Toolwiz Time Freeze

Toolwiz Time Freeze の概要や使い方を紹介しています

Toolwiz Time Freeze を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

超簡単に使えるシステムロールバックソフト!「Toolwiz Time Freeze」。

Toolwiz Time Freeze
制作者 Toolwiz software
対応 XP/Vista/7/8/10

Download (公式)
Download (ミラー)

● Toolwiz Time Freeze

システムドライブに加えられた変更を、再起動するだけで元に戻せるようにするソフト。
システムドライブの内容を仮想化し、それ以降加えられた変更を “ 再起動するだけ ” で元に戻せるようにしてくれます。
指定したファイル / フォルダ を、保護から除外する機能も付いています。

「Toolwiz Time Freeze」は、超簡単に使えるシステム仮想化ツールです。
システムパーティション ( C ドライブ) の内容を仮想化し、それ以降の変更内容全てを “ なかったこと ” にすることができるサンドボックス風のソフトで、難しい設定なしで簡単に使えるところが最大の特徴※1
※1 あくまでも、 “ 仮想化前の状態に戻せる ” というだけなので注意。
たとえば、デスクトップの状況を送信するウイルスに感染した場合、次回Windows 起動時までは送信が行われてしまう。
また、システムパーティション以外のファイルを削除するウイルスに感染した場合、被害を防ぐことはできない。

操作は、保護を開始したい場面で「保護を開始する」と指示するだけなので超簡単。
元の状態 ( = 保護開始時点の状態) に戻す時も、パソコンを再起動するだけでOK... となっています。
ちょっと怪しそうなソフトを試す時や、普段は怖くてできないことを試してみたい時などに便利。
ちなみに、指定したファイル / フォルダ を、保護しないように設定することもできたりします。

使い方は以下のとおり。

    基本
  1. 「Toolwiz Time Freeze」をインストールすると、OS の再起動を促すダイアログ が表示されます。
    そのまま「Complete」ボタンをクリックし、パソコンを再起動させます。
  2. Windows が起動すると、タスクトレイ上に「Toolwiz Time Freeze」のアイコン( )が表示されます。
    これをダブルクリック※2
    ※2 タスクトレイアイコンを右クリック →「Start TimeFreeze」を選択 することでも、保護を開始させることはできる。
  3. メイン画面 が表示されます。
    システムの保護を開始させたくなったら、右上の「Start TimeFreeze」ボタンをクリックします※3
    ※3 左上の「Enable Time Freeze automatically when Windows starts」にチェックを入れると、Windows 起動時に自動で保護がON になるようになる。
  4. 「保護を開始しますか?」というダイアログ が表示されるので、「OK」を選択。
  5. すると、システムドライブの保護が開始されます。
    これ以降システムドライブに加えられた変更は、次回再起動時に “ なかったこと ” になります。
    ( “ 保護を開始した時の状態 ” に自動で戻っている)
    保護しないファイル / フォルダ の登録
  1. 必要に応じて、特定のファイル / フォルダ を保護しないようにすることもできます※4
    ※4 保護をON にしてから再起動しても、変更内容がリセットされないようにする。
    保護しないファイル / フォルダ を登録する時は、下記のような操作を行います。
  2. まず、タスクトレイアイコンをダブルクリックし、メイン画面 を表示させます。
  3. 画面中段の「Add Folder」「Add File」ボタンをクリックし、保護しないファイル / フォルダ を選択します。
  4. 続いて、画面上部にある「Enable Folder Exclusion when Time Freeze is ON」にチェック。
    (除外機能をOFF にしたい時は、ここのチェックを外す)
  5. これで準備完了です。
    以後、システムの保護を開始しても、今回登録したファイル / フォルダ だけはロールバックされないようになります。

尚、メイン画面の表示に、パスワードをかけることもできたりします。
このパスワード機能を利用したい場合は、次のような操作を行います。

  1. タスクトレイアイコンをダブルクリックし、メイン画面 を表示させます。
  2. 左下の「Enable Password Protection for the control」にチェックを入れます。
  3. 右端の「Modify Password」ボタンが押せるようになるので、これをクリック。
  4. パスワード入力画面 が表示されます。
    ここの「New Password」「Confirm Password」欄に、希望とするパスワードを入力します。
    (「Confirm Password」は、確認用)
  5. パスワードを設定したら、メイン画面は閉じてしまってOK です。
    以降、メイン画面を表示させる時に、パスワード入力画面 が表示されるようになります。

その他、メイン画面左下の「Show toolbar on your Desktop」にチェックを入れることで、デスクトップ上に フローティングツールバー を表示させることもできたりします。
(トレイアイコンのメニューと同等のメニューを表示させることができる)

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のシステムバックアップツール
 Macrium Reflect Free Edition

指定したディスク or パーティション を、丸ごと完全にバックアップしてくれるソフト

Toolwiz Time Freeze TOPへ
 おすすめフリーソフト
 XMedia Recode

多形式に対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 ImgBurn

高機能かつ多機能なライティングソフト

 GeekUninstaller

アプリケーションを徹底的にアンインストール

 Lhaplus

シンプルで使いやすい圧縮・解凍ソフト

 COMODO Firewall

高機能なファイアウォール

 MDIE

スタンダードなインターフェースのタブ型ファイラー

 PinClipBoard

よく使うテキスト / フォルダ / 画像 を “ ピン留め ” する機能を備えたクリップボード拡張ソフト

 Falcon10

タスクバー上にあるタスクバーボタンを、“ 中央寄せ ” して表示できるようにするソフト

 myResources

CPU / メモリ / ディスク / ネットワーク の使用率・使用量 を、リアルタイムに表示してくれるソフト

 SmartTaskbar

何らかのウインドウが最大化表示になった時に、タスクバーを自動で隠せるようにするソフト

 Soft Organizer

アプリケーションのインストール情報を、詳細に解析することができるアンインストールマネージャー

 Bluetooth Version finder

現在使用中のパソコンが、どのバージョンの Bluetooth に対応しているのかを調べてくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 FloatingButton

任意のホットキーと同じ動作をするボタンを、デスクトップ上に配置する

 Leeyes

画像の “ 見開き表示 ” にも対応したエクスプローラ風画像ビューア

 LonelyScreen

iPhone / iPad の画面の内容を、パソコン上にミラーリング表示させるソフト

 ポップアップブロッカー

“ ブロックできないポップ ” をブロック可能にする Chrome 拡張

スポンサードリンク

Toolwiz Time Freeze を紹介しているページです。