BeFunky

BeFunky の概要や使い方を紹介しています

BeFunky を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

多機能な画像編集サービス!「BeFunky」。

BeFunky
制作者 BeFunky.com
対応 -

サイトへ 
Download ( iOS アプリ )
Download ( Android アプリ)

● BeFunky

超多機能な画像編集サービス。
トリミング、リサイズ、回転 / 反転、明るさ補正、色調補正、ビネット効果付加、ぼかし、シャープ、フォーカス調整、画像合成、テキスト合成、フレーム合成、テクスチャ合成、マスク合成、エフェクト効果(芸術画等)付加、シワ消し、キズ補正、クローンスタンプ、目 / 唇 / 髪 の色編集、日焼け効果付加、歯のホワイトニング、スリム化... 等々の機能や、コラージュ画像作成ツール などが付いています。

「BeFunky」は、超多機能な画像編集サービスです。
( iOS アプリ / Android アプリ もあり)
既存の画像をあれこれ編集できるオンライン上のサービスで、多機能でありながらも非常に使いやすいところが最大の特徴。
トリミング、リサイズ、回転、反転、明るさ補正、色調補正、テキスト合成、シャープ、ソフト化 といった基本操作から、シワ消し / キズ補正 / マスカラ / 目、唇、髪の色調整 / スリム加工 などの美容系操作、そして多種多様に用意されたクールなエフェクト... 等々、“ 何でもできる ” と言っても過言ではないほど機能が豊富用意されています。
また、多機能でありながらもインターフェースはシンプルでわかりやすく、日本語化もされていたりして操作性は良いです。
“ 画像をちょっと編集したい ” という時にはもちろん、結構本気で修正したい時などにも役立ってくれると思います。
その他、コラージュ画像を作成できる「コラージュメーカー」※1 というツールや、様々なグラフィックアイテムを作成できる「デザイナー」※2 といったツールも用意されています。
※1 複数枚の画像を並べて組み合わせたタイプ のコラージュ画像や、あいさつ状タイプ のコラージュ画像を作成することができる。
※2 招待状、名刺、レストランのメニュー、Facebook / Twitter / Google+ / YouTube のヘッダ などを作成することができる。

使い方は以下の通り。
  コラージュ画像を作成できる「コラージュメーカー」の使い方
  様々なグラフィックアイテムを作成できる「デザイナー」の使い方

  1. BeFunky にアクセスし、画面上部にある「Photo Editor」ボタンをクリックします。

  2. 編集する画像を読み込む
  3. 最初に、画面上部の UPLOAD ボタンをクリックします。
  4. メニューが展開されるので、「コンピュータ」を選択※3
    「コンピュータ」を選択
    ※3 メニューにもある通り、ウェブカメラの映像や、Facebook / Google ドライブ / Dropbox 内の画像を読み込むことも可能な模様。
  5. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されます。
    そのまま、編集したい画像ファイルを選択します。
  6. 選択した画像が読み込まれます。
    画像が読み込まれる
    画像は、画面右下にあるスライダーを使うことにより、ズームイン / アウト させることができます。
    (マウスホイールの回転でもOK)

  7. 処理する内容を選択する
  8. 画面左端にあるツールボタンを使い、実行する処理の内容を選択します。
    各ツールボタンの意味は、上から順に次のようになっています。
    • レイヤー管理 - レイヤー管理
      読み込んでいる画像の上に、他の画像(レイヤー)を合成することができる。
      (合成する画像の透明度や、ブレンドモードを指定することも可能)
    • 編集 - 編集
      切り取り / リサイズ / 回転 / 切り抜き / 背景色設定 / 明るさ調整 / Beauty / 色調補正 / シャープ化 / ビネット / フォーカス調整 / ティルト(回転)等々の処理を行うことができる。
    • タッチアップ - タッチアップ
      シワ / キズ補正 / 日焼け / ブラシ / フラッシュスポット(ニキビ消し) / クローン / マスカラ / 目の色 / 目の輝き / 眉ペンシル / 赤目補正 / 口紅 / 派のホワイトニング / 髪の色 / スリム化工... といった補正処理を行うことができる。
    • エフェクト - エフェクト
      画像に、様々なタイプのエフェクト をかけることができる。
      (右上に マークが付いているエフェクトは、無料版では使えないので注意)
    • 芸術家風 - 芸術家風
      画像に、芸術画風なエフェクト をかけることができる。
    • フレーム - フレーム
      画像に、様々なタイプの枠を付けることができる。
    • グラフィック - グラフィック
      画像に、クリップアートのような小物画像 を合成することができる。
    • オーバーレイ - オーバーレイ
      画像全体を、様々な形状のマスク で覆うことができる。
    • テキスト - テキスト※4
      画像にテキストを合成することができる。
    • テクスチャ - テクスチャ
      画像の上に、様々なタイプのテクスチャ を合成することができる。
    ※4 日本語のテキストを入力する時は、「フォント系」欄のプルダウンメニューをクリックし、次に表示されるポップアップメニュー内の「Yours」タブを選択 → 日本語に対応したフォントを選択する。
    テキストのプロパティ
    「Yours」タブ
    (「Yours」タブ内には、システムにインストールされているフォントが表示される)
  9. 各ツールボタンをクリックすると、サブメニューが展開されます。
    あとは、目的の処理内容を選択し、パラメータ等を編集しつつも、必要であれば画像をクリックしたりドラッグしたりしていけばOK です。
    尚、画面上部にある UNDO ボタンをクリックすることで、直前に行った操作を元に戻すことも可能となっています。
    (ホットキー “ 「Ctrl」+「Z」 ” を押してもよい)
    元に戻した処理をやっぱりやり直す時は、上部の REDO ボタンをクリックします。
  10. ちなみに、レイヤー / グラフィック / テキスト を合成した場合で、合成したアイテムを削除したい時は、プレビュー画面上で目的のアイテムを選択 → 画面左にアイテムのプロパティダイアログが表示されるので、この画面内にある 削除 ボタンをクリックして下さい。
    「削除」ボタンを押す
  11. 編集が終わったら、画面上部にある SAVE ボタンをクリック → 「コンピュータ」を選択し、ファイルの保存を行います※5
    ファイルの保存
    ※5 メニューにもある通り、Facebook / Google ドライブ / Dropbox 内に保存することも可能な模様。

続いて、コラージュ画像作成ツールの使い方を紹介します。

  1. 左メニューの一番上にある befunky マーク をクリックし、「コラージュメーカー」を選択します。
  2. 左メニュー内の 設定 ボタンをクリックし、これから作成するコラージュ画像の
    • 背景色
    • (素材画像と素材画像の)間隔
    • コーナーの丸み
    • 横幅 x 高さ
    を設定しておきます。
    コラージュ画像のプロパティを設定する
  3. 次に、左メニュー内の テンプレート ボタンをクリックし、コラージュ画像のレイアウトを選択します。
    コラージュ画像のレイアウトを選択
    操作は、任意のプリセットを選択 → 該当のプリセット内に登録されたテンプレートが一覧表示されるので、その中から目的のものを選択すればOK です。
    (右上に マークが付いているテンプレートは、無料版では使えないので注意)
    テンプレート一覧
    寄せ集め画像タイプのコラージュ画像ではなく、あいさつ状タイプのコラージュ画像を作成したい時は、左メニュー内の あいさつ状 ボタンをクリックし、任意のプリセットを選択 → 目的のあいさつ状を選択すればOK です。
    あいさつ状のプリセット
    あいさつ状
  4. 左メニューの上部にある アップロード ボタンをクリック → 「写真を追加」を選択し、コラージュの素材とする画像ファイルを読み込みます。
    コラージュの素材とする画像ファイルを読み込む
  5. 読み込まれた画像を、右側のプレビュー画面内にドラッグ&ドロップして配置します。
    プレビュー画面内にドラッグ&ドロップ
    (ドロップした画像は、ドラッグ&ドロップで移動させることができます)
    配置した画像を削除する時は、目的の画像を選択してゴミ箱アイコンをクリックします。
    ゴミ箱アイコンをクリック
  6. 左メニュー内の パターン ボタンをクリックすることで、様々なパターンの合成を行うこともできます。
    (必要な場合のみ)
    パターンの合成
    パターン一覧
    操作は、任意のパターンをダブルクリックしたり、パターンをプレビュー画面内にドラッグ&ドロップしたりすればOK です。
    (パターンをダブルクリックすると、該当のパターンがコラージュ画像の背景として設定される)
  7. 必要に応じて、コラージュ画像上にクリップアート風の小物画像を合成することもできます。
    この操作を行う時は、左メニュー内の グラフィック ボタンをクリック → 表示されたカテゴリーの中から任意のものを選択し、合成したい画像をクリックすればOK です。
    グラフィックのライブラリ
    グラフィック一覧
    同様に、コラージュ画像上にテキストを合成することもできます。
    テキストを合成する時は、左メニュー内の テキスト をクリック → テキストのプリセットが一覧表示されるので、任意のものを選択 → プレビュー画像上に「選択後にクリックしてテキストを編集」というテキストが合成されるので、これをダブルクリックして編集を行います※6
    テキストのプリセット
    テキストの編集
    ※6 日本語のテキストを入力する時は、「フォント系」欄のプルダウンメニューをクリックし、次に表示されるポップアップメニュー内の「Yours」タブを選択 → 日本語に対応したフォントを選択する。
    背景色を選択する
    背景色を選択する
    (「Yours」タブ内には、システムにインストールされているフォントが表示される)

    合成した小物画像 / テキスト を削除したい時は、プレビュー画面上で目的のアイテムを選択 → 画面左にアイテムのプロパティダイアログが表示されるので、この画面内にある 削除 ボタンをクリックして下さい。
    「削除」ボタンを押す
  8. 編集が終わったら、画面上部にある SAVE ボタンをクリック → 「コンピュータ」を選択し、ファイルの保存を行います。

次のページでは、様々なグラフィックアイテムを作成することができる「デザイナー」機能の使い方を紹介します。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の画像編集・加工ソフト
 JTrim

高機能でありながらも使いやすいレタッチソフト

 PhotoFiltre

MDI 型の高機能レタッチソフト

BeFunky TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 ImgBurn

高機能かつ多機能なライティングソフト

 AviUtl

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 COMODO Firewall

高機能なファイアウォール

 Microsoft Windows and Office ISO Download Tool

Windows & Office の ISO イメージファイル入手を支援

 Windows DVD メーカー

超簡単に使えるDVD 変換ソフト

 EdgeDeflector

Cortana のウェブ検索結果を、Microsoft Edge ではなく既定のブラウザで開けるようにするソフト

 CompactGUI

指定したフォルダを、普通に使える状態のまま圧縮できるようにするソフト

 DateFix

JPEG ファイルの更新日時を、EXIF 情報内に記録されている “ 撮影日時 ” と合わせてくれるソフト

 IP-Info

使用しているパソコンのグローバル IP アドレス&プライベート IP アドレス を表示してくれるソフト

 Advanced System Font Changer

Windows のシステムフォントを、任意のものに変更できるようにするソフト

 CPUBalance

アプリの CPU バランスを自動で調整し、システムを安定した状態で稼働できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 TuxGuitar

タブ譜& 五線譜 を使って作曲することができるソフト

 VirtualMIDISynth

MIDI ツール上で、サウンドフォントを音源として使えるようにする

 SMPlayer

ほとんどのフォーマットに対応した高機能マルチメディアプレイヤー

 Quick Startup

総合的なスタートアップアイテム管理ツール

スポンサードリンク

BeFunky を紹介しているページです