Orchis

Orchis の概要や使い方を紹介しています

Orchis を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

シンプルで使いやすいランチャー!「Orchis」。

Orchis
制作者 GO
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7/8/8.1

Download (公式)
Download (ミラー)

● Orchis

ポップアップメニュー型のシンプルなランチャー。
よく使うファイルやフォルダを、素早く簡単に起動できるようにまとめておいてくれます。
ランチャー本体は複数作成できるほか、様々な呼び出し方法を割り当てられるようになっているので、かなり柔軟な使い方をすることができると思います。
メニュー内にサブメニューを作成する機能や、メニュー内にセパレータを挿入する機能 等が付いています。

「Orchis」は、ポップアップメニュー型のシンプルなランチャー / ファイラー です。
普段よく使っている アプリケーション / ファイル / フォルダ 等を、いつでも素早く起動できるようにまとめておいてくれる “ ショートカットの基地 ” のようなソフトです。
このランチャー / ファイラー には呼び出し方法が多数用意されていて、しかも複数の呼び出し方法を割り当てておくこともできたりするので、ユーザーへの順応度はかなり高いと思います。
さらに、ランチャー / ファイラー は、用途や目的ごとに複数作成できるようにもなっています※1
※1 当然、各ランチャー / ファイラー ごとに、異なる呼び出し方法を割り当てることができる。
ランチャとファイラの違いは、以下のような感じ(同じようだが微妙に違う..)。
ランチャ = よく使うファイルやフォルダを登録しておくことができる。
ファイラ = 指定したフォルダ以下にある実際のフォルダ&ファイル を表示することができる。

加えて、登録アイテムをジャンルごとにサブメニュー化したり、アイテム間にセパレータを挿入することもできたりします。

使い方は以下の通り。
ここでは、とりあえず空の状態から始める方法を紹介します。
( バージョンは Orchis 11.0711 )

  1. インストールが完了すると、「Orchis Configurator」という画面 が表示されます。
    ここの「登録項目」欄で「空のランチャでスタート」を選択し、下部の「設定開始」ボタンをクリック。
    (ログオン時に、「Orchis」を自動起動させるかどうかは任意)
  2. そのまま「完了」ボタンをクリックします。
  3. タスクトレイ上に、「Orchis」のアイコンが表示されます。
    これを右クリックし、「設定」を選択。
  4. 「Orchis のオプション」という画面 が表示されます。
    設定できる項目はたくさんありますが、とりあえず「表示方法」の下層にあるメニュー を選択し、ランチャの表示方法 を設定します。
    表示方法は、以下のようなものの中から設定できるようになっています。
    • デスクトップ上でダブルクリック(左 × 2 ) - マウスクリック
    • マウスの左ボタンを押しながら右クリック(左 → 右 ) - マウスクリック
    • マウスカーソルを、画面の端( 8 方向のいずれか)に移動 - 画面端
    • 特定の修飾キーを押しながら、マウスカーソルを画面の端に移動させる - 画面端
    • マウスカーソルを画面の端に移動させ、移動先でクリックする - 画面端
    • タスクトレイ上のアイコンをクリック - タスクバー / 小窓
    • 任意のホットキー - キーボード操作
    • 「Ctrl」や「Shift」キーを連打 - キーボード操作
    • おーきす小窓※2 をクリック
    • etc...
    ※2 デスクトップ上に表示される小窓で、ここから「Orchis」を操作&管理することができる。
    (左メニュー「各種機能」の下層にある)
    小窓の画像には、任意の BMP ファイルを使用することができる。
  5. これで最低限の設定は完了です。
    次に、ランチャにアイテムを登録します。
  6. まず、先ほど設定した方法で、ランチャを実際に表示させてみます。
  7. そのまま、タイトルバー上の ○ をクリック。
  8. ランチャが “ 常に最前面に表示 ” された状態になります。
    この状態で、登録したいアイテムをランチャに向かってドラッグ&ドロップします。
  9. ドロップされたアイテムが登録されていきます。
    尚、登録アイテム上で右クリック →「項目の設定」から、該当アイテムの項目名、アイコン、アクセスキー、パラメータ(引数)、作業フォルダ、実行時の大きさ.. といった情報を指定することもできるようになっています。
  10. 必要に応じて、ランチャ内にセパレータやサブメニューを作ることもできます。
    セパレータやサブメニューを作りたい場合は、任意のアイテム上で右クリック →「項目の整理」を選択し、さらに「直前にサブメニューを挿入」や「直前にセパレータを挿入」を選択します※3
    ※3 作成したサブメニュー内にアイテムを登録する時は、目的とするアイテムを直接サブメニュー内にドラッグ&ドロップすればOK。
    セパレータを削除する時は、削除したいセパレータの次にあるアイテム上で右クリック → 「項目の整理」→「直前のセパレータを削除」を選択。
  11. アイテムを全て登録し終えたら、タイトルバー上の ● をクリックします。
  12. ランチャがタスクトレイに格納されます。
    あとは、登録アイテムを使いたい場面で、ランチャを呼び出せばOK。

上記は、デフォルトのランチャを使う場合の操作方法です。
下記に紹介する方法で、ランチャを新たに作成したり、またファイラを作成することもできたりします。

  1. タスクトレイアイコンを右クリックし、「ランチャの新規作成」を選択。
    (もしくは、「ファイラの新規作成」)
  2. 「ランチャの新規作成」(「ファイラの新規作成」)という画面が表示されます。
    ここの「名前」欄に、これから作成するランチャ / ファイラ の名前を入力します。
    ファイラを作る場合は、「フォルダ」欄の「参照」あるいは「特殊フォルダ」ボタンをクリックし、表示するルート(第一階層)フォルダも指定します。
  3. そのまま、右下にある「作成」ボタンをクリック。
  4. 「ランチャ / ファイラ の表示方法の設定」という画面 が表示されます。
    この画面で、これから作成するランチャ / ファイラ の呼び出し方法を設定します。
  5. 最後に、右下にある「OK」ボタンを押せば作業完了。
    他にもランチャ / ファイラ を作りたい場合は、同じ手順で作成処理を行います。

尚、タスクトレイ上のアイコンを右クリック →「設定」から、作成したランチャ / ファイラ に関する様々な設定を行うことができます。
ここでは、ランチャの外見※5、色やフォント※6、各操作のショートカットキー などを設定したりすることができます。
※5 登録アイテムにアイコンを付ける / 付けない、ランチャ / ファイラ の半透明化 ON / OFF、アイテム選択時の雰囲気(該当アイテムを沈ませる、浮き上がらせる 等)等を設定することができる。
※6 アクティブ / 非アクティブ なアイテムのフォント、文字色や影の有無、ランチャ / ファイラ の背景色や文字色 等。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Orchis TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 GeekUninstaller

アプリケーションを徹底的にアンインストール

 えこでこツール

各種動画ファイルから、音声を抽出する

 DVDStyler

動画ファイルを、メニュー画面付きのDVD データに変換

 AG-デスクトップレコーダー

シンプルでありながらも高性能なデスクトップ録画ツール

 MediBang Paint Pro

高機能かつ使いやすいイラスト&マンガ制作ソフト

 Malwarebytes 3.0

高速スキャンと高い検出力が特徴的な、非常駐監視型のアンチスパイウェア

 Select like a Boss

リンクテキスト内の文字列を、普通に選択できるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Windows 10 DPI Fix

Windows 10 の “ 文字がぼやけて見える現象 ” を、解決してくれる

 Free Hide Folder

シンプルなフォルダ隠蔽ツール

 DAEMON Tools Lite

各種イメージファイルを、ドライブとして扱えるようにするソフト

 SMPlayer

ほとんどのフォーマットに対応した高機能マルチメディアプレイヤー

スポンサードリンク

Orchis を紹介しているページです