Archive Decoder

Archive Decoder の概要や使い方を紹介しています

Archive Decoder を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

インストール不要、DLL の導入も不要 で使えるシンプルな解凍ソフト!「Archive Decoder」。

Archive Decoder
制作者 pon software
対応 2000/XP/Vista/7/8/8.1/10

Download (Archive Decoder )

● Archive Decoder

インストール不要で使えるシンプルな解凍ソフト。
ドラッグ&ドロップで放り込んだ LZH / ZIP / CAB / RAR / TAR / GZIP / BZIP2 / Z / 7z ファイルを、指定したフォルダ内に手早く解凍することができます。
デフォルトの解凍先フォルダを指定する機能や、アーカイブの存在するフォルダをデフォルトの解凍先フォルダとする機能、解凍先にアーカイブと同名のフォルダを自動生成する機能... 等が付いています。

「Archive Decoder」は、シンプルな解凍ソフトです。
LZH / ZIP / CAB / RAR / TAR / GZIP / BZIP2 / Z / 7z といったフォーマットに対応したファイル解凍ソフトで、インストール不要、DLL の導入もなし で手軽に使えるところが最大の特徴。
操作は簡単なドラッグ&ドロップで行うことができ、必要に応じて

  • デフォルトの解凍先フォルダを指定
  • 圧縮ファイルの存在するフォルダを、デフォルトの解凍先フォルダにする
  • 解凍先に、圧縮ファイルと同じ名前のフォルダを自動生成する(その中に解凍を行う)
  • 解凍先に同名のファイルが存在していた時に、上書きの確認を行う
  • 解凍処理後、解凍先のフォルダをエクスプローラで開く
ように設定することも可能となっています。
普段、出先のパソコンを使うことが多い人にはもちろん、初心者向けの解凍ソフトとしてもおすすめです。

使い方は以下のとおり。

  1. 「Arcdec.exe」を実行します。
  2. メイン画面が表示されます。
    Archive Decoder
    まず、
    • デフォルトの解凍先フォルダ
    • 書庫名でフォルダを作成
      解凍先に書庫名のフォルダを作成し、その中に中身を解凍する
    • 解凍後、解凍先のフォルダを開く
    • 上書き時確認する
      解凍先に同名のファイルが存在していた時に、上書き確認ダイアログを表示する
      (チェックを入れておかないと、確認なしで上書きが行われる)
    • 解凍先の指定ダイアログを表示
      解凍先のフォルダを、毎回手動で指定する
    • 書庫のカレントフォルダに解凍する
      書庫があるフォルダ内に解凍する
    といったオプションを設定し、右下にある「設定保存」ボタンをクリックします。
  3. 設定保存を行ったら、「Archive Decoder」は閉じてしまって OK です。
    (閉じなくても OK)
  4. 解凍したいファイルを、「Archive Decoder」のアイコンやショートカット、もしくは「Archive Decoder」のメイン画面に向かってドラッグ&ドロップします。
  5. 設定画面にて「解凍先の指定ダイアログを表示」するように設定していた場合、「展開先の指定」というダイアログが表示されます。
    展開先の指定
    これが表示されたら、右端にある「参照」ボタンをクリックし、ファイルの解凍先フォルダを指定 → 「OK」ボタンをクリックします。
    この時、「書庫名でフォルダを作成」にチェックを入れておくと、指定したフォルダ内に書庫名のフォルダが自動生成され、その中にファイルを解凍することができます。
  6. アーカイブの解凍が行われます。
    尚、アーカイブにパスワードがかけられていた場合、この時に「パスワードの入力」という画面が表示されるので、「Password」欄にパスワードを入力してから「OK」ボタンをクリックしてください。
    パスワードの入力
  7. 設定画面で「解凍後、解凍先を開く」オプションにチェックを入れていた場合、解凍先のフォルダがエクスプローラで表示されます。
    解凍先のフォルダが、エクスプローラで表示された
    ちなみに、設定画面にて「上書き時確認する」オプションにチェックを入れていた場合、解凍先に同名のファイルが見つかると「ファイル上書きの確認」というダイアログが表示されます。
    ファイル上書きの確認
    このダイアログが表示されたら、
    • はい - 該当のファイルを上書きする
    • いいえ - 該当のファイルを上書きしない
    • 全て上書き - 同名のファイルをすべて上書きする
    • 新しいもののみ - ファイルが新しい場合にのみ上書きする
    • キャンセル - 該当ファイルの解凍を中止する
    のいずれかを選択してください。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の圧縮・解凍ソフト
 Explzh

エクスプローラライクなインターフェースの高機能アーカイバ

 Lhaplus

シンプルで使いやすい圧縮・解凍ソフト

 Lhaz

見た目はシンプルながらも多機能な圧縮・解凍ソフト

Archive Decoder TOPへ
 おすすめフリーソフト
 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 foobar2000

カスタマイズ性の高いオーディオプレイヤー

 Media Player Classic Homecinema

高機能なマルメディアプレイヤー

 Caesium

画像を綺麗に圧縮できるソフト

 WinShot

多機能なスクリーンキャプチャーツール

 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 pixFont

斜めになったり傾いたりして写った被写体を、正面から見たような感じに補正してくれるソフト

 Windows Timeline Support

ウェブページの閲覧履歴が、Windows 10 の “ タイムライン ” 内に表示されるようにする Chrome / Firefox / Vivaldi 拡張機能

 Web2Desk

ウェブサイトを、Windows / Mac / Linux 向けのデスクトップアプリに変換してくれるオンラインサービス

 ServiceWalker

スタンダードなインターフェースの使いやすいサービスアプリケーション管理ツール

 Shirocs(シロクス)

スマホなどで撮影した書類 / ホワイトボード 等の写真の背景を、白くしてくれるソフト

 Brynhildr

シンプルかつ高カスタマイズなリモートデスクトップツール

 おすすめフリーソフト
 Air Explorer

様々なクラウドストレージ内のファイルを、一元的に管理できる 2 画面ファイラー

 PngOptimizer

PNG / GIF / BMP / TGA ファイルを、画質劣化なしに軽量化してくれるソフト

 NTFS Permissions Tools

ファイルやフォルダの “ アクセス許可 ” 設定カスタマイズツール

 SMPlayer

ほとんどのフォーマットに対応した高機能マルチメディアプレイヤー

スポンサードリンク

Archive Decoder を紹介しているページです