Contexter

Contexter の概要や使い方を紹介しています

Contexter を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

右クリックメニューを簡単に変更することができる!「Contexter」。

Contexter
制作者 こ~いち
対応 2000/XP

Download (ミラー)

● Contexter

拡張子別の編集を行うことができる右クリックメニューカスタマイズツール。
右クリックメニューへのアプリケーション登録 / 既存アイテムの設定内容変更、不要なアイテムの削除 といった処理を、拡張子別に行うことができます。
右クリックメニュー内の「新規作成」や「送る」に登録されているアイテムを編集する機能も付いています。

「Contexter」は、ファイルやフォルダの右クリックメニューを編集することができるソフトです。
右クリックメニュー内にお気に入りのアプリケーションを登録したり、既に登録されているメニュー項目の設定内容を変更※1 したり、不要なメニュー項目を削除※2 したりすることができます。
※1 表示名、実行ファイルのパス、コマンドラインオプション を編集することができる。
※2 一時的に無効化することもできる。
編集は拡張子別に行うことができ、また右クリックメニュー内の「新規作成」「送る」内にあるアイテムもカスタマイズできるようになっています。
右クリックメニュー内の不要項目を削除したい時や、よく使うアプリケーションを素早く起動できるようにしたい時 などに便利。

基本的な使い方は以下の通りです。
OS がVista / 7 の場合は、「Contexter.exe」を右クリックして「管理者として実行」して下さい。

    右クリックメニュー内に、新たな項目を追加
  1. 「Contexter.exe」を実行します。
  2. 拡張子情報の取得が実行されるので、少し待ちます。
  3. メイン画面が表示されたら、左上にある「メニューに追加」タブをクリック。
  4. 全ての拡張子が一覧表示されるので、
      どの拡張子の右クリックメニュー内に、項目を追加するのか
    ということを選択します※3
    (目的とする拡張子にチェックを入れればよい)
    ※3 複数の拡張子を選択(チェック)した場合、該当拡張子の右クリックメニュー全てに同じ項目が追加される。
  5. 下の「実行するプログラム」欄の右にある ボタンをクリック →「実行ファイルを選択」を選択し、新たに追加したいアプリケーションを指定します。
  6. すぐ上の「表示するテキスト」欄に、今選択したアプリケーションの表示名※4 を入力します。
    ※4 右クリックメニュー内に表示されるテキスト。
  7. 必要であれば、「コマンドライン引数」欄でコマンドラインオプションを指定します。
  8. 最後に、下部の「追加」ボタンを押せば操作完了。
    「追加しました ♪」というダイアログが表示されます。
    既存の右クリックメニューを編集
  1. まず、「メニューの編集」タブを開きます。
  2. 全ての拡張子が一覧表示されるので、編集対象の拡張子を選択します。
  3. 画面中段に、選択した拡張子に関連付けられているメニューがリスト表示されます。
    あとは、編集したいメニューをクリック → 下部の「実行するプログラム」や、「表示するテキスト」「コマンドライン引数」を適宜変更し、左下にある「変更」ボタンをクリックすればOKです。
    (「削除」をクリックすると、選択中のメニューを削除することができる)
    「新規作成」内のメニューを編集
  1. 「新規作成」タブを開きます。
  2. 全ての拡張子が一覧表示されるので、「新規作成」内に登録したい拡張子にチェックを入れます。
  3. 選択した拡張子用のテンプレートが存在する場合、画面中段の「指定したテンプレートを使用」にチェックを入れ、 ボタンをクリック → テンプレートファイルを選択します。
    (テンプレートが存在しない場合は、「空のファイルを作成」にチェックが入ったままでOK)
  4. あとは、左下にある「これで設定」ボタンをクリックすればOK。
    「送る」内のメニューを編集
  1. 「送る」タブを開きます。
  2. 現在「送る」内に登録されているメニューがリスト表示されます。
    あとは、編集したいメニューを選択 → 左下にある「名前の変更」「削除」「バックアップ」ボタンを使い、項目の編集を行います。
    「送る」内に新規メニューを登録したい場合は、画面下部の「新規登録」欄にある「ファイル」「フォルダ」ボタンをクリックし、目的とするファイルやフォルダを選択すればOK。

このソフトを使うには、「.NET Framework 1.1 SP1」 をインストールしている必要があります。
Contexter TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 MPC-BE

高機能なマルチメディアプレイヤー

 CCleaner

高機能かつ使いやすいシステムクリーナー

 Macrium Reflect Free Edition

指定したドライブを、丸ごと完全にバックアップ

 Elevated Shortcut

指定したソフトを、UAC の警告なしで特権起動可能に

 Domino

高機能かつ使いやすい作曲ソフト

 MiniTool Partition Wizard Free

パーティションをあれこれ操作できるソフト

 Dual Display Mouse Manager

マウスカーソルが、意図せず他のディスプレイに移動してしまうのを防げるようにする

 Universal Extractor 2

非常に多くのフォーマットに対応したファイル展開&解凍ソフト

 VClip

超シンプルな動画キャプチャーツール

 Emlファイルタイムリセット

EML ファイルのタイムスタンプを、“ メールの受信日時 ” に変更してくれるソフト

 Download Manager

ダウンロードアイテムを、ツールバー上から管理できるようにする Chrome 拡張

 ExcelPass

Excel / Word / PowerPoint / PDF / ZIP ファイルのパスワード設定を、手軽に行える

 おすすめフリーソフト
 GIF Viewer

素材画像抽出機能も備えたGIF アニメプレイヤー

 MicMute

マイク入力のON / OFF を、ホットキーで切り替えられるようにするソフト

 ポップアップブロッカー

“ ブロックできないポップ ” をブロック可能にする Chrome 拡張

 dhIMG Twitter

特定のTwitter ユーザーによりアップロードされた画像を、一括してダウンロード

Contexter を紹介しているページです