Secure Folders

Secure Folders の概要や使い方を紹介しています

Secure Folders を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

指定したフォルダを、様々な方法で保護する!「Secure Folders」。

Secure Folders
制作者 Promosoft Software Limited
対応 XP/Vista/7/8

Download (ミラー : FreewareFiles )

● Secure Folders

指定したフォルダを、不可視化 / ロック / 読み取り専用 / ツール実行禁止化 してくれるソフト。
指定したフォルダを隠したり、アクセスできないようにロックしたり、読み取り専用にしたり、さらには内部の実行可能ファイルを実行できないようにしたりしてくれます。
保護中のフォルダを、制限なしで操作できる “ 信頼済みのアプリケーション ” を設定する機能 なども付いています。

「Secure Folders」は、指定したフォルダを様々な方法で保護してくれるソフトです。
指定したフォルダを、

  • エクスプローラ上で見えないようにする
  • アクセスできないようにロックする
  • 読み取り属性にし、中身のファイルを改変できないようにする
  • 中にある実行可能ファイルを、実行できないようにする
といった四つの方法で保護してくれるフォルダロッカーで、非常にシンプルかつ明快、そして手軽に使えるところが最大の特徴※1
※1 上記四つの制限方法の中から、いずれか一つの制限をかけることができる。
(複数の制限をかけることはできない)

基本的に、目的とするフォルダを登録 → あとは保護の内容を選択するだけで使うことができ、また保護のON / OFF もワンクリックで切り替えられるようになっています。
(保護の内容も、簡単に変更することができる)
秘密のフォルダや重要なフォルダ、あるいはウイルス等から保護したいフォルダが存在している時に便利。
その他、保護中のフォルダを普通のフォルダとして操作できる “ 信頼されたアプリケーション ” を設定する機能も付いていたりします。

使い方は以下のとおり。

    ポータブルインストール
  1. インストールの際に、ポータブルインストールの選択 が可能となっています。
    ポータブルインストールを行う場合は、インストールの際に
    • Hidden (portable ) installation
    にチェックを入れ、「Accept & Install」ボタンをクリック →「フォルダの参照」ダイアログが表示されるので、展開先のフォルダを指定して下さい。
    実際に使う
  1. 「SecureFolders.exe」を実行します。
  2. メイン画面 が表示されます。
    最初に、右下の「ADD」ボタンをクリック。
    (もしくは、保護したいフォルダを画面中央にドラッグ&ドロップ)
  3. 「Add folder, file or file mask」という画面 が表示されます。
    ここで、右端の「BROWSE」ボタンをクリック → 保護したいフォルダを指定します。
  4. 下の「Protection」欄で、フォルダの保護方法を選択 → 右下の「ADD」ボタンをクリックします。
    保護方法は、
    • Hide - 隠す
    • Lock - ロックする
    • Read - only - 読み取り専用にする
    • No excution - 中にある実行可能ファイルを、実行できないようにする
    の中から選ぶことができます。
  5. すると、中央のリストにフォルダが登録されます。
    他にも保護したいフォルダがある場合は、同様の手順でフォルダの登録 → 保護内容の設定 を行います。
  6. 保護設定を変える時は、該当フォルダの「Action」欄で保護内容を選択します。
    フォルダの保護を一時的に停止させる時は、フォルダ名の先頭に付いているチェックを外せばOK。
    「Secure Folders」の監視機能を一時停止させる時は、画面左下のスライダーをクリックします。
    登録フォルダを削除する時は、右端の x ボタンをクリックします。
    信頼するアプリケーションの登録
  1. 保護中のフォルダを、制限なしで操作できる “ 信頼済みアプリケーション ” を設定する機能も付いています。
    信頼するアプリケーションを登録したい時は、上部のタブを「TRUSTED APPLICATIONS」に切り替えます。
  2. そのまま、右下の「ADD」ボタンをクリック。
  3. 「Add folder, file or file mask」という画面 が表示されます。
    ここで、右上の「BROWSE ON DISK」ボタンをクリック → 目的のアプリケーションを選択し、画面右下の「ADD」ボタンをクリックします。
    下部の「Running process」欄で、現在実行中のアプリケーションを選択してもOK です。
  4. 信頼するアプリケーションが他にもある場合は、同様の手順で登録処理を行います。
  5. リストに登録されたアプリケーションは、保護中のフォルダを普通に操作できるようになっています。
    登録したアプリケーションを削除する時は、該当アプリの右端にある x ボタンをクリックします。
    (権限を一時的に無効化させたいだけの時は、先頭に付いているチェックを外す)
    設定
  1. 画面上部のタブを、「SETTINGS」に切り替えます。
  2. 設定画面 が表示されます。
    ここでは、次のようなオプション設定を行うことができます。
    • Protect access to application settings with password※2
      「Secure Folders」の起動に、パスワードをかける
    • Autostart with system
      Windows 起動時に、「Secure Folders」を自動で実行する
    • Show icon in tray
      タスクトレイ上にアイコンを表示する
    • Assin shortcut to open Secure Folders※3
      「Secure Folders」のメイン画面表示にホットキーを割り当てる
    • Check for updates automatically
      アップデートのチェックを自動で行う
  3. ※2 「SET PASSWORD」ボタンをクリックして表示される画面 で、パスワードの設定を行う。
    (「NEW PASSWORD」欄と「CONFIRM NEW PASSWORD」欄に同じパスワードを入力する)

    ※3 右にあるテキスト入力フォームをクリックすると、「Enter keyboard shortcut」という画面 が表示されるので、そこでホットキーの設定を行う。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Secure Folders TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 ImgBurn

高機能かつ多機能なライティングソフト

 WinToFlash Lite

Windows のインストールディスク / イメージ を元に、ブートUSB を作成

 Media Player Classic Homecinema

高機能なマルメディアプレイヤー

 MDIE

スタンダードなインターフェースのタブ型ファイラー

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 SpeedyFox

Firefox / Chrome / Thunderbird / Skype を高速化

 Tab Revolution

全画面表示の際に、マウスオーバーでタブバー&アドレスバー を表示できるようにする Chrome 拡張

 TC4Shell

アーカイブ / イメージファイル / 実行ファイル 等を、フォルダのような感覚で開けるようにする

 Twitter自動画像拡大フィルタ

Twitter の画像を、ブラウザの横幅や高さに合わせて拡大表示できるようにする Chrome & Firefox 拡張

 Video Clip QuickTool

各種動画ファイルを、カット / リサイズ / クロップ / 回転 / 反転 / 音量調整 することができる

 Paste As File

クリップボード内のテキストや画像を、右クリックメニューからファイルとして保存可能にする

 ImgDrive

イメージファイルを読み込み可能な “ 仮想ドライブ ” を、最大で 7 個まで作成できるようにする

 おすすめフリーソフト
 AnyDesk

シンプルかつ高速なリモートデスクトップツール

 FloatingButton

任意のホットキーと同じ動作をするボタンを、デスクトップ上に配置する

 Clean Uninstall

アドオンを完全にアンインストールできるようにするFirefox アドオン

 YUMI

複数のブートイメージが収納された “ マルチブート ” なライブUSB を作成

スポンサードリンク

Secure Folders を紹介しているページです