  3. 「StreamGet.exe」を実行します。
  4. メニューバー上の「ファイル」から「URL 貼り付け」を選択。
  5. 「URL 設定」という画面 が表示されます。
    ここの「URL」欄に、目的のURL が貼り付けられているのを確認し※1、「UserAgent」を
      Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    にしておきます。
  6. 設定が終わったら、「URL 設定」画面下部の「追加」ボタンをクリック。
  7. 「まだ設定が保存されていません 初期値を読み込みますか?」というダイアログ が表示される
    ので、「はい」を選択。
  8. ツールバー上にある DL を開始します ボタンをクリックします。
  9. 「このURL 解析を行いますか?」というダイアログ が表示されす。
    ここでも「はい」を選択。
  10. 続けて 「プロトコル解析用デバイス選択」というダイアログ が表示されるので、ネット接続の際に
    使用している IP アドレス※2 を選択 →「OK」ボタンをクリックします。
    ※2 現在使用しているIP アドレスは、「i-pi」 等のツールで確認することができる。
    (WinPcap 使用時は、ここにネットワークの名前が表示される)
  11. 同時に 「URL 解析ツール」が起動します。
    先ほど指定したURL が、この「URL 解析ツール」の内蔵ブラウザ内に表示されています。
    そのまま、目的のストリーミングメディアを再生させてみます。
  12. しばらく待っていると、ストリーミングメディア本体のURL( wmv 等)や asx ファイルのURL が、
    画面上部のリストに表示されます。
    あとは、この中から任意のものを選択 → 左側にある「DL」ボタンをクリックすればOK です※3
    「初期値を読み込みますか?」ダイアログ が表示されたら、「はい」を選択する)
    ※3 もしくは、「プロトコル解析 (WinSock) 中-標準モード」画面 内に表示されたURL を選択 →
    「DL 指示」ボタンをクリックする。

    ストリーミングメディアのダウンロードが開始されます。
    URL 解析を行えなかった場合は、メニューバー上の「共通設定」から「URL-DL 詳細設定」を
    選択し、「共通項目」タブ を開く →「プロトコル解析に WinPcap を使用する」にチェックを入れ、
    再度ツールバー上の DL を開始します ボタンをクリック → URL 解析を行ってみます。

URL の解析がどうしても行われない場合は、「URL Snooper」 等のURL 解析ツールを使い、
ストリーミングメディア本体のURL を解析してみて下さい。
(解析されたURL を、「GetASFStream」に貼りつければよい)

    IE の右クリックメニューから、ダウンロードを行う
  1. IE の右クリックメニュー内に、「GetASFStream」の機能を組み込むことも可能です※4
    ※4 機能は、画像、およびリンクの右クリックメニュー内に組み込まれる。
    IE の右クリックメニューから「GetASFStream」を使えるようにしたい場合、次のような設定を
    行っておきます。
  2. 「StreamGet.exe」を実行します。
  3. メニューバー上の「共通設定」から「IE のメニューに登録」を選択します※5
    ※5 右クリックメニューから削除する時は、「IE のメニュー解除」を選択する。
  4. 「GetASFStream」を終了させます。
  5. IE が起動中である場合は、IE を再起動させます。
  6. これで準備は完了。
    画像やリンクの右クリックメニュー内に、「GAS でダウンロード」という項目が追加されています。
    あとは、画像、およびストリーミングメディアへのリンクを右クリックし、「GAS でダウンロード」を
    選択すればOK。
    「GetASFStream」が起動し、ダウンロードが開始されます。
    ストリーミング掲載ページへのリンクを右クリック →「GAS でダウンロード」を選択した場合、
    “ URL 解析 ” の実行を問うダイアログ が表示されるので、「はい」を選択します※6
    ※6 「URL 設定」画面 が立ち上がる場合もある。
    その場合は、「UserAgent」を設定 → 右下にある「追加」ボタンをクリックする。

ちなみに、ダウンロードの予約機能※7 も付いています。
※7 指定した日時に、ストリーミングを自動で(指定した時間だけ)ダウンロードする機能。
ストリーミング放送の時間帯が決まっている場合などに使う。

これの利用方法は以下のとおり。

  1. 「StreamGet.exe」を実行します。
  2. メニューバー上にある「番組関連」から「番組予約」を選択。
  3. 「番組予約」という画面 が表示されます。
    まず最初に、左上の「番組予約を有効にする」にチェックを入れます。
  4. 続いて、下の「予約開始」欄で、ダウンロードを開始する日時を指定します。
  5. 右側にある「記録時間」欄で、どれだけの時間ダウンロードを行うのか指定します。
  6. 少し下にある「繰返しモード」欄で、予約内容の実行頻度を指定します。
    予約が今回だけの場合は、「1 回のみ」にチェックを入れておきます。
  7. すぐ下にある「URL」欄に、目的とするメディアファイルのURL を貼り付けます。
  8. 画面左下にある「追加」ボタンをクリック。
  9. これで、ダウンロードの予約が登録されました。
    予約したい内容が他にもある場合は、同じようにして登録処理を行います。
  10. 設定が済んだら、右下にある「OK」ボタンをクリック。
  11. あとは、予約録画を行う日に「GetASFStream」を実行し、最小化させておけばOK です。

その他、パソコンの時刻校正機能 なども付いています。

 GetASFStream 解説サイト
Ken のムービー計画

 無線LAN 環境用のパッチ
GASWLANP

トップインターネットストリーミングファイルのダウンロード GetASFStream TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト

 Media Player Classic Homecinema
高機能なマルメディアプレイヤー

 ffdshow
各種動画ファイルを再生できるようにするソフト

 FastStone Capture
高機能なスクリーンキャプチャーツール

 MasterSeeker
インデックス不要の超高速ファイル検索ソフト

 Partition Wizard Home Edition
パーティションをあれこれ操作できるソフト

 Caesium
画像を綺麗に圧縮できるソフト

 新着フリーソフト
 Rufus
様々なOS のディスクイメージを元にして、ブータブルなUSB を高速作成することができる
 avast! Free Antivirus 10
豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス
 Metascan Online
指定したファイルを、40 種類のアンチウイルスで一括スキャン
 UpSafe GMail Backup
シンプルで使いやすいGmail バックアップツール
 Trimless for Google MailTM
Gmail で「…」となって短縮される部分が、短縮されないようにするFirefox アドオン
 Air Explorer
様々なクラウドストレージ内のファイルを、一元的に管理できる 2 画面型のファイラー

GetASFStream を紹介しているページです