Windows 起動時に、いつも決まったアプリが自動で起動するように設定する方法

Windows 起動時に、いつも決まったアプリが自動で起動するように設定する方法

Windows 起動時に、いつも決まったアプリが自動で起動するように設定する方法
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  Pocket に登録

Windows 起動時に、いつも決まったアプリが自動で起動するように設定する方法

このページでは、Windows 起動時にいつも決まったアプリが自動で起動するように設定する方法を紹介します。

Windows 起動時に、いつも決まったアプリが自動で起動するようにする

毎日必ず決まって使うソフトがある場合、パソコンの起動と同時に対象のソフトが起動してくれると非常に楽です。
いちいちソフトを手動で実行する必要がなくなるため、パソコンを起動させたらすぐに日々の日課に取り組むことが可能となります。

そこで、このページでは、“ 毎日必ず決まって使うソフト ” を、パソコンの起動と同時に起動させる方法を紹介します。

別途ソフトをインストールしたりする必要はなく、Windows の標準機能のみで設定を行うことができます。

尚、ソフト・アプリ だけではなく、普通のファイルやフォルダ / ドライブ / ウェブページ... なども、このページの手順で自動起動させることができます。


Windows 起動時に自動起動させたいアイテムが、ユニバーサルアプリやウェブサイトでない場合
  1. Windows 起動時に自動で起動させたいアイテムが、
    • ユニバーサルアプリ(ストアアプリ)ではない デスクトップアプリ
    • その他のファイル(テキストファイル、オフィスドキュメント、メディアファイル 等々)
    • フォルダやドライブ
    である場合、最初に該当アイテムのショートカットを作成する必要があります。

    上記のようなアイテムを自動起動させたい場合、対象のファイルやフォルダを右クリックして「ショートカットの作成」を行います。

    自動起動させたいファイルやフォルダのショートカットを作成する
    ショートカットが作成された
  2. Windows 起動時に自動で起動させたいアイテムが他にもある場合は、同様の手順でショートカットの作成を行います。
    自動起動させたいファイルやフォルダのショートカットを作成する
    ショートカットが作成された
目次へ戻る
スタートアップフォルダを開き、自動起動させたいアイテムの登録を行う
  1. エクスプローラのアドレスバー上に、
    shell:startup
    と入力して「Enter」キーを押します。
    エクスプローラのアドレスバー上に、「shell:startup」と入力して「Enter」キーを押す
    ホットキー “ 「Win」+「R」 ” を押して「ファイル名を指定して実行」を呼び出し、ここに
    shell:startup
    と入力して「Enter」キーを押しても OK です。
    「ファイル名を指定して実行」に「shell:startup」と入力して「Enter」キーを押してもOK
  2. 「スタートアップ」という名前のフォルダが表示されます。
    (フォルダパスは、「C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup」)
    「スタートアップ」フォルダ
    このフォルダ内に、先ほど作成したショートカットをコピーします。
    自動起動させたいファイルやフォルダのショートカットを、「スタートアップ」フォルダ内にコピーする
    自動起動させたいファイルやフォルダのショートカットを、「スタートアップ」フォルダ内にコピーする
    Windows 起動時に自動起動させたいアイテムがユニバーサルアプリである場合、スタートメニュー内のアイコンを直接「スタートアップ」フォルダ内にドラッグ&ドロップします。
    (ドロップしたアプリのショートカットが、自動で作成されます)
    ユニバーサルアプリは、スタートメニューから直接「スタートアップ」フォルダ内へドラッグ&ドロップする
    「スタートアップ」フォルダ内に、ショートカットが登録された
    Windows 起動時に自動で開きたいウェブサイトがある時は、アドレスバーの先頭にあるアイコンを「スタートアップ」フォルダ内に直接ドラッグ&ドロップします※1
    ウェブサイトの場合、アドレスバーの先頭にあるアイコンを「スタートアップ」フォルダ内に直接ドラッグ&ドロップする
    「スタートアップ」フォルダ内に、ショートカットが登録された
    1 登録したウェブサイトは、既定のブラウザで表示される。
    ただし、Internet Explorer 経由で作成されたショートカットのリンク先は、Internet Explorer で表示される。

    Microsoft Edge を使用している場合は、下記手順にてショートカットの作成を行います。
    1. Windows 起動時に自動で開きたいウェブサイトの URL を、コピーします。
      Windows 起動時に自動で開きたいウェブサイトの URL をコピーする
    2. 「スタートアップ」フォルダ内で右クリックし、「新規作成」から「ショートカット」を選択します。
      「スタートアップ」フォルダ内で右クリックし、「新規作成」から「ショートカット」を選択する
    3. 「ショートカットの作成」という画面が表示されます。
      「項目の場所を入力してください」欄に、ウェブサイトの URL を貼り付ける
      この画面の中央にある「項目の場所を入力してください」欄に、ウェブサイトの URL を貼り付けて「次へ」ボタンをクリックします。
    4. 続いて「ショートカットの名前を付けてください」という画面が表示されるので、ウェブサイトの名前などを入力 → 右下の「完了」ボタンをクリックします。
      この「ショートカットの名前を入力してください」欄に、ウェブサイトの名前などを入力する
    5. ショートカットが作成されました。
      ショートカットが作成された
  3. ちなみに、“ 自分以外のユーザーが、パソコンを立ち上げた時 ” にも自動で起動させたいアプリがある場合は※2、アドレスバー上に
    shell:common startup
    と入力 → 「Enter」キーを押して開かれた方の「スタートアップ」フォルダ内にショートカットを登録してください。
    エクスプローラのアドレスバー上に、「shell:common startup」と入力して「Enter」キーを押す
    「ファイル名を指定して実行」に「shell:common startup」と入力して「Enter」キーを押してもOK
    「スタートアップ」フォルダ
    自動起動させたいファイルやフォルダのショートカットを、「スタートアップ」フォルダ内にコピーする
    2 パソコンを複数のユーザーで使用していて、他のユーザーがサインインした時にも自動で起動させたいアプリがある場合... など。
    フォルダ名は同じ「スタートアップ」ではありますが、フォルダパスが
    C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\StartUp
    となっています。
  4. 自動起動させたいアイテムのショートカットを「スタートアップ」フォルダ内に登録し終えたら、操作は完了です。
    以降、Windows 起動時に、自動で「スタートアップ」フォルダ内のショートカットが起動するようになります。
    自動起動をやっぱりやめたくなったら、対象のショートカットを削除すれば OK です。
    自動起動をやめたくなったら、対象のショートカットを削除する
目次へ戻る
Windows 起動時に自動で起動するアイテムを、より詳細に制御したい場合
  1. 自動起動するアイテムをより詳細に制御したい時は、 などのスタートアップ管理ツールを使うとよいでしょう。
    (すべて日本語に対応)

    これらのソフトを使うと、特定のアプリを少し遅らせてから起動させるように設定したり※3、意図しない自動起動アプリを無効化したりすることができます。
    3 大量のソフトを一気に起動させるとシステムに負荷がかかってしまうが、起動間隔をずらすことにより負荷を緩和することができる。

    その他、Windows 10 では、タスクマネージャーを使って “ Windows の起動に負荷をかけているアプリ ” を調べることができたりします。

スポンサードリンク


Windows 起動時に、特定のアプリを自動で起動させる TOPへ
スポンサードリンク

Windows 起動時に、いつも決まったアプリが自動で起動するように設定する方法