LightBulb

LightBulb の概要や使い方を紹介しています

LightBulb を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

現在の時刻に合わせて、画面の明るさ(色温度)を自動で変えられるようにする!「LightBulb」。

LightBulb

● LightBulb

現在の時刻に合わせて、画面の明るさ(色温度)が自動で変わるようにするブルーライトカットツール。
日中 / 夜間 で画面の明るさ(色温度)が自動で変わるようにし、目にかかる負担をいくらか軽減できるようにしてくれます。
日中 / 夜間 に適用する色温度を指定する機能や、色温度の変更を行う時刻(日の出 / 日没 とみなす時刻)を指定する機能、色温度を違和感なくゆっくりと時間をかけて変化させる機能... などが付いています。

「LightBulb」は、画面の明るさを和らげることができるブルーライトカットツールです。
現在の時刻に合わせて、ディスプレイの明るさ(色温度)が自動で変わるようにしてくれる疲れ目対策ツールで、色温度をシームレスに違和感なく変化させていけるところが最大の特徴。

日中の明るさ(設定変更可)
日中の明るさ
夜間の明るさ(設定変更可)
夜間の明るさ
色温度の変更自体は 1 日に 2 回(日の出&日没)ですが、このトリガーとなる時刻を境に “ 時間をかけて、だんだんと色温度を変化させていく ” ことができる※1 ため、非常に自然な感じの明るさ調整を行うことが可能となっています。
※1 色温度は、0 分 ~ 3 時間かけて変化させていくることができる。
また、
  • 日中の色温度
  • 夜間の色温度
  • 色温度の変更を行う時刻(日の出 / 日没)※2
を自分で設定することもできるので、そこそこカスタマイズ性が高いとも言えます。
※2 通常、色温度の変更を行う時刻(日の出 / 日没 とみなす時刻)は、現在地に合わせて自動で設定される。
日頃、目に疲れを感じていたりする人におすすめです。
ちなみに、機能は一時的に無効化することもできたりします※3
※3 機能を、指定した時間( 1 分 ~ 1日)だけ無効化させることも可能。

使い方は以下の通り。

  1. 「LightBulb.exe」を実行します。
    (インストールを完了させると、自動で起動します)
  2. タスクトレイ上に、アイコンが表示されます。
    タスクトレイアイコン
    これを右クリックし、「Configure」を選択します。
    (タトレイアイコンをダブルクリックしてもよい)
  3. 設定パネルが表示されます。
    LightBulb
    まず、一番上の「Day-time color temperature」欄にあるスライダーをドラッグし、日中の色温度(の最高値※4 )を設定します。
    ※4 “ 日の出とみなす時刻 ” をトリガーに、だんだんとここで指定した色温度に変化させていくことができる。
    (デフォルトでは、90 分かけてゆっくりと変化させる)

    スライダーを左にドラッグするほど温かみのある色になり、右にドラッグするほど通常時の明るさに近づきます。
  4. 同様に、すぐ下の「Night-time color temperature」欄にあるスライダーをドラッグし、夜間の色温度(の最高値)を指定します。
  5. デフォルトでは、90 分かけて色温度が変わっていくようになっています※5
    ※5 日の出 / 日没 とみなす時刻の 45 分前から色温度が変化しはじめる。
    必要であれば、「Transtion duration」欄で色温度の遷移にかける時間を変更しておきます。
    (単位は、時間 : 分 : 秒)
    尚、一番下にある「Preview 24-hour cycle」欄にある 太陽ボタン ボタンをクリックすることにより、24 時間の明るさの遷移を高速( 5 ~ 6 秒くらい)でプレビューしてみることも可能です。
  6. ここまで設定すれば OK ですが、必要であれば右上の Advanced をクリックし、
    • Gamma polling
      ガンマを一定時間ごとに更新する
    • Temperature smoothing
      色温度の変化を、滑らかにする
    • Pause when fullscreen
      何らかのウインドウがフルスクリーン表示(最大化ではない)の時は、機能を無効化する
    といったオプションを設定しておいてもよいでしょう。
    Advanced
  7. 通常、色温度の変更を行う時刻(日の出 / 日没 とみなす時刻)は現在地に合わせて自動で設定されますが、必要に応じてこの時刻を手動で設定することもできます。
    色温度の変更を行う時刻を自分で決めたい場合は、設定画面の右上にある Geolocation をクリックし、「Enable internet synchronization」をオフにして
    • Sunrise time - 日の出とみなす時刻
    • Sunset time - 日没とみなす時刻
    を設定します。
    Geolocation
    (元の画面に戻る時は、右上の General ボタンをクリックします)
  8. 以降、日の出 / 日没 とみなす時刻を境に、画面の明るさが自動で変わるようになります。
    機能を一時的に無効化したい時は、タスクトレイアイコンを右クリック → 「Disable」を選択してください※6
    ※6 右クリック → 「Disable for...」から、無効化する時間を指定することもできる。
    タスクトレイアイコンのメニュー

その他、「LightBulb」は Windows のスタートアップ時に自動で起動するようになっていますが、オプション画面上でこの設定を無効化することはできません。
(ポータブル版には、スタートアップ時の自動起動機能がない)
「LightBulb」が Windows 起動時に自動起動するのが困る場合は、「WhatInStartup」などのスタートアップ管理ソフトを使うとよいでしょう。
もしくは、「C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup」を開いて「LightBulb」のショートカットを削除しても OK です。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
LightBulb TOPへ
スポンサード リンク

LightBulb を紹介しているページです