Screenpresso

Screenpresso の概要や使い方を紹介しています

Screenpresso を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

スタイリッシュな注釈を付けることができるスクリーンキャプチャーツール!「Screenpresso」。

Screenpresso
制作者 LEARNPULSE SAS
対応 XP/Vista/7/8/8.1/10

Download

● Screenpresso

高度な画像編集機能を備えたスクリーンキャプチャーツール。
マウスドラッグで囲んだ矩形領域 / 指定したウインドウ / デスクトップ全体 / スクロールが必要な縦長領域 を、キャプチャして画像や PDF / DOCX / HTML ファイルに書き出すことができます。
キャプチャを時間差で実行する機能や、動画キャプチャ機能、キャプチャした画像に、矢印 / 矩形 / 楕円 / 自由線 / テキスト / 画像 / 吹き出し / 番号 / ルーペ / 括弧 を描画する機能や、任意の箇所をハイライトさせたりぼかしたりする機能、画像をトリミングしたりリサイズしたりする機能... 等々が付いています。

「Screenpresso」は、強力な注釈描画機能を備えたスクリーンキャプチャーツールです。

  • マウスドラッグで囲んだ矩形領域
  • 指定したウインドウ
  • デスクトップ全体
  • スクロールが必要な縦長領域
のスクリーンショットを撮影することができるスクリーンキャプチャーツールで、キャプチャした画像に内蔵エディタでスタイリッシュな注釈を付けられるところが最大の特徴。
エディタ上では、画像に 矢印 / 矩形 / 楕円 / 自由線 / テキスト / 画像 / 吹き出し / 番号 / ルーペ / 括弧 / 任意の画像 を描画することができ、また任意の箇所をマーカーでハイライトさせたりぼかしたりすることも可能となっています※1
※1 エディタでは、ローカルの画像を読み込むこともできる。
スクリーンキャプチャは、タスクトレイアイコンからの操作、およびホットキーで実行することができ、キャプチャした画像は JPEG / GIF / PNG / BMP / TIFF / PDF / DOCX / HTML で保存することが可能となっています。
(Dropbox やGoogle ドライブに送ったり、Facebook やTwitter に投稿したりすることも可能)
普段、スクリーンショットを撮る機会が多い人にはもちろん、画像に注釈を付けるソフトを探している人にもおすすめです。
その他、
  • キャプチャを遅延して実行する機能※2
  • キャプチャした画像を、トリミングしたりリサイズしたりする機能
  • キャプチャ画像を、自動でリサイズする機能
  • キャプチャ実行時に、デスクトップの背景を自動で変更する機能
  • デスクトップ上の動作風景を、MP4 / WMV / WebM / OGV / GIF アニメ で録画する機能※3
なども付いています。
※2 キャプチャコマンドを選択後、3 秒経ってからキャプチャを実行できるようにする。
※3 フリー版では、作成した動画に「Screenpresso」のロゴと、5 秒間のCM が挿入されるので注意。

使い方は以下のとおり。
このソフトを使用するには、「.NET framework 4」 以上をインストールしている必要があります。

    起動
  1. 「Screenpresso.exe」を実行します。
  2. 最初に、利用規約同意画面が表示されます。
    利用規約
    画面左下の「同意します」にチェックを入れ、「コンピュータにインストール」か「実行」を選択します。
    パソコンにインストールせずに使いたい場合は、「実行」を選択して下さい※4
    ※4 「実行」を選択した場合、次回起動時もこの利用規約画面が表示される。
  3. インストールするようにしていた場合、「アプリケーションを再起動します」という画面が表示されるので、「OK」ボタンをクリック。
    利用規約
  4. 「Screenpresso」が起動し、タスクトレイ上にアイコン( Screenpresso )が表示されます。
    スクリーンショットを撮る
  1. タスクトレイアイコンを右クリックし、
    • 指定領域のスクリーンショット - 「Print Screen」
      マウスドラッグで囲んだ矩形領域を、キャプチャする
    • 全画面のスクリーンショット - 「Shift」+「Ctrl」+「Alt」+「Print Screen」
      デスクトップ全体をキャプチャする
    • スクリーンショット起動を遅らせる
      このコマンドを選択した後、3 秒待ってから矩形領域をスクリーンキャプチャ
    • 自動スクロールを使ってスクリーンショット - 「Win」+「Shift」+「Print Screen」
      スクロールが必要な縦長のページをキャプチャする
    のいずれかを選択します※5
    タスクトレイアイコンの右クリックメニュー
    (各コマンドのホットキーを押してもOK)
    ※5 アクティブウインドウのキャプチャは、ホットキーでのみ実行可能。
    (デフォルトのホットキーは、“ 「Alt」+「Print Screen」 ” )

    スクリーンショットを一度でも撮った後は、「前回指定した領域のスクリーンショット」コマンドを使うこともできます。
    尚、「Copy text (OCR)」「Decode a Flashcode」「Android Center」は、有料版のみで使える機能になります。
  2. 「全画面のスクリーンショット」を選択していた場合、即座にスクリーンキャプチャが実行されます。
    (アクティブウインドウをキャプチャする時も、即座にキャプチャが実行される)
    「指定領域のスクリーンショット」「スクリーンショット起動を遅らせる」を選択していた場合、画面が領域選択モードに切り替わるので、キャプチャしたい領域をマウスドラッグで囲みます。
    領域選択モード
    「自動スクロールを使ってスクリーンショット」を選択していた場合は、次のような操作を行います。
    1. 画面が領域選択モードに切り替わるので、キャプチャしたい領域をマウスドラッグで囲みます。
      (スクロールバーは含めないようにしてください)
    2. 領域を囲んだら、画面上で一回左クリックします。
    3. そのまま、画面を半ページ分くらいスクロールさせます。
      この時、“ 直前に左クリックした時に表示されていた部分 ” が、少しは表示されている状態にしてください。
    4. 再度、画面上で左クリックします。
    5. 続けて、画面を半ページ分くらいスクロールさせ、画面上で左クリックします。
    6. このようにして、“ 半ページ分くらいスクロールさせる → 左クリック ” を繰り返し、完了したら右クリックします。
  3. スクリーンキャプチャが実行され、キャプチャされた画像が “ ワークスペース ” ※6 内に保存されます。
    ワークスペース
    ※6 “ ワークスペース ” とは、「Screenpresso」で撮った画像や動画を管理する場所のこと。
    ワークスペースは、タスクトレイアイコンを左クリックすると表示される。
    (ホットキー “ 「Win」+「Print Screen」 ” で表示させることも可能)
    ワークスペースの左下にある キャプチャ ボタンからでも、スクリーンキャプチャを実行することはできる。

    画像をそのまま保存したい時は、ワークスペース上で画像を右クリック → 「別名で保存」を選択し、画像の保存先フォルダ&ファイル名 を指定します。
    (画像を、適当なフォルダにコピペするだけでもよい)
    画像の編集を行いたい時は、ワークスペース上で目的の画像をダブルクリックします。
    画像編集
  1. ワークスペース上で、編集したい画像をダブルクリックします。
  2. 「画像Screenpresso のエディター」という画面が表示されます※7
    画像Screenpresso のエディター
    ※7 タイトルバー左端の Screenpresso ボタンをクリック → 「開く」を選択することにより、ローカルの画像を読み込むこともできる。
    まず、画面右上の「描画ツール」内にあるツールボタンのうち、使用したいものをクリックします。
  3. 自由線を描く 指定の領域をぼかす 以外を選択した場合、各ツールのプリセットが一覧表示されるので、使用したいものを選択します。
    プリセットが表示される
    画像を追加 を選択していた場合は、表示されたパネルの中から合成したい画像を選択するか、「参照」ボタンを押して合成したい画像を選択します。
    合成する画像を選択する
  4. 画像内の任意の部分をクリックしたりドラッグしたりし、各種オブジェクトを描画したりします。
    描画されたオブジェクトは、マウスドラッグにより移動させることができます。
    また、端の部分に表示される支点をドラッグすることで、拡大縮小させることも可能です。
  5. 描画されたオブジェクトをダブルクリックすることにより、オブジェクトのパラメータを調整することもできます。
    描画オプション
    (オブジェクトを右クリックして「描画オプション」を選択しても同じ)
    調整できるパラメータには、一例として次のようなものがあります。
    • フォント
    • テキストの色
    • フォントサイズ
    • 透過性
    • グロー(発光エフェクト)
    • 塗りつぶし
    • 線の幅
    • 線の種類
    • 角の丸み
    (調整できるパラメータは、オブジェクトにより異なります)
    この画面の下にある「基本設定」ボタンから、現在の設定内容を既存のプリセットに上書きしたり、新規プリセットとして保存したりすることもできます。
  6. 編集が終わったら、ツールバー上の「別名で保存」か「確定」ボタンをクリックし、ファイルの保存を行います。
    「確定」は、編集したファイルをワークスペース上のファイルに上書き保存することを意味しています。
  7. 画面上部の「画像」タブを開くことで、
    • 切り取り
    • 縮小※8
    • サイズ変更
    • キャンバスサイズ変更
    といったアクションを実行することもできたりします。
    (「枠線」は、有料版のみの機能)
    「画像」タブ
    ※8 マウスドラッグで指定した領域をカットし、残った部分を結合させる機能。
    縦長 / 横長 のキャプチャ画像を、短くしたい時に使う。
    カットされた部分に、ギザギザマークを合成することもできる。
    「画像」タブ

    「切り取り」は、切り取りたい部分をマウスドラッグで囲み、ツールバー上の「OK」ボタンを押せばOK です。
    「縮小」を行う時は、カットの方法を選択 → カットしたい領域をマウスドラッグで囲み、ツールバー上の「OK」ボタンを押します。
    「サイズ変更」「キャンバスサイズ変更」は、各種オプションを設定して「OK」ボタンを押せばOK です。
    サイズ変更
    キャンバスサイズ変更
    録画
  1. タスクトレイアイコンを右クリックし、
    • 録画 - 「Ctrl」+「Print Screen」
    • 指定領域を録画 - 「Shift」+「Ctrl」+「Print Screen」
    のどちらかを選択します。
    (各コマンドのホットキーを押してもOK)
    ワークスペースの左下にある キャプチャ ボタンからでも、録画を行うことは可能となっています。
  2. 「録画」を選択していた場合、録画領域選択枠が表示されます。
    録画領域選択枠
    これの端にある支点をドラッグしたり、枠の中央にある矢印をドラッグしたりし、録画したい領域を囲みます。
    「指定領域を録画」を選択した場合、画面が録画領域選択モードに切り替わるので、録画したい部分をマウスドラッグで囲みます。
    録画領域選択モード
    尚、「動画」パネルの中央にあるプルダウンメニューをクリックすることにより、枠をプリセットされたサイズに一発変更することもできたりします。
    枠のプリセットサイズ
  3. 必要に応じて、「動画」パネルの中央にある 設定 ボタンをクリックすることにより、
    • Direct recording to MP4※9 - MP4 で録画する
    • キャプチャを遅らせて起動(3 秒)
    • カーソルを強調
    • マウスクリックを強調
    • 録音
    といったオプションのON / OFF を切り替えたりすることも可能です。
    録画オプション
    ※9 Windows 8 以降を使用している場合のみ有効化できる。
    このオプションを使用しなくても、MP4 で出力することは可能。
    逆に、このオプションを使用すると、動画をMP4 でしか出力することができないので注意。
  4. ついでに、録画領域の右上 or 右下 に、Web カメラの映像を表示させておくことも可能です。
    Web カメラの映像を配置
    録画領域内にWeb カメラの映像を表示させておきたい時は、ホットキー “ 「Win」+「F7」 ” を押します※10
    (再度 “ 「Win」+「F7」 ” を押すと、Web カメラの映像が消える)
    ※10 Web カメラ映像の上で右クリックすることにより、映像の拡大率と配置場所を変更することができる。
  5. 録画の準備が整ったら、 録画 ボタンをクリック。
  6. 録画が開始されます。
    (録画中は、タスクトレイアイコンが点滅します)
    ちなみに、ホットキー “ 「Win」+「F8」 ” を押すことで、録画対象領域がマウスの動きに合わせて自動で移動していくようになったりします。
    (この機能をOFF にする時は、再度 “ 「Win」+「F8」 ” を押す)
  7. 録画を終了する時は、「Print Screen」キーを押すか、タスクトレイアイコンを右クリック → 「停止」を選択します。
  8. “ 「Screenpresso」メディアプレーヤー ” が立ち上がり、録画された内容がプレビュー再生されます。
    「Screenpresso」メディアプレーヤー
    このプレイヤーの下部にある「保存(GIF)」ボタンをクリックすると、動画をGIF アニメとして出力することができます。
    一方、「保存(MP4)」ボタンを押すと、動画をMP4 ファイルとして保存することができます※11
    ※11 「保存(MP4)」ボタンの右にある ▼ をクリック → 「フォーマット」から、保存先のフォーマットを WMV / WebM / OGV に変更することもできる。
    フォーマット
    ここでは、動画の画面サイズ / 動画品質 を設定することも可能。

    前述のとおり、「Direct recording to MP4」オプションをON にしていた場合は、MP4 でしか保存することはできません。
    (「保存」というボタンしか表示されない)
    いずれの形式で出力する時も、初回のみ「FFmpeg」のインストールが必要になります。
    「FFmpeg」のインストール
    「FFmpeg」のインストールを促す画面が表示されたら、「今すぐダウンロードしインストールします」をクリックして下さい。
    オプション設定
  1. タスクトレイアイコンを右クリックし、「設定」を選択します。
  2. 設定画面が表示されます。
    ここでは、下記のようなオプションの設定を行うことができます。
      一般
      一般
    • Windows 起動時に自動起動する
    • Screenpresso の改善のため、使用状況レポートを匿名で送信する
    • Screenpresso の自動更新を有効にする※12
    • ワークスペースの保存先フォルダ
    • 設定のインポートまたはエクスポート
    ※12 フリー版では、このオプションを無効化することはできない。
      スクリーンショット
      スクリーンショット
    • 初期設定の画像形式
    • (ワークスペースに)保存するファイルの数
    • (ワークスペースに書き出す画像の)ファイル名
    • スクリーンショット後の操作
      • ワークスペースを開く
      • 内部エディターを開く
      • 吹き出しを付ける
      • 何もしない
    • (キャプチャ後に)クリップボードにコピーする内容
      • 画像とそのファイルパス
      • 画像
      • 画像のファイルパス
      • 何もしない
    • キャプチャを遅らせて起動する(3 秒)
    • 背景をクリーンにする - 領域選択モードに入ったら、背景を暗くする
    • マウスカーソルをキャプチャする
    • 画像のサイズを変更する
    • 画像に効果を付ける※13
    • すかし画像を合成する - 有料版のみの機能
    • カスタムデスクトップ※14
    ※13 フリー版では、このオプションを変更することはできない。
    ※14 キャプチャ実行時に、デスクトップの背景を任意の画像や色に自動設定できるようにする機能。
    • 共有
      共有
    • この画面の下部にある「アカウントを追加」欄で任意のサービスを選択し、「○○ のアクセスを許可する」ボタンをクリックすることで、ワークスペース内のアイテムを選択中のサービスに直接アップロードできるようになります。
      (ワークスペース内で任意のアイテムを選択 → 下部の「共有」ボタンを押す)
      スクリーンショット
      スクリーンショット
      スクリーンショット
      動画キャプチャ
      動画キャプチャ
    • Direct recording to MP4 - MP4 で録画する
    • (ワークスペースに書き出す動画の)ファイル名
    • 録画停止後に、プレビューを表示する
    • キャプチャを遅らせて起動(3 秒)
    • マウスカーソルを強調する
    • マウスクリックを強調する
    • 録音元のオーディオデバイス
    • 録画元のウェブカメラ
      ホットキー
      ホットキー
    • 指定領域のスクリーンショット
    • アクティブなウィンドウをキャプチャ
    • 前回指定した領域のスクリーンショット
    • 全画面のスクリーンショット
    • 自動スクロールを使ってスクリーンショット
    • 録画
    • 指定領域の録画
    • Copy text (OCR) - 有料版のみの機能
    • Decode a Flashcode - 有料版のみの機能
    • Android Center - 有料版のみの機能
    • ワークスペースを表示
    • ウェブカメラを表示
    • ズームを有効化 (動画)

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のスクリーンキャプチャーツール
 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 WinShot

多機能なスクリーンキャプチャーツール

Screenpresso TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 MPC-BE

高機能なマルチメディアプレイヤー

 Mp3tag

高機能かつ使いやすいタグエディタ

 SoundEngine

高機能かつ使いやすい波形編集ソフト

 AG-デスクトップレコーダー

シンプルでありながらも高性能なデスクトップ録画ツール

 FastCopy

ファイルやフォルダを、高速にコピー / 移動

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 Video Screenshot

各種動画ファイル内の特定場面を、静止画 / 連番画像 / GIF アニメ に変換してくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 GIF Viewer

素材画像抽出機能も備えたGIF アニメプレイヤー

 PngOptimizer

PNG / GIF / BMP / TGA ファイルを、画質劣化なしに軽量化してくれるソフト

 Mp3 Volumer

各種音声ファイルの音量を、100% ~ 600% くらいまで上げてくれるソフト

 Malwarebytes Anti-Ransomware

ランサムウェアを、検出してブロックしてくれる

スポンサードリンク

Screenpresso を紹介しているページです