Win+X Menu Editor for Windows 8

Win+X Menu Editor の概要や使い方を紹介しています

Win+X Menu Editor for Windows 8 を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

Windows 8 / 10 の “「Win」+「X」” メニューをカスタマイズ!「Win+X Menu Editor」。

Win+X Menu Editor

● Win+X Menu Editor

Windows 8 / 10 の “「Win」+「X」” メニュー の内容を、カスタマイズできるようにするソフト。
“「Win」+「X」” を押した時に表示されるランチャー風メニュー内に、普段よく使うファイルを登録したり、メニューから不要アイテムを削除したりすることができます。
登録アイテムを並べ替える機能や、アイテムの表示名を変更する機能、設定内容を復元する機能... なども付いています。

「Win+X Menu Editor」は、“「Win」+「X」” メニューをカスタマイズできるようにするソフトです。
ホットキー “「Win」+「X」” を押した時に表示されるポップアップメニューを、自分好みに改造することができる... という Windows 8 / 10 カスタマイズツールです。
できることは、

  • メニュー内へのファイル登録
  • 登録アイテムの削除
  • 登録アイテムの並べ替え
  • 登録アイテムのリネーム
といったことがメインで、いずれも OS の再起動なしに行えるようになっています。
(ただし、エクスプローラは再起動する)
設定した内容はいつでも元に戻すことができるので、気軽に使えると思います。

使い方は以下の通り。

    ダウンロード
  1. ダウンロード先のページでは、「Donate options for satisfied」というテキストの上にある「Download Win+X Menu Editor for ~」というテキストリンクをクリックしてください。
    「Download Win+X Menu Editor for ~」というテキストリンクをクリック

  2. 実際に使う
  3. 「WinXEditor.exe」を実行します。
  4. メイン画面が表示されます。
    Win+X Menu Editor
    ここに、“「Win」+「X」” メニュー内に登録されているアイテムが、リスト形式で一覧表示されます。
    (「Group」は、セパレータを意味しています)

  5. 不要なアイテム / グループ の削除
  6. 不要なアイテムがある場合は、該当のアイテムを選択 → 画面上部の「Remove」ボタンをクリックします。
    任意のグループを丸ごと削除することもできたりします。
    (グループ内のアイテムも削除されるので注意)

  7. アイテムの並び順を変更
  8. 画面右側にある各種ボタンを使うことで、選択したアイテムを
    • Move Top - (グループ内の) 一番上へ移動
    • Move UP - 一つ上へ移動
    • Move Down - 一つ下へ移動
    • Move Bottom - (グループ内の) 一番下へ移動
    させられるようになっています。
    尚、 Move UP Move Down ボタンを使っても、アイテムを他のグループへ移動させることはできないので注意※1
    ※1 アイテムを他のグループへ移動させる時は、アイテムを右クリック → 「Move to group」から、移動先のグループを選択する。
    同様に、グループそのものを移動させることもできません。

  9. アイテムの登録
  10. アイテムの登録先とするグループを選択します。
  11. 画面左下にある「Add a program」ボタンをクリック →
    • Add a program - プログラムを追加
    • Add preset - プリセットされたアイテムを追加
      • Shutdown options - シャットダウンコマンド(再起動 / シャットダウン 等)
      • Services - サービス
      • Paint - ペイント
      • Calculator - 電卓
      • Windows Media Player
      • Snipping Tool
      • Notepad - メモ帳
    • Add a Control Panel item - 「コントロールパネル」内のアイテムを追加
    • Add an Administrative Tools item - 「管理ツール」内のアイテムを追加
    のいずれかを選択します。
    Add a program
  12. 「Add a program」を選択した場合は、「ファイルを開く」ダイアログが表示されるので、目的とするプログラムを選択します。
    「Add a Control Panel item」や「Add an Administrative Tools item」を選択した場合、登録可能なアイテムが一覧表示されるので、この中から目的とするアイテムを選択すればOK です。
    Add a Control Panel item
    Add an Administrative Tools item

  13. アイテムのリネーム - 表示名変更
  14. リネームしたいアイテムを右クリックし、「Rename」を選択します。
    もしくは、目的とするアイテムを選択し、「F2」キーを押します。
  15. すると、リネームダイアログが表示されます。
    リネームダイアログ
    あとは、ここに新しい名前を入力 →「OK」ボタンをクリックすればOK。

  16. グループの作成
  17. 画面上部にある「Create a group」ボタンをクリックします。
  18. リストの一番上に、新しいグループが作成されます。
    グループの作成

  19. 設定内容を反映させる
  20. すべての設定が終わったら、画面右下にある「Restart Explorer」ボタンをクリックします。
  21. エクスプローラが再起動し、設定内容の反映が行われます。

  22. 設定を元に戻す
  23. 設定内容をデフォルトに戻したくなったら、画面右上にある「Restore Defaults」ボタンをクリックします。
  24. 「Are you sure?」というダイアログが表示されるので、「はい」を選択すればOK です。
    Are you sure?

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Win+X Menu Editor TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 TeamViewer

シンプル&高機能 なリモートデスクトップツール

 Mp3tag

高機能かつ使いやすいタグエディタ

 AviUtl

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 Lhaplus

シンプルで使いやすい圧縮・解凍ソフト

 FastCopy

ファイルやフォルダを、高速にコピー / 移動

 Windows Live ムービーメーカー

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 PDF 画像抽出ツール

指定した PDF ファイルの中に含まれる画像を、一括抽出してくれるソフト

 FreeMove

指定したインストールプログラムを、別のドライブ内に移せるようにするソフト

 FastWindowSwitcher

アプリケーションウインドウを、キー操作のみで選択(アクティブ化)できるようにするソフト

 Windows Mixed Reality PC Check

現在使用しているパソコンが、「Windows Mixed Reality」に対応しているかどうかをチェックしてくれる

 SystemInfo

一画面完結型のシンプルなシステムインフォメーションツール

 CursorLock

特定のウインドウが前面にある時、マウスカーソルが別ディスプレイへ出て行けないようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 PotPlayer

多形式に対応した軽量メディアプレイヤー

 MyPaint

ユニークなブラシを多数揃えたお絵かきソフト

 Fy Memo ~お手軽付箋メモ~

超シンプルで使いやすい付箋ツール

 Quick Startup

総合的なスタートアップアイテム管理ツール

スポンサードリンク

Win+X Menu Editor for Windows 8 を紹介しているページです