WinBubble

WinBubble の概要や使い方を紹介しています

WinBubble を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

Vista / 7 専用のWindows 環境変更ソフト!「WinBubble」。

WinBubble
制作者 UnlockForUs
対応 Vista/7

Download (ミラー)
Download (公式)

● WinBubble

Windows Vista / 7 の環境設定変更ツール。
特殊フォルダのアイコン、ショートカットアイコンに表示される矢印、ログオン画面の背景、IE、UAC、Aero、右クリックメニュー、コマンドプロンプトの背景色、スクリーンセーバーの動作オプション 等々、Windows の基本的な部分に関する設定を、簡単な操作で変更することができます。
不要と思われる機能の無効化、ドライブ隠蔽、IE の履歴削除 等の機能も付いています。

「WinBubble」は、Windows Vista / 7 の設定をカスタマイズすることができるソフトです。
デスクトップ周りの設定、システムフォルダのアイコン、スクリーンセーバーの動作オプション、IE 環境の設定 をはじめとして、ファイルやフォルダの右クリックメニュー、ログオン画面の背景、UAC、Aero 等々の設定を、簡単な操作でカスタマイズすることができます。
(ログオン画面の変更は、Windows 7 のみ)
インターフェースが英語なのでややとっつきづらい感じですが、操作はボタンを押したりチェックボックスをON / OFF にしたりするだけなので、割と簡単に使うことができると思います※1
※1 とは言え、よく分からないものは触らないのが鉄則です。
OEM 情報を編集したり、IE の使用履歴を削除したりする機能も付いています。
インストーラーも付いていますが、インストーラーなしでも使えます。
(「WinBubbles.zip」内に、「WinBubbles.exe」が入っている)

「WinBubble」では、編集できるオプションが大きく9 つのカテゴリ(タブ)に分けられています。
ここでは、その一部を簡単に紹介します。

    General タブ
    Branding your Windows Vista / 7 Computer
  • Original Equipment Manufacturer (OEM) Settings
    OEM 情報の編集
  • Owner Information
    オーナー情報の編集

  • Add more options to Explorer's Context Menu (Right-Click Menu)
  • "Move To"
    ファイルやフォルダの右クリックメニューに、「フォルダへ移動」を追加
  • "Copy To"
    ファイルやフォルダの右クリックメニューに、「フォルダへコピー」を追加
  • "Turn On Aero" to Computer icon
    “ コンピュータ ” の右クリックメニューに、「Turn On Aero(Aero を有効化)」を追加
  • "Turn OFF Aero" to Computer Icon
    “ コンピュータ ” の右クリックメニューに、「Turn OFF Aero(Aero を無効化)」を追加
  • "Create a Restore point" to Computer Icon
    “ コンピュータ ” の右クリックメニューに、「Create a Restore point(復元ポイントを作成)」を追加
  • "Device Manager" to Computer icon
    “ コンピュータ ” の右クリックメニューに、「Device Manager(デバイスマネージャー)」を追加
  • "Disk Clean-up" to Computer icon
    “ コンピュータ ” の右クリックメニューに、「Disk Clean-up(ディスククリーンアップ)」を追加
  • "Monitor Off" to Explorer and Computer icon
    “ コンピュータ ” の右クリックメニューに、「Monitor OFF」を追加

  • Desktop Customizations
  • Show ○○ Icon to Desktop
    デスクトップ上に、コンピュータ / コントロール パネル / ネットワーク などのアイコンを表示する
  • Remove the Shortcut Arrow
    ショートカットアイコンに付いている矢印を削除
    Specific タブ
    Customize Screensaver and Shortcut Arrow Icon
  • スクリーンセーバー(Bubbles)をカスタマイズ
    影を付ける(With Shadows)、背景を黒にする(Black Background)といったオプションがある
  • スクリーンセーバー(Ribbon)をカスタマイズ
    リボンの数(Number of Ribbons)/ 幅(Preset)を指定することができる
  • スクリーンセーバー(Mystify)をカスタマイズ
    ラインの数(Number of Lines)を指定することができる
  • スクリーンセーバー(Aurora)をカスタマイズ
    「set1」/「set2」というプリセットが用意されている
  • Customize Shortcut Icon
    ショートカットアイコンに付く矢印をカスタマイズできる

  • 操作は、基本的に「Preset」欄でプリセットを選択し、それぞれの欄にある「Set」ボタンを押せばOK。
    ( 「Mystify」だけ「Window」となっているが...)
    「Ribbon」欄でリボンの本数 / 幅 を指定する場合、両方の値を指定しないと設定は反映されないので注意。
    (たとえば、リボン幅だけを指定... ではNG)

    Tweaking Toolbox
  • Hacking WEI Score
    「Windows エクスペリエンス インデックス スコア」の変更
  • System Configuration
    「システム構成」を呼び出す
  • Folder Options
    「フォルダオプション」を呼び出す
  • Disable Hibernation
    ハイバネーション機能の無効化
  • All Task CP Tweaks
    「すべてのタスク」を呼び出す
  • Command Prompt Color
    コマンドプロンプトの背景色(Background Color)/ 文字色(Text Color)をカスタマイズ
  • Windows Services
    「サービス」を呼び出す
  • System File Check
    システムファイルのチェック / 修復
    Icon タブ
  • 各種ドライブ、 “ ドキュメント ” フォルダ 等、特殊フォルダのアイコンを変更することができます。
    操作は、各項目の右にある ... ボタンをクリック → 変更先のアイコン(ico ファイル)を選択するだけ。
    対象のフォルダによっては、「Icons」というウインドウが表示されることもあります。
    その場合、表示されたアイコン一覧の中から好きなものを選択 → 下部の「SELECT」ボタンを押します。
    (アイコンの種類は、上部メニュー「Suggested」「Shell32」等から切り替えることができる)
    尚、「Icons」ウインドウが表示された場合でも、左下の「Browse for ico, dll,」ボタンから任意のICO を選択できるようになっています。
    変更したアイコンを元に戻す時は、 X ボタンをクリックします。
    (画面下部にある「Restore all to(全てを元に戻す)」ボタンをクリックしてもよい)
    Windows 7 タブ
    OS がVista の場合、ここは「Windows Utilities」タブになっています。
    表示されるオプションは、下記の「Windows Utilities and Tools」。

    Windows 7 Welcome Screen Customization
  • “ ようこそ ” 画面をカスタマイズすることができます。
    手順は次の通り。
    1. 「Browse」ボタンをクリック。
    2. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されるので、ログオン画面の背景として使いたいJPEG ファイルを指定。
    3. 「Set」ボタンをクリック。
    4. 「Logon screen wallpaper has been set.」というダイアログが表示されたら設定完了。
    5. 元に戻したくなったら、「Restore」ボタンを押します。
    ここでは、テキストに付ける影のスタイル(Text Shadow)を変更したり、スタートアップ時のサウンドを無効化(Disable the Start-up Sound)したりすることもできる。

  • Windows Utilities and Tools
  • 各種システムツールを呼び出すことができます。
    (右にあるメニューボタンから、表示するツールのカテゴリを選択することができる)
    Security タブ
    Securing your Desktop
  • Remove "New" in Explorer's Context Menu
    右クリックメニュー内にある「新規作成」を削除
  • Disable AutoPlay in all types of media
    ドライブ接続時のオートランを無効化
  • Enable UAC (User Account Control)
    UAC の有効化 / 無効化
  • Require users to press ctrl+alt+del
    ロック解除時に、ホットキー “「Ctrl」+「Alt」+「Delete」” の入力を必須にする

  • More UAC options
  • Change UAC levels
    UAC レベルの変更
  • Prompt for credentials (Username and Password)
    「ユーザーアカウント制御」ダイアログ上で、パスワード入力を要求するようにする

  • Hide it!
    指定したドライブを、エクスプローラ上で非表示にすることができます。
  • Hide Shutdown button and options in the Start menu
    スタートメニューやログオン画面から、「シャットダウン」ボタンを隠す

  • Internet Explorer
    IE の各種機能を無効化することができます。
    Optimize タブ
  • Detailed Performance Settings
    「パフォーマンス オプション」を呼び出す
  • Aero Off
    DWM サービスを停止する(Aero をオフにする)
  • Aero Off/On
    Aero のON / OFF 切り替え
  • Do not allow Window Animations
    ウインドウのアニメーションを無効化する

  • Start Menu Search
  • Stop searching the File index
    (スタートメニュー検索で、)インデックス済みのファイルを検索しない
  • Stop searching Favorites and History (Web pages)
    (スタートメニュー検索で、)「お気に入り」などのWeb ページは検索しない
  • Stop searching the Communication files such as Windows Live Mails
    (スタートメニュー検索で、)Windows Live Mail などのコミュニケーションファイルを検索しない

  • More on Speeding-up: Start Menu, Boot, Windows Shutdown ~
  • Do not Clear Pagefile at Shutdown: Speeds up Windows shutdown but ~
    シャットダウン時に、ページファイルをクリアしない(シャットダウンを高速化する)
  • Increase NTFS Performance 1: Disable updating the last-accessed timestamp ~
    「最終アクセス日時」の更新を無効化する(システムの高速化)
  • Startup Programs
    スタートアッププログラムを表示する(「システム構成」の「スタートアップ」タブを開く)
    Tools タブ
    Context Menu Customization Tool
  • システムフォルダ / ドライブ / フォルダ / ファイル / IE 等の右クリックメニューを、カスタマイズすることができます。
    (アイテムの追加 / 削除 / バックアップ)
    手順は以下の通り。
    1. 「Computer Icon」「Explorer/Desktop」「IE」など、カスタマイズ先の項目(ボタン)をクリック。
      もしくは、「File type」欄のプルダウンメニューをクリックし、カスタマイズ先の拡張子を選択します。
    2. 左下のリストに、ユーザーによって追加された右クリックメニューがリスト表示されます。
    3. アイテムを削除する時は、目的のアイテムを選択 →「Remove(削除)」ボタンをクリック。
      アイテムをバックアップする時は、「Backup(バックアップ)」ボタンを押します※2
      ※2 「名前を付けて保存」ダイアログが立ち上がるので、バックアップファイルに適当な名前を付けて保存する。
      (バックアップ内容を復元する時は、保存したREG ファイルをダブルクリックすればOK)

      アイテムを追加する時は、右の「Context Menu Entry」欄にある「Command」欄で追加するアイテムを選択し、名前、(必要であれば)アイコン を指定して「Add」ボタンを押せばOK。
    My Computer and Control Panel Items
  • 「コンピュータ」「コントロール パネル」「デスクトップ」内に、任意のファイルやフォルダを追加することができます。
    手順は次の通り。
    1. 右の「Options」欄で追加先の場所を選択します。
    2. 左の「File/Folder」欄で、追加するアイテムを選択します※3
      ※3 ファイルを追加する場合は下の「File」に、フォルダを追加する場合は「Folder」にチェックを入れる
    3. 上の「Name」欄に表示名を入力し、「Set」ボタンを押せばOK。
    登録したアイテムを削除する時は、以下のように操作します。
    1. 右下の「Hide/Show Item」ボタンをクリック。
    2. 「List Items」というウインドウが表示されます。
      まず、右上の欄で、アイテムが登録されている場所を選択します。
    3. 登録したアイテムが表示されます。
      あとは、削除したいアイテムを選択し、「Delete」キーを押せばOK。
      (確認ダイアログが表示されるので、「はい」を選択する)
    More policy
    Taskbar and Start Menu
  • Add Run Command to Start Menu
    スタートメニュー内に、「ファイル名を指定して実行」を追加

  • Miscellaneous Quick Tweaks
  • Show the Letter First in Windows Explorer
    ドライブレターを、ボリューム名の前に表示する
  • Disable Low disk space checks
    ディスクの空き容量監視機能を無効化
  • Disable Balloon Tips
    バルーンチップの無効化
  • Disable Mobility Center
    モビリティセンターの無効化
  • Disallow Flip3d
    フリップ3D の無効化
  • Disable Taskbar Thumbnails
    タスクボタンの上にマウスカーソルを乗せた際に、サムネイルを表示しない
  • " Encrypt / Decrypt " Right-Click Menu
    フォルダの右クリックメニューに、「暗号化」を追加
  • Number of Recent Items
    「最近使ったメニュー」内に表示する項目の数
    IE タブ
    Internet Explorer
  • IE の
    • Title(ウインドウタイトル)
    • Start Page(スタートページ)
    • Other Start Page(第二 ~ のスタートページ)
    を設定することができます。
  • Disable/Restrict changing the Start Pages or Home Page Settings in ~
    スタートページの変更禁止
  • Enable Pop-Up Blocker
    ポップアップブロックの有効化
  • Enable Phising Filter
    フィッシングフィルターの有効化
  • Enable ClearType
    ClearType の有効化

  • Miscellaneous
  • URL History
    アドレスバーの履歴を、個別に削除(Delete)or 全消去(Crear All)する
  • Download Directory
    ファイルダウンロード時に、保存先とするルートフォルダを指定

  • Tools
  • Delete ALL History
    下記全てを削除
  • Clear History Only
    閲覧履歴を削除(直近のみ?)
  • Delete Cookies Only
    クッキーを削除
  • Delete Form Data only
    フォームに入力したデータを削除
  • Delete Password History only
    IE に記憶させたパスワードを削除
  • Delete Temporary IE files only
    IE の一時ファイルを削除
  • Open IE (No Ad-Ons)
    アドオンなしの状態で、IE を実行

操作の手順は、大体以下のような感じです。

  1. 初回起動時のみ、ライセンス同意書(「Software license Agreement」)が表示されるので、「はい」を選択します。
  2. 続いて “「WinBubble」の新しい機能を確認しますか? ” というような内容のダイアログが表示されます。
    その情報を見る場合は「はい」を、見ない場合は「いいえ」を選択します。
    (「はい」を選択すると、このページ が表示される)
  3. メイン画面が表示されます。
    あとは、各タブでチェックボックスをON / OFF にしたりし、画面右下にある「Apply」ボタンを押すだけです。
    「Tweaks has been saved!」というダイアログが表示され、設定内容が反映されます。
    ちなみに、チェックボックスをON にしたり、「Apply」ボタンを押したりした時に
    • Restarting your computer is recommended. Do you want to Restart now ?
    • You need to Log Off afterwards to apply the settings. Do you want to continue ?
    というダイアログが表示された場合、設定内容は次回のWindows 起動時 / ログオン時 まで反映されません。
    ここですぐに再起動 / ログオフ を行う場合は「はい」を選択し、後で再起動 / ログオフ する場合は「いいえ」を選択します※4
    ※4 「You need to Log Off ~(処理を続行するには、ログオフが必要になります)」の場合、「はい」を選択した後に「Apply」ボタンを押すと、ログオフが自動的に行われる。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
WinBubble TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 Audacity

高機能なオーディオエディタ

 えこでこツール

各種動画ファイルから、音声を抽出する

 PDF 画像抽出ツール

指定した PDF ファイルの中に含まれる画像を、一括抽出してくれるソフト

 FreeMove

指定したインストールプログラムを、別のドライブ内に移せるようにするソフト

 FastWindowSwitcher

アプリケーションウインドウを、キー操作のみで選択(アクティブ化)できるようにするソフト

 Windows Mixed Reality PC Check

現在使用しているパソコンが、「Windows Mixed Reality」に対応しているかどうかをチェックしてくれる

 SystemInfo

一画面完結型のシンプルなシステムインフォメーションツール

 CursorLock

特定のウインドウが前面にある時、マウスカーソルが別ディスプレイへ出て行けないようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Exact Audio Copy

高機能な音楽CD コピーツール

 Aria Maestosa

シンプルで使いやすいMIDI 作曲ソフト

 Malwarebytes Anti-Ransomware

ランサムウェアを、検出してブロックしてくれる

 LonelyScreen

iPhone / iPad の画面の内容を、パソコン上にミラーリング表示させるソフト

スポンサードリンク

WinBubble を紹介しているページです