BeFunky

BeFunky の概要や使い方を紹介しています

BeFunky を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

多機能な画像編集サービス!「BeFunky」。

BeFunky
制作者 BeFunky.com
対応 -

サイトへ 
Download ( iOS アプリ )
Download ( Android アプリ)

● BeFunky

超多機能な画像編集サービス。
トリミング、リサイズ、回転 / 反転、明るさ補正、色調補正、ビネット効果付加、ぼかし、シャープ、フォーカス調整、画像合成、テキスト合成、フレーム合成、テクスチャ合成、マスク合成、エフェクト効果(芸術画等)付加、シワ消し、キズ補正、クローンスタンプ、目 / 唇 / 髪 の色編集、日焼け効果付加、歯のホワイトニング、スリム化... 等々の機能や、コラージュ画像作成ツール などが付いています。

「BeFunky」は、超多機能な画像編集サービスです。
( iOS アプリ / Android アプリ もあり)
既存の画像をあれこれ編集できるオンライン上のサービスで、多機能でありながらも非常に使いやすいところが最大の特徴。
トリミング、リサイズ、回転、反転、明るさ補正、色調補正、テキスト合成、シャープ、ソフト化 といった基本操作から、シワ消し / キズ補正 / マスカラ / 目、唇、髪の色調整 / スリム加工 などの美容系操作、そして多種多様に用意されたクールなエフェクト... 等々、“ 何でもできる ” と言っても過言ではないほど機能が豊富用意されています。
また、多機能でありながらもインターフェースはシンプルでわかりやすく、日本語化もされていたりして操作性は良いです。
“ 画像をちょっと編集したい ” という時にはもちろん、結構本気で修正したい時などにも役立ってくれると思います。
その他、コラージュ画像を作成できる「コラージュメーカー」※1 というツールや、様々なグラフィックアイテムを作成できる「デザイナー」※2 といったツールも用意されています。
※1 複数枚の画像を並べて組み合わせたタイプ のコラージュ画像や、あいさつ状タイプ のコラージュ画像を作成することができる。
※2 招待状、名刺、レストランのメニュー、Facebook / Twitter / Google+ / YouTube のヘッダ などを作成することができる。

使い方は以下の通り。
  コラージュ画像を作成できる「コラージュメーカー」の使い方
  様々なグラフィックアイテムを作成できる「デザイナー」の使い方

  1. BeFunky にアクセスし、画面上部にある「Photo Editor」ボタンをクリックします。

  2. 編集する画像を読み込む
  3. 最初に、画面上部の UPLOAD ボタンをクリックします。
  4. メニューが展開されるので、「コンピュータ」を選択※3
    「コンピュータ」を選択
    ※3 メニューにもある通り、ウェブカメラの映像や、Facebook / Google ドライブ / Dropbox 内の画像を読み込むことも可能な模様。
  5. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されます。
    そのまま、編集したい画像ファイルを選択します。
  6. 選択した画像が読み込まれます。
    画像が読み込まれる
    画像は、画面右下にあるスライダーを使うことにより、ズームイン / アウト させることができます。
    (マウスホイールの回転でもOK)

  7. 処理する内容を選択する
  8. 画面左端にあるツールボタンを使い、実行する処理の内容を選択します。
    各ツールボタンの意味は、上から順に次のようになっています。
    • レイヤー管理 - レイヤー管理
      読み込んでいる画像の上に、他の画像(レイヤー)を合成することができる。
      (合成する画像の透明度や、ブレンドモードを指定することも可能)
    • 編集 - 編集
      切り取り / リサイズ / 回転 / 切り抜き / 背景色設定 / 明るさ調整 / Beauty / 色調補正 / シャープ化 / ビネット / フォーカス調整 / ティルト(回転)等々の処理を行うことができる。
    • タッチアップ - タッチアップ
      シワ / キズ補正 / 日焼け / ブラシ / フラッシュスポット(ニキビ消し) / クローン / マスカラ / 目の色 / 目の輝き / 眉ペンシル / 赤目補正 / 口紅 / 派のホワイトニング / 髪の色 / スリム化工... といった補正処理を行うことができる。
    • エフェクト - エフェクト
      画像に、様々なタイプのエフェクト をかけることができる。
      (右上に マークが付いているエフェクトは、無料版では使えないので注意)
    • 芸術家風 - 芸術家風
      画像に、芸術画風なエフェクト をかけることができる。
    • フレーム - フレーム
      画像に、様々なタイプの枠を付けることができる。
    • グラフィック - グラフィック
      画像に、クリップアートのような小物画像 を合成することができる。
    • オーバーレイ - オーバーレイ
      画像全体を、様々な形状のマスク で覆うことができる。
    • テキスト - テキスト※4
      画像にテキストを合成することができる。
    • テクスチャ - テクスチャ
      画像の上に、様々なタイプのテクスチャ を合成することができる。
    ※4 日本語のテキストを入力する時は、「フォント系」欄のプルダウンメニューをクリックし、次に表示されるポップアップメニュー内の「Yours」タブを選択 → 日本語に対応したフォントを選択する。
    テキストのプロパティ
    「Yours」タブ
    (「Yours」タブ内には、システムにインストールされているフォントが表示される)
  9. 各ツールボタンをクリックすると、サブメニューが展開されます。
    あとは、目的の処理内容を選択し、パラメータ等を編集しつつも、必要であれば画像をクリックしたりドラッグしたりしていけばOK です。
    尚、画面上部にある UNDO ボタンをクリックすることで、直前に行った操作を元に戻すことも可能となっています。
    (ホットキー “ 「Ctrl」+「Z」 ” を押してもよい)
    元に戻した処理をやっぱりやり直す時は、上部の REDO ボタンをクリックします。
  10. ちなみに、レイヤー / グラフィック / テキスト を合成した場合で、合成したアイテムを削除したい時は、プレビュー画面上で目的のアイテムを選択 → 画面左にアイテムのプロパティダイアログが表示されるので、この画面内にある 削除 ボタンをクリックして下さい。
    「削除」ボタンを押す
  11. 編集が終わったら、画面上部にある SAVE ボタンをクリック → 「コンピュータ」を選択し、ファイルの保存を行います※5
    ファイルの保存
    ※5 メニューにもある通り、Facebook / Google ドライブ / Dropbox 内に保存することも可能な模様。

続いて、コラージュ画像作成ツールの使い方を紹介します。

  1. 左メニューの一番上にある befunky マーク をクリックし、「コラージュメーカー」を選択します。
  2. 左メニュー内の 設定 ボタンをクリックし、これから作成するコラージュ画像の
    • 背景色
    • (素材画像と素材画像の)間隔
    • コーナーの丸み
    • 横幅 x 高さ
    を設定しておきます。
    コラージュ画像のプロパティを設定する
  3. 次に、左メニュー内の テンプレート ボタンをクリックし、コラージュ画像のレイアウトを選択します。
    コラージュ画像のレイアウトを選択
    操作は、任意のプリセットを選択 → 該当のプリセット内に登録されたテンプレートが一覧表示されるので、その中から目的のものを選択すればOK です。
    (右上に マークが付いているテンプレートは、無料版では使えないので注意)
    テンプレート一覧
    寄せ集め画像タイプのコラージュ画像ではなく、あいさつ状タイプのコラージュ画像を作成したい時は、左メニュー内の あいさつ状 ボタンをクリックし、任意のプリセットを選択 → 目的のあいさつ状を選択すればOK です。
    あいさつ状のプリセット
    あいさつ状
  4. 左メニューの上部にある アップロード ボタンをクリック → 「写真を追加」を選択し、コラージュの素材とする画像ファイルを読み込みます。
    コラージュの素材とする画像ファイルを読み込む
  5. 読み込まれた画像を、右側のプレビュー画面内にドラッグ&ドロップして配置します。
    プレビュー画面内にドラッグ&ドロップ
    (ドロップした画像は、ドラッグ&ドロップで移動させることができます)
    配置した画像を削除する時は、目的の画像を選択してゴミ箱アイコンをクリックします。
    ゴミ箱アイコンをクリック
  6. 左メニュー内の パターン ボタンをクリックすることで、様々なパターンの合成を行うこともできます。
    (必要な場合のみ)
    パターンの合成
    パターン一覧
    操作は、任意のパターンをダブルクリックしたり、パターンをプレビュー画面内にドラッグ&ドロップしたりすればOK です。
    (パターンをダブルクリックすると、該当のパターンがコラージュ画像の背景として設定される)
  7. 必要に応じて、コラージュ画像上にクリップアート風の小物画像を合成することもできます。
    この操作を行う時は、左メニュー内の グラフィック ボタンをクリック → 表示されたカテゴリーの中から任意のものを選択し、合成したい画像をクリックすればOK です。
    グラフィックのライブラリ
    グラフィック一覧
    同様に、コラージュ画像上にテキストを合成することもできます。
    テキストを合成する時は、左メニュー内の テキスト をクリック → テキストのプリセットが一覧表示されるので、任意のものを選択 → プレビュー画像上に「選択後にクリックしてテキストを編集」というテキストが合成されるので、これをダブルクリックして編集を行います※6
    テキストのプリセット
    テキストの編集
    ※6 日本語のテキストを入力する時は、「フォント系」欄のプルダウンメニューをクリックし、次に表示されるポップアップメニュー内の「Yours」タブを選択 → 日本語に対応したフォントを選択する。
    背景色を選択する
    背景色を選択する
    (「Yours」タブ内には、システムにインストールされているフォントが表示される)

    合成した小物画像 / テキスト を削除したい時は、プレビュー画面上で目的のアイテムを選択 → 画面左にアイテムのプロパティダイアログが表示されるので、この画面内にある 削除 ボタンをクリックして下さい。
    「削除」ボタンを押す
  8. 編集が終わったら、画面上部にある SAVE ボタンをクリック → 「コンピュータ」を選択し、ファイルの保存を行います。

次のページでは、様々なグラフィックアイテムを作成することができる「デザイナー」機能の使い方を紹介します。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の画像編集・加工ソフト
 JTrim

高機能でありながらも使いやすいレタッチソフト

 PhotoFiltre

MDI 型の高機能レタッチソフト

BeFunky TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 GIMP

超高機能なペイントソフト

 TeamViewer

シンプル&高機能 なリモートデスクトップツール

 DVD Flick

動画をDVD データに変換してくれるソフト

 Rainmeter

カスタマイズ性の高いリソースメーター

 AIMP

使いやすい音楽プレイヤー

 SpeedyFox

Firefox / Chrome / Thunderbird / Skype を高速化

 Audio Output Switcher

既定の再生デバイスを、自動 or 手動 で素早く変更できるようにするソフト

 Compare Advance

フォルダの同期 / バックアップ / ミラーリング 機能も備えたフォルダ比較ツール

 CrococryptMirror

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダミラーリングツール

 テキストエディターbyエクセル

複数行のテキストを、複数行のセルに一発入力できるようにする Excel アドイン

 CryptSync

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダ同期ツール

 “ Windows の起動に負荷をかけているプログラム ” を探す方法

Windows 10 のタスクマネージャーを使い、“ Windows の起動に負荷をかけているプログラム ” を探す

 おすすめフリーソフト
 MultiWS

スムーズな操作感と、高い柔軟性を備えた仮想デスクトップマネージャー

 Rufus

各種OS のディスクイメージを元に、ブートUSB を高速作成

 DAEMON Tools Lite

各種イメージファイルを、ドライブとして扱えるようにするソフト

 multiAVCHD

高機能なブルーレイビデオオーサリングツール

スポンサードリンク

BeFunky を紹介しているページです