Quick Any2Ico

Quick Any2Ico の概要や使い方を紹介しています

Quick Any2Ico を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

各種画像ファイルを、マルチプルアイコンに変更!「Quick Any2Ico」。

Quick Any2Ico

● Quick Any2Ico

各種画像ファイルを、ICO 形式のアイコンファイルに変換してくれるソフト。
JPG / PNG / BMP / GIF / JPEG / WMF / EMF / TIFF / TIF / ICO 形式の画像ファイルを元に、複数のサイズ表示(16x16 ~ 512x512)に対応したマルチアイコンを一発生成することができます。
ICO / ICL / EXE / DLL / OCX ファイルから、アイコンを抽出する機能も付いています。

「Quick Any2Ico」は、シンプルなアイコンコンバーターです。
ドラッグ&ドロップで放り込んだ各種画像ファイルを、ICO 形式のアイコンファイルに変換してくれる... というアイコン作成ツールで、非常にシンプルでありながらもそこそこ高機能であるところが最大の特徴。
作成するアイコンはマルチプルアイコンにすることができ、アイコンには

  • 16 x 16
  • 24 x 24
  • 32 x 32
  • 48 x 48
  • 64 x 64
  • 72 x 72
  • 96 x 96
  • 128 x 128
  • 256 x 256
  • 512 x 512
サイズのアイコンを格納できるようになっています※1
(どのサイズのアイコンを格納するのかは、自由に選ぶことができる)
※1 128 サイズ以上のアイコンには、PNG 圧縮をかけることもできる。
また、ICO / ICL / EXE / DLL / OCX ファイルからアイコンを抽出することもでき、こちらの場合も抽出するアイコンのサイズを指定できたりします。
ダウンロードしたらそのまま使えるポータブルアプリケーションで、持ち運びにも便利。

使い方は以下のとおりです。

  1. 「Quick_Any2Ico.exe」を実行します。
  2. メイン画面が表示されます。
    Quick Any2Ico
    まず、画面上部の「Select source」欄に、変換したい画像ファイルをドラッグ&ドロップ。
  3. 中段の「Select destination icon/PNG file」欄の右端にある「Browse」ボタンをクリックし、変換されたファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を設定します。
    画像をPNG 形式で出力したい時は、「Save as PNG instead of ICO. The ~」にチェックを入れてから「Browse」ボタンをクリックし、ファイルの出力先を設定します。
  4. 一番下の「Image formats and options」欄で、出力するアイコンに格納するアイコンのサイズを指定しておきます※2
    ※2 画像をPNG 形式で出力する時は、ここで指定したサイズのうち、最も大きいものが適用される。
    サイズの大きいアイコンをPNG で圧縮する場合は、「PNG compress large formats」にもチェックを入れておきます。
  5. 素材画像が正方形でない場合、通常は画像を中央に配置 → 周囲に透明領域を付け加えることで、正方形にするようになっています。
    このアクションを変更したい場合、「if the source image is not squared」欄で
    • Crop - 正方形になるように、周囲をクロップする (切り捨てる)
    • Stretch - 正方形になるように、画像を引き伸ばす
    のどちらかを選択しておきます。
    (「Center」がデフォルトの中央寄せ)
  6. 準備が整ったら、画面下部の「Convert it!」ボタンをクリック。
  7. 少し待ち、ステータスバー上に「The file was successfully converted.」と表示されたら変換完了です。
    ICO / ICL / EXE / DLL / OCX からアイコンを抽出
  1. 「Quick_Any2Ico.exe」を実行します。
  2. メイン画面が表示されます。
    Quick Any2Ico
    まず、右上にある「Extract from exe/dll/ocx resource」にチェック → すぐ下の「Browse」ボタンをクリック。
  3. 「アイコンの変更」という画面が表示されます。
    アイコンの変更
    この画面の右上にある「参照」ボタンをクリックし、抽出元のファイルを選択します。
  4. すると、選択したファイル内に格納されているアイコンが、一覧表示されます。
    この中から、抽出したいアイコンを選択しておきます。
  5. 中段の「Select destination icon file」欄の右端にある「Browse」ボタンをクリックし、抽出されたアイコンの出力先フォルダ&ファイル名 を設定します。
    画像をPNG 形式で出力したい時は、「Save as PNG instead of ICO. The ~」にチェックを入れてから「Browse」ボタンをクリックし、ファイルの出力先を設定します。
  6. 一番下の「Image formats and options」欄で、出力するアイコンに格納するアイコンのサイズを指定しておきます※2
    ※2 画像をPNG 形式で出力する時は、ここで指定したサイズのうち、最も大きいものが適用される。
    サイズの大きいアイコンをPNG で圧縮する場合は、「PNG compress large formats」にもチェックを入れておきます。
  7. 準備が整ったら、画面下部の「Extract it!」ボタンをクリック。
  8. 少し待ち、ステータスバー上に「The file was successfully extracted.」と表示されたら抽出完了です。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Quick Any2Ico TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 WinToFlash Lite

Windows のインストールディスク / イメージ を元に、ブートUSB を作成

 TrueCrypt

秘密のファイルを、徹底的に隠せるソフト

 foobar2000

カスタマイズ性の高いオーディオプレイヤー

 HandBrake

DVD / Blu-ray 等の動画を、MP4 / MKV に変換

 MDIE

スタンダードなインターフェースのタブ型ファイラー

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 Audio Output Switcher

既定の再生デバイスを、自動 or 手動 で素早く変更できるようにするソフト

 Compare Advance

フォルダの同期 / バックアップ / ミラーリング 機能も備えたフォルダ比較ツール

 CrococryptMirror

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダミラーリングツール

 テキストエディターbyエクセル

複数行のテキストを、複数行のセルに一発入力できるようにする Excel アドイン

 CryptSync

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダ同期ツール

 “ Windows の起動に負荷をかけているプログラム ” を探す方法

Windows 10 のタスクマネージャーを使い、“ Windows の起動に負荷をかけているプログラム ” を探す

 関連テーマ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 MicMute

マイク入力のON / OFF を、ホットキーで切り替えられるようにするソフト

 MultiWS

スムーズな操作感と、高い柔軟性を備えた仮想デスクトップマネージャー

 KeePass Password Safe

高機能かつセキュアなパスワード管理ソフト

 WOW64Menu

64 bit 版のエクスプローラ上で、32 bit 用の右クリックメニューを使えるようにする

スポンサードリンク

Quick Any2Ico を紹介しているページです