GR

無料ソフト・フリーソフト、無料情報などを紹介しているサイトです。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

「ファイル名を指定して実行」をランチャー代わりに「GR」。

GR

● GR

ファイル名を指定して実行」 から、ソフトを簡単に起動できるようにするソフト。
「ファイル名を指定して実行」の使用を禁止したり、使用履歴を削除したりする機能もあります。

通常、「ファイル名を指定して実行」からアプリケーションを起動しようとすると、ほとんどの場合で
(実行ファイルまでの)フルパスの入力が必要になります※1
※1 以下のレジストリキーにパスが登録されているソフトは、ファイル名のみの入力で
起動することができる。
HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥Windows¥CurrentVersion¥App Paths

「ファイル名のみ」の入力で起動できないソフトでも、ソフトまでのパスをレジストリに手動で
登録すれば、「ファイル名のみ」の入力で起動することができるようになりますが、いちいち登録
するのは中々面倒です。
そこで便利なソフトが「GR」です。
アプリケーションのパスを、簡単な操作でレジストリに登録することができます※2
※2 つまり、「ファイル名を指定して実行」にファイル名を入力するだけで、アプリケーションを
起動することができるようになる。


操作は以下の通りです。
  1. 「追加」ボタンから、パスを登録したいアプリケーションを選択。
  2. 「適用」ボタンをクリックすれば作業完了!
以後、「ファイル名を指定して実行」の「名前」欄に、登録したアプリケーションのファイル名を
入力※3 →「Enter」キーを押すだけで、該当アプリケーションを起動することができるように
なります。
※3 「.exe」は省略してもOK。
また、大文字・小文字も区別しなくて良い。


逆に、レジストリに登録されているパスを削除することもできます。
その場合は、(パスを)削除したいアプリケーションを選択 →「削除」→「適用」を押せばOK。
(もちろん、削除したからといってアンインストールされる訳ではありません)

そのほか、「ファイル名を指定して実行」の使用履歴を削除したり、スタートメニューから
「ファイル名を指定して実行」を隠したりすることもできます※4
※4 設定は、再起動後に反映される。
尚、スタートメニューから隠す場合、「Win」+「R」での起動もできなくする。
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 関連アプリ
GRF
(『ファイル名を指定して実行』を、コンパクトにしたファイル実行ツール)
このページのTOPへ
スポンサード リンク
 WUMT Wrapper Script

Windows Update を、完全手動で行えるようにするソフト(スクリプト)

 Windows Update MiniTool

「設定」や「コントロールパネル」に代わり、Windows Update を手動で行えるようにするソフト

 Argente Autorun

不要アイテム自動検出機能も備えたスタートアッププログラム管理ツール

 Zoom for Microsoft Edge

ウェブページの拡大率(表示倍率)を、詳細に調整できるようにする Microsoft Edge 拡張機能

 Dark Skin for Youtube / Dark Theme for YouTube

YouTube の " ダークモード " を、面倒な設定なしで実装できるようにする(ChromeFirefox

 Magical Jelly Bean Wi-Fi password revealer

パソコン内に保存されている Wi-Fi ネットワークのパスワードを、リストに一覧表示

 おすすめフリーソフト
 TakeOwnershipPro

アクセスが拒否されて開けないフォルダを、開けるようにする

 Aria Maestosa

シンプルで使いやすいMIDI 作曲ソフト

 SimiPix

シンプルで使いやすい同一画像&類似画像 検索ソフト

 recALL

各種アプリケーションに保存されているパスワードを、一覧表示

スポンサードリンク

無料ソフトフリーソフト無料情報などを紹介しているサイトです。