BeFunky

BeFunky の概要や使い方を紹介しています

BeFunky を紹介しているページです

多機能な画像編集サービス!「BeFunky」。

BeFunky
投票してね!
制作者 BeFunky.com
対応 -
ブラウザ版
iOS アプリ
Android アプリ

BeFunky

多機能な画像編集サービス。
トリミング、リサイズ、回転 / 反転、明るさ / コントラスト補正、色調補正、ぼかし、シャープ、画像合成、テキスト合成、フレーム合成、テクスチャ合成、マスク合成、エフェクト効果付加、シミ消し、赤目修正、肌の色調整、歯のホワイトニング 等々の画像編集機能や、複数の画像を元にコラージュ画像を作成する機能、SNS 用のヘッダー画像やカバーアートを作成する機能... などが付いています。

「BeFunky」は、多機能な画像編集サービスです。
( iOS アプリ / Android アプリ もあります)
既存の画像をあれこれ編集できるオンライン上のサービスで、多機能でありながらも非常に使いやすいところが最大の特徴。
トリミング、リサイズ、回転、反転、明るさ補正、色調補正、テキスト合成、シャープ、ソフト化 といった基本操作から、シミ消し / 肌の色調整 / 歯のホワイトニング などの美容系操作、そして多種多様に用意されたクールなエフェクト... 等々、非常に多くの画像編集機能が用意されています。
多機能でありながらもインターフェースはシンプルでわかりやすく、日本語化もされていたりして操作性は良いです。
“ 画像をちょっと編集したい ” という時にはもちろん、結構本気で修正したい時などにも役立ってくれると思います。
その他、

  • 複数の画像を元にコラージュ画像を作成できる “ コラージュメーカー ”
  • SNS 用のヘッダー画像 / カバーアート などを作成できる “ グラフィックデザイナー ”
といったツールも用意されています。

使い方は以下の通り。

基本的な使い方
  1. BeFunky にアクセスし、「Get Started」ボタンをクリックします。
    BeFunky
  2. 最初に「What Would You Like to Do Today?」という画面が表示されるので、「Edit a Photo」を選択します。
    What Would You Like to Do Today?
  3. エディタが表示されます。
    What Would You Like to Do Today?
    インターフェースが日本語になっていない時は、画面右上にあるメニューボタンをクリック → 「Settings」を選択し、「Language」欄で「日本語」を選択しておきます。
    画面右上にあるメニューボタンをクリック → 「Settings」を選択する
    設定画面
    「Language」欄で「日本語」を選択する
    インターフェースを日本語化したら、編集したい画像ファイルをドラッグ&ドロップします。
    インターフェースが日本語になった
  4. ドロップした画像が読み込まれました。
    画像が読み込まれた
    画像は、画面右下にあるスライダーを使うことにより、ズームイン / アウト することができます。
  5. 画面左端にあるツールボタンを使い、実行する処理の内容を選択します。
    各ツールボタンの意味は、上から順に次のようになっています。
    • 編集 - 編集
      切り取り / リサイズ / 回転 / 切り抜き / 背景色設定 / 明るさ調整 / Beauty / 色調補正 / シャープ化 / ティルト(回転)等々の処理を行うことができる。
      (  マークが付いている機能は、有料版の機能)
    • タッチアップ - タッチアップ
      シミ削除 / ブラシ / 赤目修正 / 歯のホワイトニング 等の補正処理を行うことができる。
    • エフェクト - エフェクト
      画像に、様々なタイプのエフェクトをかけることができる。
    • 芸術家風 - 芸術家風(ほぼすべて有料)
      画像に、芸術画風なエフェクトをかけることができる。
    • フレーム - フレーム
      画像に、様々なタイプの枠を合成することができる。
    • グラフィック - グラフィック
      画像に、別の画像を合成することができる。
    • オーバーレイ - オーバーレイ
      画像全体を、様々な形状のマスクで覆うことができる。
    • テキスト - テキスト
      画像にテキストを合成することができる。
    • テクスチャ - テクスチャ
      画像の上に、様々なタイプのテクスチャを合成することができる。
  6. 各ツールボタンをクリックすると、サブメニューが展開されます。
    各ツールボタンをクリックすると、サブメニューが展開される
    エフェクト
    あとは、目的の処理内容を選択し、パラメータ等を編集しつつも、必要であれば画像をクリックしたりドラッグしたりしていけばOK です。
    パラメータ等を編集する
    露出
    色
    INSTANT
    尚、画面右下にある 元に戻す ボタンをクリックすることで、直前に行った操作内容を元に戻すことも可能となっています。
    (ホットキー “ CtrlZ ” を押してもよい)
    元に戻した処理内容をやっぱりやり直す時は、その隣にある やり直す ボタンをクリックします。
  7. ちなみに、グラフィック / テキスト を合成した場合で、合成したアイテムを削除したい時は、プレビュー画面上で目的のアイテムを選択 → 画面左側にアイテムのプロパティダイアログが表示されるので、この画面内にある 削除 ボタンをクリックして下さい。
    ごみ箱ボタンをクリックする
  8. 編集が終わったら、画面上部にある「保存」をクリック → 「コンピュータ」を選択し、ファイルの保存を行います。
    (メニューにもある通り、Google ドライブ / Google フォト 内に保存することも可能な模様)
    ファイルの保存
目次へ戻る
コラージュ画像を作成できる「コラージュメーカー」の使い方
  1. 画面左上にある「写真編集アプリ」というメニューをクリックし、「コラージュメーカー」を選択します。
    画面左上にある「写真編集アプリ」というメニューをクリックし、「コラージュメーカー」を選択する
  2. コラージュメーカーのエディタが表示されます。
    コラージュメーカーのエディタ
    まず、左メニュー内の テンプレート ボタンをクリックし、コラージュ画像のレイアウトを選択します。
    コラージュ画像のレイアウトを選択
    コラージュ画像のレイアウトを選択
    操作は、任意のプリセットを選択 → 該当のプリセット内に登録されたテンプレートが一覧表示されるので、その中から目的のものを選択すればOK です。
    マークが付いているテンプレートは、有料版のものなので注意)
  3. 必要に応じて、左メニュー内にある カスタマイズ ボタンをクリックし、これから作成するコラージュ画像の
    • 背景色
    • (素材画像と素材画像の)間隔
    • コーナーの丸み
    • 横幅 x 高さ
    を設定しておきます。
    コラージュ画像のプロパティを設定する
  4. 左メニューの上部にある アップロード ボタンをクリック → 「コンピュータ」ボタンをクリックし、コラージュの素材とする画像ファイルを読み込みます。
    コラージュの素材とする画像ファイルを読み込む
  5. 読み込まれた画像を、右側のプレビュー画面内にドラッグ&ドロップして配置します。
    読み込まれた画像を、右側のプレビュー画面内にドラッグ&ドロップして配置する
    ドロップした画像は、ドラッグ&ドロップで配置を変更することもできます。
    ドロップした画像は、ドラッグ&ドロップで配置を変更することもできる
    配置が変更された
    配置した画像を削除する時は、目的の画像をクリックして「画像を削除」を選択します。
    目的の画像をクリックして「画像を削除」を選択する
  6. 左メニュー内の パターン ボタンをクリックすることで、様々なパターンの合成を行うこともできます。
    (必要な場合のみ)
    背景にパターンを合成することもできる
    ストライプの例
    操作は、任意のパターンをダブルクリックしたり、パターンをプレビュー画面内にドラッグ&ドロップしたりすれば OK です※1
    1 パターンをダブルクリックすると、該当のパターンがコラージュ画像の背景として設定される。
    パターンをドラッグ&ドロップすると、該当のパターンがドロップされた位置に配置される。
  7. 必要に応じて、コラージュ画像上に任意の画像を合成することもできます。
    この操作を行う時は、左メニュー内の グラフィック ボタンをクリック → 「コンピュータ」ボタンをクリックし、合成したい画像を選択すれば OK です。
    「コンピュータ」ボタンをクリックする
    合成する画像の編集画面
    同様に、コラージュ画像上にテキストを合成することもできます。
    テキストを合成する時は、左メニュー内の テキスト をクリック → テキストのプリセットが一覧表示されるので、任意のものを選択 → プレビュー画像上に「選択後にクリックしてテキストを編集」というテキストが合成されるので、これをダブルクリックして編集を行います。
    「テキストを追加」ボタンをクリックする
    合成するテキストの編集画面
    合成した画像 / テキスト を削除したい時は、プレビュー画面上で目的のアイテムを選択 → 画面左側にアイテムのプロパティダイアログが表示されるので、この画面内にある 削除 ボタンをクリックして下さい。
  8. 編集が終わったら、画面上部にある「保存」を選択 → 「コンピュータ」を選択し、ファイルの保存を行います。
    画面上部にある「保存」を選択 → 「コンピュータ」を選択する
    画像の保存画面
    保存画面では、保存する画像の
    • ファイル名
    • ファイル形式
    • クオリティ
    を指定することができます。
    (「透かしを使用」は有料版の機能)

次のページでは、SNS 用のヘッダー画像やカバーアート等を作成することができる「グラフィックデザイナー」機能の使い方を紹介します。

BeFunky TOPへ

BeFunky を紹介しているページです